なぜ外車はウィンカーが逆なのか

外車に乗る時に一番注意しなければならないこと。それはウィンカーとワイパーの位置が日本車と逆になってるということです。ウィンカーとワイパーを間違えると停車合図や車線変更の意思を他の車に伝えることができなくなってしまいます。結構致命的で事故に直接関係しそうに思えるこの仕様ですが、外車のほとんどが反対になっており、多くの人が自然と受け入れています。しかし、そもそもなぜウィンカーは逆になっているのでしょうか。今回はその理由についてお話していきます。

もともと左ハンドルだから逆というわけではない

日本と海外、規定の違い

なぜ逆なのかと考えた時に、多くの人はまず最初もともと左ハンドルだったものを無理やり日本仕様に右ハンドルに置き換えたため、ウィンカーは左のままだと考えるのではないでしょうか。確かにその理由もなくはないですが、根本的な原因はそこではありません。一番の原因は日本と海外の規格の違いです。基本的に日本では日本独自の工業規格が設けられていて、車や電化製品などはこの規格に沿って作られています。その規格ではウィンカーは右側につけるように記されています。日本は左側通行ですから右についていた方が何かと都合がいいのです。一方世界ではISOという工業規格を基準に製品が作られており、その規格ではウィンカーはハンドルの左につけるように記されています。これも世界を見てみれば右側通行の国が圧倒的に多いので当たり前といえば当たり前でしょう。日本の輸入車ハンドルは右なのにウィンカーが左についている理由はこのISOの規格に海外のメーカーが準じているからなのです。

そもそもなぜ日本は左側通行?

日本が左側通行になった理由としていくつか説がありますが、どれが本当の説がというのは実ははっきりとわかっていません。そこで一番有力な説を紹介します。左側通行になったのは人々の利き手と大きく関係していて、基本的に世界の人口の8割程度の人は右利きです。もし襲われた時にとっさに利き手で攻撃できるという理由もあり、乗り物に乗る時に自然と人は利き手側の空間を広く取りたがります。そこで、左側通行で利き手の右側の空間を空けようになったという説です。では「なぜ世界は右側通行」なんだとお思いでしょう。そこにはナポレオンが関係しているという説があります。しかし、この歴史は少し長くなってしまうため気になる方はこちらの記事をご覧ください

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら