個性的なデザインと低価格。フランスの主要自動車メーカーと車の特徴

ファッションの国フランス。ファッションというだけあって自動車のデザインも個性的でおしゃれな車を作る自動車メーカーが多く存在します。値段も外車にしては比較的安く、日本でも徐々に人気が出てきています。そんなフランスの自動車メーカーをこの記事では一覧で紹介していきたいと思います。

フランスの自動車メーカー

ルノー

フランス国内ではトップの普及率を誇っているルノー。日本の日産が大変な負債を抱えていた時に、ルノーに事実上の買収をされ、現在もその傘下となっているほど大きな企業です。価格が非常に良心的で、日本車と比較しても決して割高ということはありません。

時代に揉まれ国営企業から民営企業に変化したルノーはどんな自動車メーカー?

プジョー

フランス国内において、先ほどのルノーに次いで高いシェアを誇っているのがプジョー。プジョーとルノーでトップ争いをしており、この二社はシェア率でも飛び抜けています。デザインが素晴らしく、2020年には欧州カーデザイン・オブ・ザイヤーを受賞しています。

ライオンじゃなくて猫のような乗り味?プジョーの歴史

シトロエン

個性的な車の象徴とも言えるような奇抜なデザインで人気となっているシトロエン。2015年にはシトロエンのC4カクタスがカーデザイン・オブ・ザ・イヤーも受賞しています。価格も日本車と変わらないくらい安いので、日本でも人気のメーカーです。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら