車の売却・買取・下取り|必ず高く売るためのコツ・知識

車を賢く売る方法

車の売却、買い替えを検討し始めたら、少しでも高く売って得をするために、車を売る時期、必要な手続き、準備書類、売却方法など、売るための知識をつける必要があります。失敗して後悔しない、少しでもお得に車を売却できるコツをご紹介します!

車の買取相場を調べる

売却に向けてすぐ査定を依頼してしまうのは早計です。査定結果が本当に適切な価格かわからない状態だと、実は安く買い叩かれていた、なんてことにも気づけず損をしてしまいます。失敗して後悔しないためにも、車にどれくらいの価値があるのか事前に買取相場を調べましょう。

買取相場を調べるためには専用サービスの利用がおすすめです。相場を調べるにあたっての注意点は「一括査定サイトはこのタイミングで使わないこと。」で一括査定をしてしまうと、電話やメールで大量に案内が来てしまいます。そのため、登録せずに買取相場を調べられるサービスを利用しましょう。

おすすめは「Ancar相場チェック」。登録せずにおおよその買取相場を調べることができます。

Ancar売却査定
Ancar買取相場

Ancar相場チェック機能を使えば、登録無しで買取相場を知ることができる

買取相場を調べる

【愛車の本当の価値は?!】廃車にする前にAncarで価値を調べてみよう

下取り、買取、個人間売買の違いを理解する

車を売る時に「下取り」と「買取」の2つをよく目にします。2つの違いを理解しておかないと、損をしてしまう可能性があります。しっかりおさえておきましょう。

下取りとは?

下取りとは、次に購入する車販売店で、新しい車と交換する形で売却する方法です。特に正規ディーラーなどでは、積極的に下取りを行っているイメージがありますね!

下取りのメリットは、下取り車を頭金として次の車を買えること。普通は購入金額を用意できない場合、一旦買取で精算してから次の購入金額に当てなければいけません。そうなると必然的に一度車を手放すことになります。
下取りの場合は、車両自体の下取り額を次の車購入代金に当てられるので、費用を最小限に抑えることができます。

もう一つのメリットは、次の車が来るまで下取りする車に乗り続けられることです。
車買い替えの際に困るのが売却で車がない期間、ダブってしまう期間ができること。調整するために工夫をしなければいけません。
それが下取りでは一切気にすること無くスイッチングすることができます。


この様に見ると「下取り良いじゃん!」と思ってしまいますが、そこが落とし穴。大きなデメリットが存在するのです。

下取り金額はかなり低い!価格交渉も不可能

販売店で下取りを見積もってもらうと、ほぼ低い金額を提示されます。
その一番の理由は「販売店側が在庫リスクを抱えるため」です。販売店は新しい車を買ってもらいたいですが、古い車がネックになります。
そこで「下取り金額を頭金として使えます」や「納車まで乗って頂けますよ」など、金銭面や売買タイミングをサポートして販売促進をかけています。販売店が欲しいと思って買い取ったわけではない車。長期在庫のリスクが高くなりますよね。そのため下取り金額には長期在庫リスクが加味されているのです。

それでは価格交渉して高く買い取って貰えばよいのでは?と思いますが、価格交渉ができないのも大きなデメリットです。
なぜ価格交渉ができないのかと言うと、販売店による差異をなくすためです。A店で買うよりB店で買ったほうが高い金額で下取ってくれた!となると、トラブルになりかねません。そこで下取りでは基本「シルバーブック・イエローブック」と言うガイドブックによって価格を決定します。そのため金額交渉ができないのです。

下取りは楽に思えますが、場合によっては数十万円も査定に差が出てしまいます。古い車であれば査定で良いかもしれませんが、価値のある車の場合は別。このデメリットをある程度解消できるのが買取になります。

買取とは?

その場で車を査定、受け渡し、現金化を行うことです。ただ車を引き取ってくれるだけと思われがちですが、そこには高額買取できる仕組みがあるのです。

まずは殆どが買取専門店のため、在庫リスクを抱えないこと。買い取った車は、提携の販売店に直接流したり、業者オークションにかけます。何ヶ月も在庫を抱えないためリスクが低く、結果利益以外のマージンを取らないため下取りより高額買取が可能となるのです。

次に細かな条件を使えることが高額買取できるポイント。
下取りでは人気のオプションや独自なカスタムなども無視された価格が一般的です。対して買取では豊富な車輌情報から査定。人気なオプションやカスタムはプラス査定されます。車の価値をある程度汲み取って買い取ってくれるのです。

下取りと買取を比べると買取が有利ですが、実はより高く売る方法があります。それが個人間売買です。

個人間売買とは?

