【買い替えるなら!】輸入車、高級車をもっとも高く売る方法

車の買い替え時期としてもっとも多くの方が車を買ってから4、5年で検討すると言われています。そして、新しい車を欲しいと思ってから調べはじめ、大体2、3ヶ月で購入に至っています。これはディーラーで新車を買いたいと言う人も、次も中古車で良いという人も大体同じくらいの期間を検討して購入しています。

しかし、買い替えるとなると気になるのが、「どの車にするか」ももちろんですが、『今の車がいくらで売れるのか』ではないでしょうか。

今の車を高く売ることで次買う車のグレードを1つ上げれたり、オプションを追加したりと、より「理想の欲しい車」に近づけることができるでしょう。

今回は「買い替えたい」と思った時に知っておくと良い、輸入車をもっとも高く売る方法について書きたいと思います。

ポルシェ、ベンツ、BMW、アウディからアルファロメオ、ジャガー、フェラーリまで! 輸入車は高く売るのが難しい!

フェラーリは少し特殊ですが、大半の輸入車、海外メーカーの高級車は日本車と違い、新車時から急激に価値が低下していきます。そしてポルシェやベンツなどは典型例と言えるかもしれませんが、「数年乗っていると故障しかねない」「輸入車は壊れやすい」ということで買取店に持っていっても買い叩かれるケースがほとんどです。

 

愛着のある自分の車が安くでしか買ってもらえないと悔しいですよね。

そして、次に欲しい車が控えているならなんとしても高く売りたいと思うのは当然です。

そこでポイントとなってくるのが冒頭でも申し上げた通り「買うまでに2、3ヶ月検討する」ということです。

「2、3ヶ月の買うための検討期間」は「高く売るための期間」とも言える

 

買取店に持っていくと、まずその場で売ることを強要します。これは自分が提示した額を他社と比較してほしくないからです。

また交渉してその場で話を決めたいのでネット上でよくある一括査定などに問い合わせると、とにかく車を見る日程を決めようと執拗に電話がかかってきてアポを入れてこようとします。

しかし、買うまでに2、3ヶ月あるのですから、そんなに急いでその場で売る必要はありません。

時間をかけて高く売れる方法を行うべきです。

業界構造を知ると自然とわかるもっとも高く売れる方法

 

買取店はなぜその場で安く買い取ろうとするのか? それは上の図のように、中古車の流通構造が原因です。買取店は車を買取って、オートオークションにて売却することを生業としています。その後、オークションから販売店が落札して行って、次の方に売るというのが通常の商流です。

こうなると、売った人から買う人までの間に手数料が積み上がり、そして当然ですが消費税も加算され、大体30%〜50%のこれらのコストが売った人の額に加算されることになります。車を売りたいお客さんから高く買い取ってしまうと、最終的にはこれだけのコストが積み上がるので売れない在庫車となってしまうので、安く買い取ろうとするのです。

業界構造がこのようになっており、買取店は「買取る」という商流の入り口の部分をやっているのだから当然と言えば当然ですよね。

さらに、ディーラーで下取りで売る場合は、さらに安い買取金額しか提示されないので、ご注意ください。

安く買取らざるをえない買取店よりも安くでしかディーラーは買い取らないために、買取店というビジネスは成り立っているのです。

もっとも高く売れる方法、その答えは!

 

ここまで来れば多くの方はもうどうするべきかおわかりかと思います。
そうです、売りたい人から、買いたい人に直接売るのが1番お得です!

