【クルマ売却の不満】個人売買なら高く売れる?オススメな売り方を紹介!

みなさん、車を売却する時に不満や疑問を感じたことはありませんか?これから車を売却する人も不安に思っていることが多くあるでしょう。車は高価なものですから、査定額も売却先やサービスによって大きく変わってきますよね。「愛車の本来の価値を分かってくれるのか」「傷や不具合があるけど大丈夫か」「いくらが適正価格なのだろう?」。また、一括査定で電話が鳴り止まずに急かされて適当な売却先を選んでしまうというパターンも。そんな不満や疑問を解決できる個人売買という選択肢のメリットデメリット、新しい個人売買を利用して「簡単に安心して得できる」そんなオススメの売り方をご紹介していきます!

車の売却で感じた不安や疑問の声

他の人は車の売却についてどんな感想を持っているのか気になりますよね。しかし、知り合いでも「車がいくらで売れたか」とは聞きづらいものです。それよりも、新しく買い換えた車について話す方が盛り上がりますし、本人も嬉しさのあまり売却についての不満は忘れてしまっていたりします。ただ、2回目以降の売却の際には「今度こそは失敗したくない」という人が多いようです。

査定額に満足できない人は3割

とあるアンケートの結果では、27%が下取り価格や売却価格に満足していないと回答したデータがあります。車は大変高価なものですから、約3割という数字は決して低くはないでしょう。また、約8割が車の客観的な価値を知りたいと答えており、多くの人が愛車の査定額が本当に適正なのか不満に思っているということが言えるでしょう。一般的に車は3年で50%の価値になると言われています。ベンツやBMWなど元が高い場合は40%まで下がる場合も。消費者が確認できるのは小売店での販売価格のみなので、ブラックボックスと化している買い取りの相場は「えっ、私の車安すぎ!?」となるのも無理はありません。

提供元:オークネット総合研究所

手間のかからなさを重視したら失敗した…

車を売却する時は次に購入する車が決まっている場合が多いでしょう。好きな車を選んでいたり、すでに納車日が決まっていたりとワクワクが止まらない状態ですね。そんな状態では、売却する車はいくら愛車であったとはいえ早く手放したい。正直言って邪魔な存在になってしまいます。だからこそ、売却は手間をかけずに進めたくなるもの。しかし、45%が手間がかからないからと売却方法を選んだのに対して、次の売却では査定額の高さで選びたいという割合が約70%を占めています。これは間違いなく手間をかけずに売却したことを後悔していますね。

提供元:オークネット総合研究所

提供元:オークネット総合研究所

一括査定で電話が鳴り止まない

最初はできるだけ高く売りたいという思いがあるので、一括査定を申し込みます。すると、色々な買取業者からの電話が鳴り止まずうんざり。最初のモチベーションが保てていれば査定額の高いところを精査して売却できますが、途中で面倒になって適当に決めてしまうパターンも多いでしょう。

いきなり査定に来て即決してしまった

一括査定の電話では「今から査定に行っていいですか?」と聞かれることが多いです。そうすると、せっかく来てもらったし他の業者を呼ぶのも面倒だからと即決してしまいがちです。

自分の車の本当の価値は?いくらで販売されるの?

実は安く買い叩かれてしまったのではないか、こだわりのオプションはちゃんと評価されているのか。長く大切に乗れば乗るほど、ちゃんと価値を理解して買い取って欲しいと思うはずです。また、売却した車が予想以上に高く販売されているのを見つけて「騙された」と感じたりしますよね。それは中間流通が何重にも存在しているからなのですが、できることなら自分で価格を設定できて、販売の売上まで自分に入ればいいのにと思ったことはありませんか?

自分の思ったように売却できる個人売買

上記のような疑問や不満を解決してくれるのが個人売買です。買い取りに納得がいかないのなら自分で売ってしまえばいいというわけです。最近はフリマアプリなども普及してこの考え方も一般的になってきましたね。しかし、これはこれでデメリットが多く存在します。ただ、従来の買い取りに不満がある人なら検討する価値は大いにあるでしょう。

マージンが取られないという最大のメリット

やはり一番のメリットはマージンが少ないということ。一般的に査定額は実際の店頭販売価格の7割が平均と言われています。つまり、30%が買取業者やその他中間流通業者のマージンとして取られているということ。フリマアプリの手数料では高くても10%ほどですし、他の個人売買サービスでもそこまで手数料を取られることはありません。また、自分で金額を設定できるというのも工夫次第では高く売れる秘訣です。

決済や車の状態などには不安が残る

メリットでもありデメリットでもあるのが、手間が多いということ。フリマアプリなら決済代行はしてくれますが、車の状態を保証したり書類の手続きまでは行ってくれません。また、車の写真を綺麗に撮影したり売れやすくなるような紹介文を書くのも意外と難易度が高いです。いざ購入が決まったとなれば購入者との連絡も必要になりますから、「買取業者の査定を何件もハシゴする方がむしろ楽なのでは?」というジレンマに陥ってしまうかもしれません。

プロがサポート・販売代行をしてくれる車の個人売買がある

Ancarのおまかせ出品

数あるフリマアプリやSNSで車の個人売買を行なうことができますが、それを専門とするサービスも存在します。それが株式会社Ancarが運営する個人売買プラットフォームAncar。自分の車を撮影して出品、価格や紹介文は自分で設定する売却方法は他のフリマサービスと同様ですが、車の個人売買に特化してるからこそ充実したサポートがある点が特徴になります。また、売却額の不満や取引の手間をより解決してくれる新サービス「おまかせ出品」が特にオススメな売り方なので、これから車の売却を検討する人には是非選択肢に入れておいていただきたいです。

預けるだけ、手続きや点検をしてくれる

おまかせ出品では字の如く、個人売買をおまかせする出品方法となります。車を預けてプロが代わりに販売を代行します。面倒な撮影や問い合わせの対応も必要なく、点検も行ないますので「自分では車の状態がわからないから出品やセールストークが不安」ということもありません。また、名義変更や車庫証明、自賠責保険などといった書類の手続きもおまかせできるので、個人売買の面倒な部分だけ代わりにやってくれるといった感じです。

査定額にプラスして販売金額の差分がもらえる

これなら今まで査定額に満足できなかった人の「えっ、私の車安すぎ!?」という課題も解決できます。通常の個人売買のように販売金額、つまり売上の分までしっかり受け取れるというわけです。車を預けたら買取店同等の査定額が受け取れて、売買が成立するとさらに利益を受け取りできます。この入金のタイミングも重要で、先に査定額を受け取って販売できたら「売上-手数料」も受け取れるというところもポイントでしょう。個人売買のデメリットであった「すぐに売れない」「売れるかどうかは不確実」といった課題を解決してくれるので、まさに通常の買取と個人売買のいいとこ取りなサービスですよね。

まずはWEBで簡単に査定できる

電話が鳴り止まなくなったり、いきなり査定に来てしまうということはありません。WEBから車の情報を入力するだけでオンライン上で自動査定の結果が表示されます。まずは自分の車がどのくらいの金額で売れるのか知るためにも調べてみるのがいいでしょう。査定結果には通常の他社買取相場金額に加えて、個人売買で出品する際のオススメ価格が表示されます。WEBで瞬時にここまで知ることができるサービスはなかなか無いですよね。

実際におまかせ出品をした体験談

愛車のキャンピングカー「さくら号」を売るため3社の中古車販売店を渡り歩き、Ancarのおまかせ出品にたどり着いた体験談です。合わせて読むと売却の流れがわかりやすいかもしれませんね。

【愛車を売った体験談】試行錯誤してたどり着いた。120万円得した売却方法


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら