ご存知でしたか?「損害保険協会」が発表した盗まれやすい車種3選

プリウス

日本で、最も盗まれている車を皆さんはご存じでしょうか。セキュリティが本当に強化されている時代でも車の盗難というものは非常に多いです。

今回は、近年の盗難方法や対策、損害保険協会のデータをもとに盗まれやすい車種3選について、元窃盗Gメンの筆者が徹底解説します。

車の窃盗とは

車の盗難で最も多い手法、3種類について紹介します。

リレーアタック

リレーアタックは、スマートキーの電波をキャッチされ、お買い物などに行かれた時に犯人がオーナーさんの近くでスマートキーの電波をキャッチ、電波を犯人が車の横で待っている状態で飛ばしてきたスマートキー電波をキャッチして、鍵を開けエンジンをかけてしまい、物理的に電波を飛ばしてスマートキーがある状態を作るという仕組みです。複数の実行犯が必要になります。

コードグラバー

スマートキーが紛失した場合、緊急用に鍵を作るというのがグラバーという機能使い、スマートキーの電波を傍受し、IDコードをコピーして車を解錠するという仕組みです。

この方法は、キーレス電波でロックした時に、電波をキャッチされてまい盗難されてしまうやり方で、スマートキーやキーレスに関しては、そのIDと 同じものを使わずに、違うIDを使ます。ID が変わることにより、コードグラバーキャッチできないですが、備わっている機能を悪用されてしまうとロックした時に電波をキャッチされ、オーナーさんが車から離れてしまうとキーレスの状況になり盗難されます。

CANインベーダー

ウインカーやヘッドライトが動くような仕組みは、コンピューターが搭載されいます。通っている「CAN信号」経由して車両のシステムに侵入し、不正なアクセスをタブレットや専用なアプリを使ってアクセス、強制的にドアのロックを解除とエンジンの始動します。車側の仕組みを悪用した仕組みです。

盗まれやすい車種3選

車両盗難

損害保険協会では、盗まれやすい車両ランキングではレクサスLX・プリウス・ランドローバーが盗まれやすいというデータがあります。

当協会では、自動車盗難の防止にかかわる活動の一環として、自動車盗難の実態を把握するため、損害保険会社の協力のもと「自動車盗難事故実態調査」を実施しています。本調査は、各調査1ヶ月間とし、全国で発生した自動車盗難事故で、車両保険金をお支払いした事案を対象としたものです。

引用:自動車盗難対策|日本損害保険協会 (sonpo.or.jp)

レクサスLX

レクサスLXは1千万円を超えるような高級車、日本でもよく見るようになってきましたが、このクラスになってくると購入できる人は限られてきます。まさに成功の証となりますが、この車を盗んでいくんというのは本当に許せません。

レクサスが誇る超高級車ですから、内装の豪華さすばらしく、この車に乗られている人は盗まれないように駐車場のセキュリティや車のセキュリティあるいは色んな盗難防止アイテムを使い、愛車について守るために確認してみてください。

トヨタプリウス

トヨタから出ているプリウス、日本だけじゃなくり海外でも需要があります。プリウスはエコなイメージが今でもついていて、ハリウッドの人が愛用するぐらい人気がある車です。盗んだ後、泥棒たちは、車を売らないといけませんので、自然とプリウスのような人気車種に集まります。プリウスの内装は、日本では見慣れたものですが、海外では近未来を感じさるのも人気の要因です。

日本で、プリウスに乗っている人は何万人といますが、狙われている可能性がありますのでセキュリティグッズなど駆使して愛車が盗まれないように気をつけてください。

ランドクルーザー

日本では、一番盗まれるのがランドクルーザーです。ランクルはプリウスと違って売買市場が違います。なぜなら非常に丈夫のため、中東地域で非常に人気が高く、非常に重宝されています。ブランド価値があるので、海外で人気が高く、盗まれやすい要因、乗っている人は本当に気を付けて下さい。内装は、トヨタの高級車に相応しい重厚感と快適な空間が提供されています。盗まれないようにセキュリティを強化をおすすめします。

Ancarに盗難対策もご相談してください

今回、紹介した車種以外にも車の窃盗は、非常に多く盗難対策は万全の体制を整えましょう。

外部から簡単にアクセスできるところでは、重要なドアの解除やエンジンを始動するなどに関しては、簡単に外部からアクセスできないようにしておく必要があります。輸入車欧州車はアクセスできないようになっていますが、国産車では行き届いてない場合がありますのでAncarにご相談ください。

Ancarなら盗難予防の相談も万全です!!

リレーアタック・コードグラバー・CANインベータ―についての盗難対策についてもお任せください

自分の車は「絶対大丈夫」などはなく、カーセキュリティや駐車場の防犯設備・防犯カメラなどの対策をして愛車を盗まれないために、愛車を守り抜いて幸せなカーライフを過ごして下さい。

こちらでも盗難対策について紹介していますのでご覧ください。

車が盗まれた?そうなる前にできる盗難対策と犯行の手口


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら
プリウス