【マツダロードスター】東京オートサロンから感じた無限の可能性

2019年東京オートサロン。一般のチューナーから自動車メーカーまでがカスタマイズを披露すべく集う、カスタムカーの祭典だ。その中でも一際、カスタム好き達を沸かせたのがマツダが出展した「MAZDA ROADSTER DROP-HEAD COUPE CONCEPT」だ。筆者はこのカスタムされたロードスターを見て無限の可能性を感じた。ただでさえ、マツダの代表的な存在で不動の人気を誇るロードスターだが、この車にはカスタムという面でまだまだ可能性を秘めている。それも、今回はマツダ自身が純正パーツとしてそのカスタムを魅せてくれたのだ。

まずは東京オートサロンのロードスターを見てほしい

http://www2.mazda.co.jp/beadriver/event/autosalon_automesse2019/cars/roadster_dht/

東京オートサロン2019でマツダが出展した「MAZDA ROADSTER DROP-HEAD COUPE CONCEPT」だ。一見すると大きなカスタマイズはないように見える。車高は40mmほど下げられ、純正のフロントアンダースカート、サイドアンダースカート、リアスポイラーが取り付けられている。目立つカスタムはハードトップとホイールだろう。このオートサロンで、メーカーがカスタム車を出展するというのは、メーカーがユーザーの反応を見て製品化に繋げるという意味もある。あくまでも、マツダはカスタムを見せびらかしたいのではなく、新しいロードスターの形を提案しているということだ。ユーザーは、リトラクダル・ファストバックのロードスターRFに続く新しいロードスターの可能性を示された。

レカロシートとRAYSホイールによる王道チューン

車内にはレカロシートが取り付けられている。ロードスターはやはりスポーツカーだ。レカロシートを取り付けても違和感が全くない。さらに見どころなのがRAYSホイールだ。これも定番カスタムである。スポーティにカスタムするならこれらのパーツを使えば間違いなしであるということだ。

決め手はコレ、純正ハードトップ

一番注目を集めたのは純正ハードトップだ。このディタッチャブルハードトップは取り外し可能なハードトップで、ソフトトップやリトラクダル・ファストバックの間をとったような便利さがある。このハードトップはカーボン製で重量が15kgまでに抑えられている。自宅でも一人で脱着することはできるだろう。そして、なによりも感動したのはそのフィット感だ。最初からこのように作られたスポーツカーなのではないかと思うほど違和感がなく、綺麗なフォルムを描いている。このハードトップを取り付けた途端にロングノーズ・ショートデッキのFRらしい様式美が浮かび上がってくる。RFでは表現しきれなかったスポーツカーとしてのポテンシャルを引き出せていると感じた。

ロードスターはノーマルでも十分だけど

ロードスターは嗜好性の高い車だ。2シートのオープンカーで積載もほとんどない。それでもこの車を買う人というのは車が大好きな人だろう。50代くらいのイケてるおじさんが乗っているイメージもあるし、やはり楽しむための車なのだ。しかし、このロードスターというのはノーマルの時点でめちゃくちゃかっこいい。街でも走っているのはノーマルが多い印象だ。それが愛される理由でもあるのだが、今回のオートサロンで気づいた。ロードスターにはカスタムによる楽しみ方があることを。

一番重要なのはトップをどうするか

オープンカー所有者の宿命。オープンカーを買ってしまったら常について回る「トップどうする問題」。ソフトトップはオープン時はかっこいいのだが、クローズ状態が大変だ。風の音はうるさいわ、雨漏りするわで…。雨の日には乗りたくなくなってしまう。それを解決するのがRFなのだが、個人的にRFのフォルムが好きじゃない。ロードスターはソフトトップから開発し、後からRFを開発した。そのためロードスターにはトップを収納するスペースがないのだ。必然的にリヤルーフが残ってしまうデザインになった。何とも惜しいところだ。ロードスターのリヤの流線型が好きなのに、そこにルーフが残ってしまうのはもったいないと感じてしまう。今回の純正ディタッチャブルハードトップは、そんな悩みを解決してくれた。

カスタムは足回りから

「カスタムは足回りから」とよく言う。「おしゃれは足元から」をもじった言葉だと思うのだが、たしかに車も足回りを綺麗にするのは大事だ。特にロードスターはボンネット高が低く、「タイヤを魅せる」デザインになっている。ホイールを変えるだけでもかなりイメージが変わるはずだ。

リアスポイラーでスポーツカーとしての本能を呼び覚ます

コンパクトなリアスポイラーがかっこいいロードスターだが、GTなウイングも意外と合うのだ。さすがスポーツカーである。このカスタムをする人はあまりいないが、確実に街で目立つことができるだろう。

ロードスターの未来は

http://www.mazda.co.jp/cars/roadster/feature/design/


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら