【MAZDA 3/新型 アクセラ】発売日や価格など、気になる情報まとめ

ロサンゼルスモーターショーで発表されたMAZDA 3/新型 アクセラ(以後マツダ3)。まさにマツダ新時代の幕開けに相応しい車が発表された。マツダ自身もこの車をマツダ新世代の車としており、今までより圧倒的に進化したことをアピールしている。マツダファンなら一目瞭然だが、マツダ3は東京モーターショーで発表された、美しすぎる「魁コンセプト」をベースにしたデザインであることがわかるはずだ。まだロサンゼルスモーターショーで発表されたばかりで、色々な情報が出回っているが、マツダ3の全貌ははっきりしていない。洗練されたデザインや最新のSKYACTIV-Xエンジン。発売日や価格など、気になる情報をまとめてお伝えしたい。

期待の【マツダ3】一体何者なんだ?

マツダ3、どのあたりが「新型」なのか。ハッチバックとセダンもあるが、どのように違うのか。LAで堂々と発表され、世界からの反応も凄まじい。新世代と大きくアピールするマツダ3は好評価なのか、それともガッカリされてしまったのか。

セダンとハッチバック、デザインはほとんど別物

http://www2.mazda.co.jp/cars/new_generation/pre/?_ga=2.21921779.959639703.1545014744-1282166259.1544700052

同じマツダ3だが、セダンとハッチバックのデザインは大きく違う。現行のアクセラはセダンとハッチバックでデザインがほとんど同じで、違いがあるのはリア部分だけ。しかし、新型は「ハッチバックではエモーショナルさを、セダンではエレガンスさを追求し、まったく異なる2つの個性をつくり上げています。」と語られている。画像を見ればわかるが、共通しているのはボンネットとAピラーだけというこだわりっぷり。パーツを共用せずに、わざわざそれぞれの個性を磨き上げたところからマツダの本気が伺い知れる。フロントフェンダーやドアはプレスラインが異なり、もちろん製造にも莫大な投資が必要になる。開発部門はマネジメント部門に散々怒られたらしいが、ハッチバックとセダンでは使い方やライフスタイルが違うため、デザインも変える必要があるとのこだわりがあった。

世界の反応と評価はいかに

なんと、マツダ3は海外でも絶賛の嵐だ。特にデザインに注目が集まっていて、ここまでデザインを褒められた日本車は他にないというほど。海外では、フォードとゼネラルモーターズが乗用車市場からの撤退が発表されたタイミングである。このニュースもマツダ3が注目を集めている要因であるかと考えられる。実は、海外では現行のマツダ3もかなり評判がいい。その理由はインテリアだ。価格帯の割に綺麗で、洗練されていて高級感がありつつも派手すぎないところがウケている。今回のマツダ3のインテリアはどうなっているのだろうか。

マツダ3の魅力を語らせてほしい

このロサンゼルスモーターショーからの熱が冷めてしまう前に、筆者が感じた魅了を語らせてほしい。筆者が特に大好きなマツダのデザインに関しては、本当ならば10ページ使って書き連ねたいところだが、流石に鬱陶しいと思うので不本意ながらも自重させていただく。

マツダの魂を受け継いだ至高のデザイン

http://www2.mazda.co.jp/cars/new_generation/pre/?_ga=2.21921779.959639703.1545014744-1282166259.1544700052

とにかく素晴らしいのが、その色気のあるマツダ独特のデザインである。ハッチバックはコンセプトであった「マツダ 魁 CONCEPT」そのままと言っても過言ではないほど再現されている。筆者が感じたのは、今回のデザインはマツダらしくて、マツダらしくないということだ。パッと見た時には、やはり魂動デザインを受け継いでいてマツダらしいなという印象。しかし、マツダらしさという点では違和感を感じる。何かが足りない?いや、むしろ洗練されてスッキリしている。人間の本能的な感性では違和感を感じない。このコンセプトに関して、デザイナーは「引き算を行った」と語る。今までの魂動デザインはそのままに「命を吹き込む」ことを忘れずに、日本の美意識を参考に余計なものを徹底的に削ぎ落としていったということだった。

日本の美意識とは、これ見よがしに主張するものではなく、繊細なバランスの上に成り立っているものです。そのため、次世代デザインでは「引き算の美学」、すなわち引くこと、省略することによって生まれる「余白の豊潤」を大切にし、要素を削ぎ落としたシンプルなフォルム、そして研ぎ澄まされた繊細な光の表現でクルマに命を吹き込むことに挑戦していきます。

MAZDA公式サイト

http://www2.mazda.co.jp/cars/new_generation/pre/?_ga=2.21921779.959639703.1545014744-1282166259.1544700052

ハッチバックは「キャビンとボディを一体化させ、圧倒的なスタンス。走りの良さを表現した。」デザインになっている。正直、マツダの匠達が語ることはよくわからないが、ボディを見てもどこにも境目が見当たらず、一体感があるのは間違いない。また、このハッチバックはキャビンが小さいように見える。デザインのために居住性を犠牲にしたのかと思うが、マツダはそこでも妥協していない。Aピラーを限りなく細くし、ミリ単位で室内空間を稼いでいった。

http://www2.mazda.co.jp/cars/new_generation/pre/?_ga=2.21921779.959639703.1545014744-1282166259.1544700052

ハッチバックは、実用性に優れたパッケージングなどクルマとしての高い価値を持ち、世界中の人々から愛され続けているモデルです。マツダは、その普遍的かつ伝統的とも言える存在に、自分たちにしかつくれない独自の価値を持たせたいと考えました。

これまでのどんなハッチバックとも違う、誰もの心を一瞬で魅了し、本能を揺さぶるような、色気のある魅力的な存在を生み出したい。その想いのもとに、従来の常識や概念にとらわれることなく、ハッチバックとしてありたい理想の姿をシンプルかつ美しく描いたモデルが、この「マツダ 魁 CONCEPT」です。

MAZDA公式サイト

http://www2.mazda.co.jp/cars/new_generation/pre/?_ga=2.21921779.959639703.1545014744-1282166259.1544700052

セダンも「引き算」されたデザインであることはよくわかる。特にボンネットの高さは完全に「引き算」されている。当初はここまでボンネットを低くする予定ではなかったそうだが、コンセプトカーである「マツダ VISION COUPE」の実現に近づけるためか。「低いボンネットを実現するために、初期段階で決まりかけたエンジニアリング系を一度やり直している」と語られている。現行モデルに比べて、Aピラーは50mmほど下げられ、ボンネットも約15mm低くなっている。要素を削ぎ落とし、一見すると一般的なセダンのように見えるが、こういったプロポーションの進化が新しいマツダらしいといったところだ。

http://www2.mazda.co.jp/cars/new_generation/pre/?_ga=2.21921779.959639703.1545014744-1282166259.1544700052

マツダ 3/アクセラ 新型の肝、SKYACTIV-Xの真価

http://www.mazda.com/ja/csr/special/2017_01/

SKYACTIV-Xとは、火花点火制御圧縮着火式(SPCCI)のエンジンだ。簡単に言ってしまえば、ガソリンをディーゼルの方式で燃やすエンジンである。ディーゼルエンジンは空気を高圧縮し燃料である軽油を噴射させることで自然発火させる。このため、熱効率に優れ燃費が良く、ガソリンエンジンよりも強いトルクが特徴だ。これをガソリンエンジンで行おうとしても、自然発火のコントロールができない。これを独自の技術で解決したのがマツダのSPCCIだ。高圧縮した混合気にガソリンを追加噴射し、スパークプラグで圧縮着火させる。ガソリンエンジンよりも燃費がよく、トルクやレスポンスも優れている。ディーゼルエンジンよりも伸びがよく排気が綺麗であり、まさに両者のいいとこ取りだ。まさに新時代のエンジンを完成させたのである。

http://www.mazda.com/ja/csr/special/2017_01/

インテリアは今のラインナップを覆すほどの質感

http://www2.mazda.co.jp/cars/new_generation/pre/?_ga=2.64865324.2028227042.1545014751-77674895.1544700062

http://www2.mazda.co.jp/cars/new_generation/pre/?_ga=2.64865324.2028227042.1545014751-77674895.1544700062

絶賛されているのはエクステリアだけでなく、インテリアもかなり芸術的だ。「ラインナップを覆す」というのは、アクセラの上位車種である現行アテンザを超えてしまっているということである。インパネは一直線に伸び、パネルの落とし込みも素晴らしい。操作系は横並びに配置され、使いやすさとシンプルな機能美が感じられる。ステッチなど細かいところまで作り込まれていて、その質感の良さというのは自然と感じ取ることができる。センターのディスプレイがBMWのように見えるのは筆者だけだろうか。

気になる発売日と価格

まだロサンゼルモーターショーで発表されただけで細かい内容はベールに包まれている。発表されたのも北米仕様車なので、日本ではどのようになるかもわからない。これからの発表も待ちきれないので、あくまでも予想だがお伝えしていきたい。

発売日は2019年内ということだけ…

http://www2.mazda.co.jp/beadriver/event/autosalon_automesse2019/cars/new_generation_custom/

気になって仕方ない発売日だが、2019年初頭から北米より順次発売されるとのことだ。日本で発売されるのはいつになるのか。日本から優先して販売してほしいところだが、市場規模などを考えると後回しにされてしまいそうである。しかし、流石に2019年内には発売されるとのこと。早くても4月あたりか。もしかしたらSKYACTIV-X仕様だけ発売が遅れる可能性もある。また、日本名の「アクセラ」という名称は消えて「MAZDA 3」に統一されるという噂もある。2019年1月11日から開催される東京オートサロンにマツダ3のカスタムカーが登場する。その頃には新しい情報が発表されるのではないだろうか。

価格も未定、おそらく200万円からか?

あくまでも上位車種のアテンザの存在もあることを考えると、NAモデルが200万円程度になるのではないか。SKYACTIV-Xの開発費用を回収するのであれば、200万円からでは安すぎるとは思うが、現行の価格から大きく離れることはないはずだ。ただ、SKYACTIV-X仕様は300万円ほどまで高く設定されるのではないかと考えられる。

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。