車の顔がどれも同じ?マツダから見る製品に個性を出さない理由

近年の発売されている車は昔の車と比べて個性が消えてきたと思いませんか?筆者はそう感じています。最近だとマツダ車のフロントマスクが全て統一されて車の名称も変更されました。他の競合企業ではスバルのレヴォーグやWRXのフロントマスクが似ていたり、トヨタ車はほとんど86のフロントマスクに似ています。ただ単にフロントマスクを統一するのは手抜きに感じてしまうので何か裏に戦略があると思います。今回は完全一致ではないものの、似たようなデザインへと統一されてきた理由を探っていきたいと思います。

マツダを追い込んだ5チャンネル体制

かつてマツダは5チャンネル体制という戦略で車を製造していました。5チャンネル体制とは1989年からマツダが展開していた販売戦略のことを言います。この戦略は後世に語り継がれるような名車を生み出しましたが今ではマツダの黒歴史として語られています。

マツダの5チャンネル体制とは?

5つのチャンネルを展開することによりラインナップを増やし、車の販売網を強化しようとしていました。5つのチャンネルはマツダ、アンフィニ、ユーノス、オートザム、オートラマの5つの販売店を中心にラインナップが販売されていました。アンフィニではRX-7やユーノスのロードスターなど各販売店毎に取り扱う車種が違いました。また、マツダの販売店でありながらシトロエンやフォードの車を取り扱っていたのも特徴です。

失敗した5チャンネル体制

RX-7やロードスターといった有名なスポーツカーを世に送り出した5チャンネル体制ですが、この戦略は失敗に終わります。原因は様々ですが自社製品のブランドを差別化できていない状態でチャンネル自体を増やそうとしたのが原因だと考えられています。ラインナップの性能面で差別化がうまくできておらず、一部の製品のみ人気がある状態でした。そんな中バブルが崩壊し景気の悪化がマツダに追い打ちをかける悲惨な状況へと追い込まれていきました。

現在ではこれらのチャンネルは合わさりマツダ店、マツダアンフィニ店、マツダオートザム店の3つの展開となっています。マツダ店はメインのディーラーでマツダが販売する車を幅広く揃えています。マツダアンフィニ店はユーノスとアンフィニが合わさりできたディーラーです。このマツダアンフィニ店ではマツダの全車を幅広く取り扱っているディーラーです。マツダオートザム店は軽自動車やミニバン専門ディーラーでしたがロードスターなども取り扱っています。時代背景やデザイン統一などの面から見てもこれらのディーラーの垣根は近い将来無くなっていくことが予想されます。

統一される車のデザイン

近年車の顔は一部のメーカーではありますがデザインが統一される傾向があり、メーカー独自の個性を発揮しています。しかし、デザイン統一によって一つの車としての個性が消えてしまっているように感じます。最近発表されたマツダの新車からどのように車のフロントマスクを統一しているのかを確認してきます。

マツダ2から見るデザイン

https://www.mazda.co.jp/cars/mazda2/grade/

かつて日本国内でデミオとして発売されていた車ですが今回のデザイン統一により車のネーミングもマツダ2と変更されました。上質なパーソナルカーをコンセプトに開発されたマツダ2は魂動デザインが導入されていて、フロントマスクが他の車種と統一されたのが大きな変更点です。フロントマスクが統一されたのはコモンアーキテクスチャーというマツダの新しい戦略が関係しています。

マツダ2は5チャンネル体制の時代と比べてデザインの差別化はされていません。現在のマツダは性能面や使用する用途で差別化されており一つ一つの車がニーズを捉えてより多くの人のライフスタイルに当てはまるような車が多く揃っています。

ミニマリストのような商品ラインナップ


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら