今でも輸入車の売却価格は安い?値落ちしにくい外車3選

昔から、買う時の金額は高くても中古で売る時には安い価格となってしまいやすいと言われる輸入車。車を購入する時にリセールバリューを考えて車を選ぶ人も少なくないでしょう。昔は確かに輸入車の方が売却価格が安いと言われていましたが、それは現在でも同じことが言えるのでしょうか。そこで今回は、そんな現在の輸入車と国産車の売却価格の違い、そして値落ちしにくい輸入車についても紹介していきます。

今でも輸入車は国産車より売却価格が安い?

輸入車の売却価格の比較として、国産車と輸入車の売却価格はどちらが高いのかについてお話していきます。

現在も比較的国産車の方がリセールバリューは良い

輸入車と国産車では、購入金額が大きく変わっているのでリセールバリューに注目すると、現在でも輸入車に比べ国産車の方がリセールバリューは良いとされています。国産車で有名なSUVのハリアーとドイツの自動車メーカーAudiのSUV Q5で比較してみると、ハリアーの方が大体2年後の残価率が86%。Q5の2年後の残価率が大体57%ほどとなっています。もちろん車種や走行距離によっても変わってきますが、全体的に見ても国産車の方が高い印象ですね。

理由1 需要の問題

国産車の方がリセールバリューが良い理由として、需要の問題が挙げられます。新車の場合は車一台作るのにかかった材料費は人件費などを考慮して価格が決定されますが、中古車市場はその車種の車がどのくらい需要があるのかによって価格が決定されます。国産車と輸入車の中古車需要を比較した時、当然ここは日本ですから、日本車を選ぶ人・探している人が多いです。また、日本車の方が安全で故障も少なそうだから中古車を選ぶなら日本車が良いという人も多いですね。ということで、どちらかというと中古車市場では国産車の方が人気があるので、比較的リセールバリューは良いというわけです。

理由2 維持費修理費の問題

先ほどの需要の問題にも関わってくるのですが、維持費や修理費を考慮した上で国産車を選ぶ人が多いということもリセールバリューに影響しています。やはり現在もひと昔前のイメージが定着していて、輸入車は故障しやすいと思っている人は多いと思います。当然故障をしたとなると修理にかかる費用は輸入車の方が高くなってきますので、その辺りで国産車を選ぶ人もいるかもしれませんね。ただ、これに関しては最近の輸入車は国産車と同じくらいに故障も減ってきていますし、10万km超えた車でもきちんとメンテナンスしていれば平気で走ります。昔のイメージのまま故障しやすいと判断してしまうのは少し早計かもしれません。

逆に言えば安く購入できる

売却価格が安いということは裏を返せば、質の良い車を安く買えるということです。先ほどお話した通り、最近の輸入車は昔とは違い故障もしにくくなっていますから、壊れにくい輸入車を安くかえるということになります。外車が欲しいけど高い!と悩んでいる人は是非中古車を見てみましょう。

比較的値落ちしにくい外車

国産車の方がリセールバリューが良いというお話をしましたが、当然輸入車の中でも値落ちしにくい車はあります。ここではそんな値落ちしにくい車を全部で3つ紹介していきます。

ミニ シリーズ

まず紹介するのはMINI 3 DOORやCROSSOVERなどのミニシリーズ。ミニは輸入車の中でも比較的小さく、日本のような道路の幅が狭いところの運転も非常に楽なので、日本国内においても根強い人気があります。また、デザインに関しても日本車にはないポップなデザインをしており、車自体の知名度も非常に高いので中古車市場においても比較的安定した価格となっています。

フォルクスワーゲン ビートル

次に紹介するのがフォルクスワーゲンのビートル。フォルクスワーゲンというメーカー自体、ドイツ車でありながら価格は日本車と同等くらいまで安く、街中でも割と頻繁に見かけます。そんなフォルクスワーゲンのビートルは流線型のデザインと可愛いフロントで日本でも非常に人気の車種でした。このビートルが値落ちしにくい理由として先に挙げた人気ということもあるのですが、2019年に販売を終了していることも大きいです。唯一無二なデザインの上にもう今後は新車で買えないということを考えると、欲しい人は中古車市場に集中しますので価格は値落ちするどころか上がっていくことも考えられるでしょう。

ポルシェ  911

最後はみなさんご存知ポルシェの911。このモデルが値落ちしにくい理由はブランドと根強い人気につきます。スポーツカーとしての人気が非常に高く日本でも有名なポルシェは、欲しいと思う人も多くいるため、中古であってもブランドとして価値があります。その上に911というモデルはポルシェの中でも一番有名なモデル。長年に渡って売れ続けているモデルなのでポルシェの中での知名度という面でもダントツです。実際に、およそ20年以上の前の空冷エンジンを積んだポルシェ911はプレミアが付けられ、新車の何倍もの値段で取引されています。

輸入車の売却価格などを質問できる自動車専門相談所

クルマの相談所

クルマの相談所はふと疑問に思ったことや、気になることなど車に関することならなんでも質問や回答を行うことができるサービスです。車に関することならなんでもOKなので、今回紹介した輸入車以外にも値落ちしにくい輸入車や、自分の今持っている車はどのくらいの価値があるのかなど、気軽に質問することができます。質問をすると、一般のユーザーか中立な立場として意見を述べるプロの整備士が答えてくれるので多くの人の回答を得ることができるでしょう。いきなり中古車屋にいくのは怖いという方や自分におすすめの車種を教えて欲しいという方は、無料ですので是非ご利用ください。

クルマの相談所で質問してみよう https://www.ancar.jp/question/forum/


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら