【MAZDA】RX-VISIONはなぜこんなにも人を惹きつけるのか

いつかは実現したい。マツダの夢、RX-VISIONとは

マツダが2015年の東京モーターショーで発表したRX-VISIONは多くのマツダファンだけでなく、世界を圧倒させた。

RX-VISIONは名前の通りRXの血を継いでいて、マツダの「VISION(未来図)」であることがわかる。コンセプトカーとして「いつかは実現したい」と発表されたこの車は、当然ながら「いつ実現されるのか」と期待を集めている。私は一度見た時からマツダの夢に惹きつけられ、まるで私の夢であるかのようにワクワクさせられた。なぜRX-VISIONはここまで人を惹きつけるのか、特徴を押さえながら考察していきたい。

世界一美しいFRのプロポーションをつくりたい。

http://www2.mazda.co.jp

マツダのウェブサイトを見たことがあるだろうか。そこにはデザインに対する美学が読みきれないほどに書き込まれている。そのマツダが「世界一美しいFRのプロポーションをつくりたい。」と言っているのだ。そのこだわりは凄まじい。

鉄と対話すれば、おのずと感覚はつかめてきます。−プレス技術エンジニア

必然性のあるデザインで、普遍性な美しさ表現する。−カラーデザイナー

誰が見ても納得するカタチで、造形に語らせる。−クレイモデラー

RX-VISION公式サイトより

マツダ車はこのように、もはや何を言っているのかわからないような匠達によって作り出されている。この変態的とも言えるほどに研ぎ澄まされたデザインが私たちの心を揺すぶるのだ。

FRの特徴とも言えるロングノーズショートデッキ

FR(後輪駆動)はエンジンが縦配置であることからボンネットが長くなるため、必然的にノーズが長くなる。ロングノーズには大きく高性能なエンジンが載っていて、高級なスポーツカーというイメージが持たれている。高性能エンジンが載っているとこを彷彿とさせる大きなボンネットは男のロマンだ。そして短いデッキは重心を安定させ、コーナリング性を上げる。昔から高性能なスポーツカーといえばFRで、ロングノーズショートデッキというコンセプトは初代フォード・マスタングから始まり歴史を紡いできた。今回のマツダはそのFRの特徴を前面に押し出した伝統を継いだデザイン。伝統を受け継ぎつつ、ロータリーエンジンの特性を生かしてギリギリまでボンネットを薄くし、現代風に洗練。ファンの心を掴んだ。

日産 フェアレディZ

メルセデスベンツ AMG GT


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら