我が道を行く「マツダ」快挙達成!海外自動車賞ダブル受賞!!

「サクラサク」の吉報が海外から届きました!

 http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2016/201603/160325a.html

新型「マツダ ロードスター」(海外名:Mazda MX-5)が2016年「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」をダブル受賞!!
創設以来、1車種によるダブル受賞は初とのことでこれはまさしく快挙でしょう。

 http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2016/201603/160325a.html

「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー(WCOTY)」とは、ワールド・カー・アワーズ(WCA)が主催する2004年に世界各国の自動車ジャーナリストによって創設された権威ある自動車賞です。
世界23カ国、73名の自動車ジャーナリストの投票により選ばれます。
マツダ車の同賞受賞は、2008年の「デミオ(海外名:Mazda2)」以来2度目となります。
今回、「マツダ ロードスター」は、「アウディA4セダン・アウディA4アバント」、「メルセデス・ベンツGLC」とともに最終候補の3車種に選出されていましたが、ニューヨーク国際自動車ショーにおいて、現地時間3月24日に最終結果が発表され、2度目のプライズ獲得にダブル受賞で花を添えた格好になったわけです。

 http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2016/201603/160325a.html

◆「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」受賞の喜び!

前田 育男(まえだ いくお)執行役員、デザイン本部長は「今回の受賞は、マツダのデザインがグローバルに高く評価された証として大変誇りに思います。私たちは、カタチに命を与えるというデザインテーマ『魂動』のもと、そのフォルムの美しさに磨きを掛け、新世代商品をつくってきました。今後も日本ブランドとしての誇りを高く持ち、マツダのデザインをより良いものにしていく決意です」と語っています。
4代目となる新型「ロードスター」は、「SKYACTIV技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を採用した新世代商品の第6弾となるモデルであり、これまでにも「2016年UKカー・オブ・ザ・イヤー」をはじめとして、30を超える賞を受賞していますが、今回の受賞の喜びはひとしおのようです。
マツダはHP上で「マツダは今後も走る歓びをお届けすることで、お客さまに選ばれ続けるオンリーワンのブランドになることを目指していきます。」とコメントを締めくくっています。
マツダの動向は、他社動向に惑わされずに、常に独自路線を歩んできているように私の目には写っています。
過去の「ロータリーエンジン」、最近では他社がハイブリッドシステムに前のめりになる中での「SKYACTIV技術」など日本の自動車業界にとって、貴重な存在でしょう。
そんなマツダが海外で高く評価されていることは素晴らしいことでしょう。

【MAZDA】新型「マツダ ロードスター」が2016年「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」をダブル受賞|ニュースリリース
【MAZDA】新型「マツダ ロードスター」が2016年「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」をダブル受賞|ニュースリリースwww2.mazda.com

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら