事故を起こしたくない方は必見!事故を起こす原因・前兆と対策まとめ

車による交通事故

車を運転する人であれば、誰もが事故に気を付けようと思うのではないでしょうか。事故を引き起こす理由について様々なものが考えられます。しかし、いくつかの事故が起きる要因や前兆を知っておくことにより、事故を未然に防ぐ対策ができるかもしれません。

今回は、運転手や車の状況によって引き起こしてしまう事故の原因・前兆について紹介していきます。

運転手による事故の原因・前兆5つ

①交通違反が事故を引き起こす

当たり前かもしれませんが、交通違反は事故を起こす原因となります。例えば、速度超過すればするほど停止するために必要な距離は長くなります。また、「割り込み」では衝突事故のリスクを高めてしまいます。そのため、交通違反することにより、事故の確率を高めてしまうので注意するようにしましょう。

②ながらスマホ

運転中に通話

経路・到着時間の確認、メール、電話などさまざまな目的により、運転中にスマホを使いたくなってしまうことがあるかもしれません。しかし、ながら運転をしている間に事故を起こしてしまう人は非常に多いです。警視庁は「ながらスマホ」による事故が深刻化しているとして、ながらスマホの厳罰化をしました。そのくらい事故を引き起こしてしまいやすい行為なので注意が必要です。実際、スマホゲームや目的地までの経路確認をしながら運転したことにより、死亡事故が発生したこともあります。

③道に迷ったとき

道を間違えたり、道に迷ってしまうことは事故の原因になりうります。道を間違えてしまった際には、瞬時の判断から急な進路変更をしてしまうこともありますよね。また、道に迷ってしまっている場合、焦って周りの交通に対して十分な注意を向けられない状態になっているかもしれません。

  • 道を間違えしまって、急に車線変更しようとしたが他の車と衝突
  • 道に迷ってしまい、目的地までの経路を確認していて、十字路で横からくる車に気付かずに衝突

このような事故の事例があるので、道を間違えたり、道に迷った場合には、再度経路確認をするために一時停止等のできる場所を探せるようにできると良いと思います。

④体調不良

運転をするときに体調はとても重要と言えるでしょう。眠気を感じたり、体調が良くない際、運転したら危ないと感じたという経験がある方も少なくないでしょう。眠い状態で運転を続ければ、居眠り運転をしてしまう可能性があることも想像できますよね。

⑤会話に夢中で?同乗者との会話から

友人とドライブの際など、同乗者との会話に夢中になってしまうこともありますよね。あまりにも会話に夢中になってしまうと、周囲の状況を正確に認識できなくなってしまう恐れがあります。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
車による交通事故