【マツダの本気】高級ブランド化でマツダスピードは復活するのか

最近勢いのある自動車メーカー「マツダ」。高級感のある映像に「美しく走る」と攻めたキャッチコピーを掲げるCMを打ち出し、新宿駅や電車内にも大きく広告を出すなど、ブランディングに一番力を入れているメーカーと言っても過言ではないでしょう。そんな時、マツダが高級ブランド化すると聞いて思い出すのが「マツダスピード」です。発表されたばかりのマツダ3(新型アクセラ)の高性能モデルとしてマツダスピードが設定されるという予想もあり、そうなれば14年ぶりに「マツダスピードアクセラ」が復活することになります。署名活動が呼びかけられるほど待望される「マツダスピード」は果たして復活するのでしょうか。

マツダスピード(MPS)とは

マツダスピードってなに?という方に説明いたしましょう。筆者もマツダスピードについて整理しきれていない部分があるので、改めてマツダスピードについてまとめたいと思います。簡単に言ってしまえば、かつてカーレースで一世風靡したモータースポーツ会社なのですが、現在に至るまで様々な変化を遂げてきました。

ル・マンでの栄光

ル・マンと言えばフランスで行われるル・マン 24時間レース。その名の通り24時間の耐久レースで「世界三大レース」の一つでもあります。エンジンのパワーだけでなく、耐久性といった面も重要になるこのレースでマツダスピードは日本車初の総合優勝という快挙を成し遂げました。フェラーリやポルシェ、国産の大資本メーカーが連なる中でのマツダスピードの活躍はファンを沸かせました。この活躍によってロータリーエンジンの性能や耐久性、マツダの技術力を世界に証明する形になったのです。そんなこともあり、今でも海外ではロータリーエンジンを積んだRX-7やRX-8が人気を博しています。もちろん日本でも人気が衰えませんね。

マツダのフラッグシップモデル

そんな栄光あるマツダスピードも1999年にマツダの経営不振により解体。マツダに吸収される形になりました。それからはマツダ車専用チューニング・パーツにブランド名として扱われたり、高性能モデルや限定仕様車に名前が使われてきましたが、レースで活躍したマツダスピードとはほとんど別物と思っていいでしょう。高性能モデルにはマツダの最新技術をふんだんに盛り込んでおり、よりスポーツ性能を高めたモデルになっています。「マツダスピード アテンザ」2.3L直噴ガソリンターボエンジン、電子制御4WDを搭載し、2005年に発売しています。また、2006年には限定車の「マツダスピードアテンザM’z Tune」を発売。このようにマツダスピードはマツダのフラッグシップ的な存在として憧れの的になっていたのです。わかりやすく言えばBMWのMスポーツやメルセデスAMG、日産のニスモなども同じような例としてあげることができるでしょう。

2013年に終わりを告げる

2013年に発売を終了した2代目アクセラの販売終了と共にマツダスピードアクセラの販売も終了。それと同時にマツダスピードモデルはラインアップから消え、現在に至るまで復活していません。もちろん、現在のマツダがスポーツ性能を捨てたという訳ではありません。マツダは今でもほとんどの車種にMTモデルを用意するなど、走る歓びを忘れてはいません。しかし、マツダスピードのように特別な名前がついてスポーツ性能に寄りまくったグレードというのは存在しません。ファンが復活を待ち望むのは当然でしょう。

高級ブランド化移行へのクッションとして

さて、なぜ今になってマツダスピードの話をしているかと申しますと、マツダが高級ブランド化を進めているからであります。他社と比べると利益率の低いマツダ。そんなマツダには二つの選択肢があります。利益率は低くても販売台数をとにかく増やすこと、すなわち「多売薄利」。もう一つは車一台の単価を上げること、「高級ブランド化」です。そこで、マツダが選んだのは「高級ブランド化」でした。この選択肢を選ぶのは国産車では珍しく、例を挙げるならばレクサスくらいでしょうか。高い技術力とデザイン性、そして信頼を持っているマツダが「高級ブランド化」を選んだのは間違いではなかったでしょう。しかし、急に車の価格を挙げることは当然難しく、そこでマツダスピードが活用できるかもしれないということです。

マツダの高級ブランド化

http://www.tohoku-mazda.co.jp/shop/

CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら
安く購入できるかも!?

【Ancar 個人間売買 出品中の掲載車両】


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら