クルマを安心・安全な状態で
今までより高く売れて、今までより安く買える
Ancar

Ancarとは?

私たちは、クルマに関わる人たちがより豊かなカーライフを送れる世の中を目指しているチームです。

中古車売買において“安心安全な個人間売買”にすることを目指しています。

Ancarは中古車の個人間売買サービスです。

より高い値段で売却し、より安い値段でクルマを購入できるなど、個人間売買は既存の売り方と比較すると、多くのメリットがあります。

その秘密は流通構造の違いにあります。

中古車売買の問題点

情報が不透明でわかりづらく、安全な状態と言い切れないクルマが出回っている

中古車売買は、その複雑な構造によって情報の透明性が失われているため 中間にかかる手数料や消費税などの情報のほとんどが売り手にも買い手にも伝わっていません。

かつ、車の価値の評価基準はほぼ外見のみとなっており、 車の中身はほぼ確認されることなく流通しているのが現状です。

では既存の流通の仕組みがどうなっているか、図を用いて解説しましょう。

既存の売買と個人間売買との違い

従来の売り方

既存の流通構造でクルマを売る場合

既存の流通構造では、売り手と買い手の間に多くの中間業者が介在し、それぞれの手数料と消費税が発生していました。

図の例の場合、売りたい人が売却した価格に対して約140万円が上乗せされて販売されています。

Ancarの売り方

個人間売買のAncarでクルマを売る場合

個人間売買の場合、出品価格と購入価格の差はほぼありません! 売り手はお店で売るよりも高く売却ができ、買いたい人はお店よりも安く購入できます。

通常の個人間売買だと、従来のお店での売買とは異なり中間業者を挟まないので、クルマの売却準備をほぼすべて自分で行う必要がありますが、 Ancarでは面倒な手続きなどを徹底的に車のプロがサポートするので、初めての人でも安心して個人間売買が可能。 かつ中間で発生する手数料や消費税をカットできます。

安全性へのこだわり

全国各地の整備工場と提携し、状態をチェック

買い手様が購入判断する前に、Ancarと提携している整備工場へ点検を依頼することができます。

それにより、個人出品でも詳細なクルマの情報を確認できるので、安心して売買を行うことが可能です。

安心安全面の問題で定着しなかった個人売買を根本から変えるサービス、それがAncarです。