個人間売買の最大のメリット「消費税がかからない」

まず何よりも大きく違うのが個人間で売買する場合、消費税がかかりません。この時点で8%がお得になります。

そして、今まで、買取店や販売店、オートオークションでかかっていた手数料も全てカットされます。その分、お得に売れるのは間違いないですよね。

個人間売買で起こりえる問題

個人間で売買する場合の問題が3つあります。

1. 1つ目は、ちょうどその車を欲しい人を見つけるのが難しいという点です。中古車はそれぞれ状態が違ったり、付いているホイールやバックカメラなどのオプション装備が求めているものと違ったり、ハンドル位置は左がいいであったりと、その車を欲しいと思っている人を見つけるのが大変難しいです。

2. そして、2つ目は譲渡証明書など書類のやりとりと、お金のやりとりが面倒な点です。売りたい人からすると、お金をもらってから、譲渡証明書を渡したり車を渡したりしたいと思うはずですが、買いたい人はお金を振り込んだのに車が来ないというのが大変怖いので、信頼関係が既にある知り合い同士でないと個人間での売買は難しい場合が多いです。

3. 最後に3つ目は、個人と個人では車の価値の判断や、状態が安全なのかどうか、買った後の保証がどうなるか、など不安が多いという点ではないでしょうか。買いたい人はどういう状態かわからないまま、「カーセンサーなどで見た額よりは安いからいいか」という判断で買わざるを得ません。しかし、買った後すぐ壊れたらどうしよう、という不安は拭えないものです。

これら3つの理由が日本ではまだ個人間での売買が流行っていない理由でしょう。

しかし、そんな不安を解消してくれるサービスが!

個人間でお得に、それでいて安全、安心に売買できるサービスがあります!

 

今では個人間で売買して、高く売りたい、安く買いたいという方をサポートするサービスが日本でも出てきています。その代表格と言えるのがAncarでしょう。

売りたい人の出品までの手順

まず、売りたい人はオンラインで簡単に、いくらで売れそうかが調べられます(わずか5項目の入力!30秒であなたのクルマの個人間売買での売却予想額が査定できます!)。その後わずか4ステップ(車検証のアップロード、基本情報の入力、車の写真を撮影しアップロード、出品価格を決定)でAncarに出品が可能です!車の写真は出品後でも編集可能ですし、出品後に買い手がつくまでの間に出品を取り下げることも可能です。まずは「とりあえず出品」してみるのもいいかもしれませんね。

多くの中古車のポータルサイトに同時出品されるから売れやすい

Ancarに出品されると同時にGoo-net、車選び.comなどにも出品されるため、日本全国から買いたい人を見つけてきてくれます。

 トラブルになりやすい書類のやりとりも代金のやりとりもAncarが代行するから安心

買いたい人が車の状態を知りたいとなれば、Ancarは日本全国の整備工場と提携を進めているので、Ancar提携の整備工場で、無料で点検をし、その結果を買いたい人に伝えてくれます。買いたい人が値段と、状態に納得したらAncarに車の代金を支払います。その後、譲渡証明書などの書類をAncarに送付すると、名義変更を済ませた上で納車してくれます。

買いたい人の手元に車が届いて、納車が確認できたら、車両代金が振り込まれて来るという仕組みです。

つまり、上で挙げた個人間で売買する時の3つの不安が全て解消されている上に、高く売り、安く買うという個人売買のメリットも十分に感じれるサービスになっています。

乗りながら売れる!

さらにAncarであれば、出品して買いたい人を集めている間も、車を手放す必要がありません。

乗りながら売れるのです。

だから、次の買いたい車を検討している2、3ヶ月の間、乗り続けながら高く売ることができるのです。

これからの新しい車の売り方

こういった個人売買の代行サービスがこれからの新しい車の売り方となることは間違いないでしょう。 

 

洋服をネットで売買するなんて無理と言われていた時代がありましたが、今では当たり前に皆がネットで服を買っています。なので、車がネットで当たり前に売買される時代も間違いなくすぐそこです。そのお得で安心な新しい車の売買を試してみたいという方はAncarのカンタン査定で、今の車の値段を調べてみてはいかがでしょうか?

Ancarについてもっと知りたい方はこちら

Ancarで車を高く売りたい方はこちら

実際に高く売り、安く購入した方のインタビューで、どのような体験が待っているか見てみよう

実際にAncarを利用して車を売買された方のインタビューが公開されています。
これを見ると、Ancarで車を売り、車を買うのがどれだけお得で簡単かわかります。