【愛車の本当の価値は?!】廃車にする前にAncarで価値を調べてみよう

既存の買い取りや下取りで生じる「2つの価値」

買い取り業者にせよディーラーでの下取りにせよ、一般店頭販売価格に近い価格であなたの愛車が買い取られることはまずありません。むしろそれよりも、かなり乖離している印象を抱くことの方が大多数でしょう。なぜならば、買い取られたクルマはその後中古車としてすぐに販売されるわけではなく、幾重もの中間業者を経由して流通し、その分の手数料がかかったうえ、さらに消費税も乗って店頭に並ぶからです。 また、買い取った業者がそのまま販売する事もありますが、その場合でもノーチェックで販売するわけにはいかないので、最低限点検や整備や洗車などが行われ、その分の手数料と利益が上乗せされます。 単純に「店頭販売価格」近くの額で買い取ってしまうと、販売するまでのこれら費用は業者による完全な持ち出し(赤字)になってしまうのです。 販売価格よりずいぶんと安く買い取られるからといって、買い取り業者が不正を働いているわけでは無く、こういった流通構造上仕方のないことなのです。 つまり、通常の買い取り業者や下取りに出す限り、あなたの愛車には「買い取り価格」と「一般店頭販売価格」という、2つの価値が生じている事になります。

一般店頭販売価格によってはゼロ査定も

クルマによっては一般店頭販売価格があまりにも低いため、上記のような買い取ってから販売するための手数料を差し引くと、「買い取り価格」がゼロやマイナスになってしまう場合もあります。 このように、車種そのものに多少の価値は残っていたとしても、既存流通過程を経てしまうと価値が無くなってしまうこともあり、これを俗にゼロ査定車といいます。 その場合でも部品単位や資源として取引を行う廃車買い取り業者や、海外ならまだ使い道があると考える輸出業者であれば、大抵の場合価値を見出されて多少は値段がついたりします。 ですから、ゼロ査定になったとしても最悪でも廃車買い取り業者に声をかけるべきでしょう。

個人間売買サービスならそういったゼロ査定車でもお得に売れる!?


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら