新車購入後すぐに値落ちする車の特徴とは?

車を購入する時、新車・中古車どっちにしようか迷うもの。とても大きな買い物なので満足いく形で購入したいですよね。

特に新車検討の際に気になるのが『リセール』。せっかく新車で買ったのに、同じような条件の中古車が新車の半額近くで売られている、なんてことも。将来リセールも考えている、なるべく好条件で車を購入したい人のために、値落ちしやすい車の特徴をご紹介します。

輸入車

フェラーリやランボルギーニなどの超高級輸入車、スーパーカーなどを除いた一般的な輸入車は新車購入時点から値落ちの影響を受けやすい傾向にあります。

大きな原因の1つとなっているのが『直接値引き』。国産車の新車の販売の場合はあまり値引きをせずにサービスでオプション付けてくれるという付加価値提供をしてお客さんを喜ばせて売り上げをあげるという形が主流となっていますが、輸入車の場合は、初めに提示した価格からどんどん値引きして販売するという形になっています。その為、人によっては値引き交渉が上手く行かずに高い金額で購入させられてしまう人も多くいます。その場合もともとディーラーが下げても良い最終的な値段との差が出てしまい、その時点で損をしてしまうのです。
さらに、直接値引きが行われるとデフレ現象が起き、中古車相場まで下がってしまいます。

価格が高いほど値落ちが激しい傾向に。輸入車の中でも特に高級車には気を付けましょう。車種によっては購入して何年も経たないうちに半額程度の価値になってしまう場合も…

具体的な車種としては、メルセデス・ベンツのSクラス、BMWの7シリーズなどは値落ちが激しいので要注意です。

新車発売時の人気が高く、販売台数が多い車両

新車販売時人気が高かったものは販売台数が多くなる為、中古車が増えることになります。そうすると需給バランスが逆転し、価格競争によって中古車市場での販売価格が下がってしまうのです。

人気車種でも需要と供給のバランスが逆転しやすい輸入車の方が当てはまりやすいです。輸入車を新車で買う人は保証が切れる3年での乗り換えが多いこと、対して輸入車の中古車を懸念する人が多いことが要因だと考えられます。

具体的な車種としては、BMW3シリーズなどが挙げられます。

不人気車両

発売した車が人気になるかどうかはディーラーもすぐには分かりません。発売されてからある程度の期間まではどのくらい人気になるかわからない状態で価格設定をしてます。
そのため、あまり人気が出なかった車両は発売してすぐ値下げをする、中古車市場も売れない車は値段を下げざるを得ないので、一気に値落ちする傾向にあります。

それでも売れない場合は新車価格を下げて、中古車相場も下がって…と負の連鎖に陥ってしまうでしょう。

モデルチェンジが早い車両

中古車はモデルチェンジの度に前のモデルの人気が落ち、値段が下がってしまいます。特に最近はスマホ連携などIoTも兼ね備えたモデルチェンジが多いため、余計1世代前のモデルが売れにくくなり、値落ちする傾向にあります。

排気量が大きい車両

日本は自動車税の関係で、スポーツカー等を除く、排気量が大きい車(具体的に言うと3000cc以上)は中古車になると需要が少なってしまい値段落ちしやすい傾向にあります。最近では低燃費、トルクフルなダウンサイジング・ターボが主流になっています。特別なグレードではない限り3,000cc以上を選択することは少なくなりました。走りに対して特別なこだわりがないのであれば、維持費を考えて小排気量を選択することがおすすめです。

走りにこだわりがあっても、ターボ搭載2,000ccクラスであればスポーツカー並みの性能を味わうこともできるので、選択肢の1つとしてありでしょう。

グレードがベースグレード

グレードによって使うパーツが良くなったり、良い装備がつくことが多いから差が生まれます。中古車市場でもベースグレードはあまり重宝されないため、より値落ちが激しくなってしまいます。

スポーツ仕様や高級仕様などのグレードは値落ちしづらい傾向にありますが、高級なグレードは排気量が大きめなものもありますので注意が必要です。

ボディーカラーが黒と白以外の色

一般的な中古車市場の人気色が黒・白のため、価値が下がりにくい傾向にあります。反面、目立つ色は全体的に人気がないのですぐに値落ちし安いです。
ただ例外もあり、スバルは青、ベンツやクラウンはシルバーなど、メーカーや車種によって人気色も違うため、それに合わせて価格も異なります。

色にこだわりはなく値落ちを気にするのであれば、メーカー・車種の人気色、あるいは黒・白の選択をおすすめします。

まとめ

今回は、値落ちしやすい車の特徴をご紹介しました。値落ちが気になる方は、過去の中古車相場を見ながらどの条件が一番お特に購入できるか、吟味するのがおすすめです。
値落ちを気にしなければ、自分で全ての条件を決められる新車がベスト。ただその場合は売る時の覚悟が必要です。

自分にとって譲れない条件を整理しながら、最高の1台を見つけ出しましょう。