個人間売買とは、業者を挟まず直接買いたい人と売りたい人がやり取りを行うことです。ヤフオク、メルカリ、Ancarなどが挙げられます。

個人間売買のメリットはなんと言っても3つの方法の中で一番高く売れること。直接取引なので中間マージンや消費税がかかりません。相場的には業者オークションと小売の間の金額帯で売ることができます。車によっては下取りと100万円以上差がつくので、とにかく高く売りたい人にはおすすめです。

一方でデメリットはトラブルが多いこと。入金が遅い、名義変更してくれないなど、泣き寝入りするしか無いトラブルがよく起こります。売る側も買う側も自己責任なのです。

最近個人間売買でも画期的なサービスができました。それが「Ancarおまかせ出品」。業者オークション並の価格で買い取ってくれ、さらにAncarに出品代行して管理、売れた場合は利益分を追加でもらえるのです。今まで個人間売買のデメリットだった、すぐ売れない、トラブルに巻き込まれるを解決してくれる画期的なサービスですね。

【使わない理由はなかった】Ancarおまかせ出品を通して得た、新しいカーライフ

車を買取店より高く簡単に売却できる新サービスがある!?

お問い合わせはこちら

車売却に必要な書類

車売却に必要な書類

車を売る際に必要な書類が多すぎてわからなくなってしまうことがよくあります。売却の書類はパターンによって用意するものが異なり複雑です。パターンごとの説明だけでなく、売却時に便利な準備シートも準備しました!ぜひ売却時にご活用ください。

普通自動車の場合

  • 車検検査証(車検証)
    • 車内に保管されています
  • 自動車損害賠償責任保険 原本
    • 車検証と一緒に車内に保管されています
  • 印鑑証明書
    • 最寄りの区役所で発行できます。マイナンバーの記載は行わないでください。
  • 本年度自動車納税証明書
    • 4~5月に届く自動車税の納付控えになります。お手元にない方は滞納していない場合のみ不要となります。
  • リサイクル券
    • 購入時にもらうものですが、紛失してしまった場合は大丈夫です。

引っ越し等で車検証の住所と印鑑証明書の住所が異なる場合

  • 住民票
    • 最寄りの区役所で発行できます。マイナンバーの記載は行わないでください。
  • 住民票の除票
    • 車購入後の転居回数が2回以上の場合に必要です。転居前の住所の最寄り区役所で発行できます。

結婚等で車検証と印鑑証明書の名前が異なる場合

  • 戸籍謄本
    • 本籍地近くの区役所で発行できます。

ローン等で所有者と使用者が異なる場合

  • 所有権解除の手続き
    • ローン会社によって手続きが異なります。詳しくはローン会社に直接お問い合わせください。

業者など別の人に売却をお願いする場合

  • 委任状
    • こちらからダウンロードできます。印鑑証明書の印鑑で押印をお願いします。
  • 譲渡証
    • こちらからダウンロードできます。印鑑証明書の印鑑で押印をお願いします。

軽自動車の場合

  • 車検検査証(車検証)
    • 車内に保管されています
  • 自動車損害賠償責任保険 原本
    • 車検証と一緒に車内に保管されています
  • 本年度自動車納税証明書
    • 4~5月に届く自動車税の納付控えになります。お手元にない方は滞納していない場合のみ不要となります。
  • リサイクル券
    • 購入時にもらうものですが、紛失してしまった場合は大丈夫です。

ローン等で所有者と使用者が異なる場合

  • 所有権解除の手続き
    • ローン会社によって手続きが異なります。詳しくはローン会社に直接お問い合わせください。

業者など別の人に売却をお願いする場合

  • 依頼申請書
    • こちらからダウンロードできます。

用意する書類を確認する場合はこちらの画像を印刷して活用してください!

軽自動車用

普通車用

車を一番おトクに売る時期、条件

車を高く売るタイミング

車を何も考えずに売ってしまうと、需要と供給のバランスで価格が低いタイミングで売ってしまう場合があります。実は車にもおトクに売る時期や条件があるのです。

1つ目は時期。2~3月が一番売却相場が上がります。理由としては、新生活のタイミングで車が必要になる人が増えることです。需要があれば値段がつくので平常時より高く売れます。

2つ目は年式。特に車検のタイミングである3年、5年、7年のタイミングで価値の変動があります。車検は残り期間が長いほど売れやすい傾向です。高く売りたいけど車検を受けなくてはいけない、、こんな時はユーザー車検もおすすめです。ユーザー車検なら車種によっては4万円ほどで収まります。さらに売却時はプラス査定になるので、受けた分も

ユーザー車検のメリットは?買取査定額を上げる知識も得られる?

3つ目が走行距離。Gooやカーセンサーなどの中古車情報サイトでは10,000km、20,000kmなどで絞り込みが用意されています。そのため万単位の距離が変わるごとに需要が減っていきます。可能であれば単位が変わるギリギリで売るのがおすすめです。

その他にも様々な条件があります。サンルーフなどは人気オプションとして需要があるため価格が上がります。この車種にこのオプションはてっぱん!のような装備も同様です。
ボディーは黒白が人気、限定色でもマイナーな色だと需要がなく価格が下がってしまいます。

車を高く売る時期とタイミングはいつがおすすめ?コツを伝授!

新車購入後すぐに値落ちする車の特徴とは?

査定時に気になる修復歴の定義とは?

車の修復歴

車所有時に事故で車をぶつけてしまった場合、修復歴ありに該当するか不安になりますよね。修復歴ありと診断されると走行に支障を来す恐れがあるとして、査定額が大幅に下がってしまいます。
修復歴の定義は以下パーツに不具合が生じた場合を指します。

  • フレーム
  • フロントクロスメンバー
  • フロントインサイドパネル
  • ピラー
  • ダッシュパネル
  • ルーフパネル
  • ルームフロアパネル
  • トランクフロアパネル

簡単に言うと、車の骨格部分に損傷があった場合です。骨格を損傷するとどれだけ修繕できても数ミリ単位の誤差ができてしまいます。そうなると、安全性が確実に担保されない、車の性能が落ちる、過度に負担がかかり故障が増える、など、さまざまなデメリットが生まれます。そのため、修復歴を理解して取引されるか、部品取り車として扱われるため、価値が下がります。

修復歴対象の車は、隠そうと思ってもプロの目では簡単に見破られてしまいます。また、業者オークションでは過去の修復歴を管理しているので、プロの目をごまかせてもシステムでわかってしまいます。

ちなみによく勘違いされるのは「修理歴」と修復歴を一緒だと思われること。修理歴は、修復歴に該当しない範囲の修理を行ったか判断するものです。例えばドアをぶつけてドアごと交換になっても、フレームに影響がなければ修復歴には該当しません。
軽度の修理であれば査定に影響しないので安心してください。

事故を起こすだけで、事故車になるの?事故車の定義って何?

売却・査定までの流れ

いざ売却・査定するにあたって、どの様な流れで行うのかをご紹介します。

売却サービスに問い合わせ

まずはじめに売却サービスへ問い合わせを行います。そこで、車種の条件や査定日時などを調整します。実店舗を持つ買取店の場合は、直接持っていくことでその場で査定してもらうことが可能です。

内外装をきれいにしておく

査定では査定士が内外装をチェックしていきます。本来落ちない傷や汚れは査定対象外ですが、汚いままだと「きっとこの人は車を丁寧に扱っていないからなにか問題があるはずだ」と変に探られてしまいます。余計なところでつまづかないように、事前に清潔感を保っておきましょう。

査定・書類準備

査定は15分~30分ほど時間を要します。査定額が思っていた金額と全く違う、時間の無駄だった、とならないように、事前に希望時間を伝えておくことをおすすめします。予約段階でもおおよその査定額をレンジで出してくれます。

査定額で満足行く場合は、契約を行います。契約にあたって売却書類が必要になります。すぐに売却を行いたい場合は、事前に前述の必要書類を用意しておくと手続きがスムーズです。
特に自動車税対象の4月1日付近は手続きの遅延に注意が必要です。

一括査定、出張買取の同時査定の注意点

売却に向けて動き出す時、よく目にするのは「一括査定」ですよね!一社ずつ申し込みを行わなくても、何社もまとめて問い合わせできるので非常に便利です。
一見便利ですがいくつか注意点があります。

1つ目は、企業によっては問い合わせ直後から必要以上に勧誘が来ることです。各社より良い条件を出してどうにか買い取りたいため、問い合わせ直後に電話やメールで連絡が来ます。また、検討期間が長いとどうするか催促される場合もあります。勢いに負けて、「早く終わらせたいから適当に売ってしまおう」と負けない様にしましょう。
問い合わせ後のしつこい勧誘が怖い場合は、「捨てアドレスサービス」を使って一時的なやり取りを行うのがおすすめです。

2つ目は同時査定NGの業者があることです。
同時査定とは、複数業者を同じ時間に呼び出して1番条件の良い業者に売る方法です。出張買取ならではの高く売る手法です。しかし、業者によってはその場でセリが行われるのを嫌い、拒否するケースがあります。その場合は時間帯をずらし、全ての結果を聞いた上で判断するなどしましょう。
個人的には、同時査定OKの会社は買取に自信があるのでおすすめだと思っています。うまく業者を使いながら、1番高く売れる買取店を見つけましょう。

車を楽に早く高く売る|全部満たすのはAncarおまかせ出品

Ancarおまかせ出品

ここまで車の売り方や準備する書類、買取業者の探し方についてご紹介しました。

基礎知識は付いたかもしれませんが、「結局楽に早く一番高く売れる方法は何?」と思ったかもしれません。
そんな方に絶対に使ってほしいサービスがAncarおまかせ出品なんです!

車を買取店より高く簡単に売却できる新サービスがある!?

おまかせ出品は、個人間売買の高く売れるメリットと、買取店の早く楽に売れるメリットの良いとこ取りをしたサービスです!

高く売れる理由は、Ancarが売買プラットフォームを持っているから。Ancarでの成約手数料がある分、高い買取を実現できています。おまかせ出品によって買取より60万円も高く売れた実績あり。

【使わない理由はなかった】Ancarおまかせ出品を通して得た、新しいカーライフ

今までの買取に満足できなかった方は「新しい売却体験」ができるAncarおまかせ出品をぜひ活用しましょう!
ぜひお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせはこちら

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。
車を賢く売る方法