【MAZDA】高級路線へ進むも売上の伸びないマツダ。これからどうなっていくのか

最近のマツダはまさに過渡期を迎えている。今までのマツダ地獄と呼ばれる値引きと価格競走のスパイラルから抜け出し、デザインを見直すことで高級路線へと進路を変えた。内装にもこだわり、その上品でシンプルな造りはマツダの職人芸と言ってもいいだろう。洗練されたデザインとブランディングにより、今では日本国産車の中で一線を画す存在へとなりつつある。街を走る車を見ても、マツダ車だけがまるでヨーロッパのレンガの上を走っているかのような佇まいである。新たなエンジンの開発なども行っているが、売り上げはなかなか伸び悩んでいるのが現状だ。今回はマツダの今までの遍歴とこれからについてまとめていく。

マツダの歴史と名車たち

マツダは元々コルク栓の会社だ。東京モーターショーではコルクを配布するなど、他とは違う気質を持っているメーカーである。そんなマツダの過去を振り返っていこうと思う。

マツダのルーツはコルク栓?ライトウェイトスポーツのマツダ

2019-10-14

https://www.ancar.jp/channel/26748/

マツダが陥った値引きの地獄

マツダはひと昔前まで一般層から嫌厭されがちであった。その理由はマツダ地獄にあり。マツダ車を一度買うと、売却時に値段がつかず下取りに頼らざるを得なくなり、結果として一生マツダ車に乗ることになるという地獄だ。

【負の連鎖】値引きするメーカーで新車を買うな!マツダから学ぶ、損をしないブランドの選び方

2019-08-31

https://www.ancar.jp/channel/25009/

マツダの高級ブランド化

マツダには昔から高いデザイン力があった。NDロードスターを発売したあたりでマツダのデザイン力はさらに強いものになったと感じる。「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」と「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」をダブル受賞し、世界が認める自動車メーカーになったのだ。マツダが人馬一体を掲げるようになってからはさらにデザインが洗練され、上品さが生まれていった。特に「鼓動」は車を生き物として捉え、走る力強さや生命力、臨場感を演出するようになっていった。

マツダが目指すクルマのデザイン

【MAZDA】RX-VISIONはなぜこんなにも人を惹きつけるのか

2018-11-12

https://www.ancar.jp/channel/15591/

欧米に習ったブランディング

車の顔がどれも同じ?マツダから見る製品に個性を出さない理由

2019-07-28

https://www.ancar.jp/channel/24926/

ファンを忘れないこと

【マツダロードスター】東京オートサロンから感じた無限の可能性

2019-02-01

https://www.ancar.jp/channel/17430/

新世代の投入

【MAZDA 3/新型 アクセラ】発売日や価格など、気になる情報まとめ

2018-12-22

https://www.ancar.jp/channel/16472/

これからのマツダ

新エンジンのSKYACTIVE-X搭載モデルを販売開始し、アクセラもMAZDA3へと名前を変えて好調な滑り出しのように思えるが売り上げは落ち込んでいる。商品の良さは圧倒的だが、高級ブランドの仲間入りとなるのはまだまだ辛抱が必要だ。高級ブランド化は最初は我慢の期間なのである。

段階を踏んで高級ブランドへ進むためにマツダスピードが使われるか

【マツダの本気】高級ブランド化でマツダスピードは復活するのか

2019-05-22

https://www.ancar.jp/channel/22840/

直6エンジンにFR(後輪駆動)でBMWに肩を並べる

【新型アテンザ】マツダ6の直6FR化を待ち望む3つの理由とこれからのマツダについて

2019-05-16

https://www.ancar.jp/channel/22743/


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら