なぜ外車はウィンカーが逆なのか

外車に乗る時に一番注意しなければならないこと。それはウィンカーとワイパーの位置が日本車と逆になってるということです。ウィンカーとワイパーを間違えると停車合図や車線変更の意思を他の車に伝えることができなくなってしまいます。結構致命的で事故に直接関係しそうに思えるこの仕様ですが、外車のほとんどが反対になっており、多くの人が自然と受け入れています。しかし、そもそもなぜウィンカーは逆になっているのでしょうか。今回はその理由についてお話していきます。

もともと左ハンドルだから逆というわけではない

日本と海外、規定の違い

なぜ逆なのかと考えた時に、多くの人はまず最初もともと左ハンドルだったものを無理やり日本仕様に右ハンドルに置き換えたため、ウィンカーは左のままだと考えるのではないでしょうか。確かにその理由もなくはないですが、根本的な原因はそこではありません。一番の原因は日本と海外の規格の違いです。基本的に日本では日本独自の工業規格が設けられていて、車や電化製品などはこの規格に沿って作られています。その規格ではウィンカーは右側につけるように記されています。日本は左側通行ですから右についていた方が何かと都合がいいのです。一方世界ではISOという工業規格を基準に製品が作られており、その規格ではウィンカーはハンドルの左につけるように記されています。これも世界を見てみれば右側通行の国が圧倒的に多いので当たり前といえば当たり前でしょう。日本の輸入車ハンドルは右なのにウィンカーが左についている理由はこのISOの規格に海外のメーカーが準じているからなのです。

そもそもなぜ日本は左側通行?

日本が左側通行になった理由としていくつか説がありますが、どれが本当の説がというのは実ははっきりとわかっていません。そこで一番有力な説を紹介します。左側通行になったのは人々の利き手と大きく関係していて、基本的に世界の人口の8割程度の人は右利きです。もし襲われた時にとっさに利き手で攻撃できるという理由もあり、乗り物に乗る時に自然と人は利き手側の空間を広く取りたがります。そこで、左側通行で利き手の右側の空間を空けようになったという説です。では「なぜ世界は右側通行」なんだとお思いでしょう。そこにはナポレオンが関係しているという説があります。しかし、この歴史は少し長くなってしまうため気になる方はこちらの記事をご覧ください

なぜ日本って左側通行なの?実は世界の75%が右側通行!!

日本の輸出車はどうなってる?

ウィンカーを逆にして輸出

ウィンカーが逆になっている理由は、工業製品をつくる時に準ずる規定の違いということでお話してきました。しかし、実は日本が世界各国の右側通行の国に車を輸出する時はウィンカーを逆にして輸出しています。「だったらなんで海外のメーカーは反対にしないんだ」と感じた方もいるでしょう。これにはちゃんとした理由があります。実は日本はウィンカーを右に、海外はウィンカーを左にという規格がありますが、この規格の詳細は少し違うのです。海外の規格ではウィンカーの位置は“ハンドルの位置に関わらず”左にすると記載されていますが、日本の規格にはその文言は記載されていません。従って、日本の自動車メーカーはハンドルの位置を変える場合にウィンカーを逆にしても良いのですが、海外のメーカーはハンドルの位置を変えたからといってウィンカーの位置まで変えるわけにはいかないのです。これを知らないと、なぜ日本のメーカーは親切に変えてるのに海外のメーカーは変えないんだと少し不満に思ってしまいますね。

イギリスもウィンカーは左

日本以外に有名な左側通行の国と言えばイギリスですが、イギリスは世界の工業規格に準じているため日本と同じ左側通行でもウィンカーは左に付いています。国際規格が設立される中心となったのはイギリスで、実際に設立される時の会議はロンドンで開かれているため、イギリスが国際規格に準じているのは当然と言えるでしょう。一方、その他の左側通行の国、オーストラリアなどでは国産車に限り、右ウィンカー右ハンドルで車を生産しています。

規格の変更は難しい…?

正直、日本で車を使う私たちにとってみれば輸入車でも右ウィンカーに合わせてくれた方がありがたいため、国際的な規格を変更してもらうことが望ましいと言えます。しかし、多くの国は右側通行で苦労していないため、そこを変更するのは難しいでしょう。では日本の規格を変えればいいのかというと一層私たちが不便になるだけですし、左側通行を右側通行に変えるなんてのはもっての他です。昔は1日で変更した国があったそうですが、ここまで発展した国ではそう簡単にはいきません。そう考えるとウィンカーが逆という問題は、私たちが外車に慣れるのが一番簡単な解決方法にも思えてきます。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら