電気自動車で気を付けるべきトラブルを解説!

国内外を問わず、関心が高まっている『カーボンニュートラル』の実現に向け、各企業の取り組みが加速しています。

そこで、脱ガソリン車という政策が求められ、電気自動車(EV)の需要が高まっています。

現在では国産車に限らず、外車でも電気自動車の生産が増えつつあり、BMWやプジョー・ジープなどからも続々と電気自動車が登場。

この記事では、現在人気が加速している電気自動車でありがちなトラブルと、気を付けるべきことを紹介していきます。

電気自動車の購入を検討している人、必見です。

人気が加速している電気自動車

電気自動車はその名の通り、電気を動力としてモーターを動かし、走行する自動車を指します。

エンジンを搭載していないのが特徴。

現在はEV(Electric Vehicle)とも言われています。

 

電気自動車には種類があり、大まかに分けると下記のようになります。

・『純電気自動車(BEV)』

ガソリンを全く使わず、電気だけで走行する自動車です。

・『プラグインハイブリッド(PHEV)』

エンジンを搭載し、ガソリン走行も可能。

・『ハイブリッド車(HV)』

エンジンとモーターの2つを動力とし、走行します。

・『燃料電池車(FCV)』

モーターを動力とし、水素と酸素で発電します。

 

このように種類が豊富な電気自動車ですが、良いところもあれば、電気自動車特有のトラブルもあります。

まずは、電気自動車のメリットを紹介していきます。

電気自動車のメリット

電気自動車の最大のメリットは、排気ガスが出なくて環境にやさしい点です。

また、停車・走行中に関しても、エンジン音はしないので、とても静かになります。また、振動も少ないです。

購入時の補助金も利用でき、下限は20万円~上限は250万円までとなっています。

また、ガソリン代と電気代を比べると、走行コストも安くなります。

電気自動車の気を付けるべきトラブル①電欠

電気自動車で気を付けるべきトラブルについて解説していきます。

まず1つ目は、電欠について。

ガソリン車で言う”ガス欠”と同じです。

 

一般的に、多くの電気自動車は1回の充電で200km以上走行が可能と言われています。

長距離の移動をせず、街乗りや買い物だけになると、十分な数値ではありますが「いざ、家族旅行」となったときなど、電欠になりかねません。

電欠を防ぐためにするべきことと、電欠してしまったときの対処法を紹介します。

電欠を防ぐためにすべきこと

電欠を防ぐためにすべきことは、移動場所までのあいだに、充電スポットを事前に調べておくことです。

もし通りにない場合は、ある場所の近くを通過するように、下調べをおこなっておきましょう。

また、15~60分の充電時間も必要になります。

費用としては、普通充電は平均2.5円~・急速充電は平均15.0円~となっています。場所によっては無料で充電できるところも。

充電スポットでは、基本的に『充電認証カード』と言う、月額制の会員カードが必要になりますので、事前に各メーカーや企業で発行されているカードを所持しておきましょう。

 

走行距離の長さはバッテリー容量に比例するので、長距離走行を頻繁にする人は、そちらを参考にしてみましょう。

電欠したらすべきこと

電欠してしまったら、まずは自分でどうにかすることはできません。

ガス欠と同様、電欠したら危険の少ない道路の隅へ停車し、自身が乗っている車種のメーカーやJAFに連絡してレッカーを呼びましょう。

充電をすれば再走行が可能になるので、最寄りの充電スポットまで運んでもらうようにします。

各メーカーでは、レッカー費用が無料になるサポートプログラムを用意している場所もあるので、事前に検討しておきましょう。

電気自動車の気を付けるべきトラブル②バッテリーの故障

電気自動車で気を付けるべきトラブルの2つ目は『バッテリーの故障』です。

バッテリーが故障してしまうと、修理費用がかなり高くつくことも。

電気自動車のバッテリーには、様々なセンサーやシステム・配管などが一体化されているので、修理費用が高くついてしまうのです。

バッテリーを故障させないために

バッテリーを故障させないために気を付けることと言われても、何をすれば良いかわからないもの。

バッテリーは経年劣化していくものではありますが、乗り方を少し工夫するだけで、早期に故障することはなくなるでしょう。

バッテリーは負荷に弱いので、急速充電を避け、なるべく普通充電をすることや、100%充電するのではなく、80%程度に抑えておくなどの工夫をしましょう。

また、バッテリーは熱に弱いので、直射日光の当たる場所を避けることも大切です。

少しの工夫でも日を重ねていけば、長く電気自動車に乗れるかもしれません。

バッテリーが故障したら、乗り換えを検討しましょう

バッテリーが故障してしまった場合は、乗り換えをおすすめします。

乗り換えをする場合にも注意が必要。

前記したように、バッテリーは経年劣化していくもの。

中古の電気自動車の購入を検討している場合は、比較的年数が浅いもの(年式が新しいもの)を選びましょう。

ですが、可能であれば、新車を購入することをおすすめします。

 

なぜバッテリーが故障したら乗り換えをおすすめするのかと言うと、費用だけでも40万~300万円以上かかることもあり得ます。

国産車・外国車でも変わってくるものではありますが、修理費用がかなり掛かります。

「電気自動車の寿命はバッテリーが故障したとき」と言われているのはそのためです。

電気自動車を購入したい人は、ぜひこの記事を参考にして、自分に合った車を購入しましょう。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』