ボンネットに穴が空いている車はなんのために空いてるの?

皆さんは車のボンネットに穴が空いている車って見たことありますか?おそらくこの記事を見てくださっている大半の人は一回は見たことあるという人が多いと思います。走っている車を見ていると割と目立つあの穴ですが、なんであの穴が空いているのか皆さんご存知でしょうか。他の大半の車は基本的に空いていません。空いていない車が多くあるのにわざわざ空ける理由なんてあるのでしょうか。そこで、今回はなぜボンネットに穴が空いているのか、その理由と空いている車と空いていない車の違いについてお話していきたいと思います。

ボンネットに穴が空いているわけ

このボンネットに穴が空いている機構は一般的にボンネットダクトと呼ばれています。では、一体なぜ空気抵抗が大きくなってしまうにも関わらずボンネットダクトをつけているのでしょうか。

エンジンを冷やすため

わざわざボンネットに穴を開けた一番の理由としては車のエンジンを冷やすためということが挙げられます。そもそもエンジンはピストン内で爆発を起こしているわけなのでその温度はどうしても高温になってしまいます。一般のエンジンの温度でいうとその温度は90度ほどにもなります。そんな高温になってしまうエンジンの周りをボンネットのような鉄の塊で覆ってしまってはその熱はどこにも逃げられなくなってしまいます。そこでその温度を下げる役目を担っているのがボンネットに空いている穴なのです。車が走り出すとその穴に空気が流れ込んできます。その空気でエンジン内の温度を下げ燃焼効率を良くしてくれます。

ターボの効果を最大限発揮するため

そもそもターボという機能は空気を圧縮してエンジンに送ることにより排気量はそのままながら加速性能やパワーを上げることができるものです。このターボはその性質上空気を圧縮するため大量の熱が出てきてしまいます。その圧縮されたことによって熱くなってしまった空気を冷やすのがボンネットダクトの役目。こちらもエンジン同様一度冷やすことでターボの効果は大幅に上がります。

昔は多くの車についていたボンネットダクト

ここ最近ではたまにしか見なくなってしまったボンネットダクトですが昔は多くの車についていました。ここではボンネットダクトの登場と普及までの歴史について簡単に紹介していきます。

ボンネットダクトの登場と普及

ボンネットダクトが日本国内の市販車の中で登場したのは1980年ごろ。その頃から徐々に三菱のスタリオンやターボに力を入れていた日産のフェアレディZなどに装備されていきました。三菱のスタリオンは国内初の空冷式インタークーラーターボを搭載した車でもあり、今まで搭載していたターボよりも出力を向上するためにボンネットダクトをつけました。まさに、先ほどお話したターボの効果を最大限発揮するためという目的に沿ってつけられていますね。

また、この当時の日本は特にガソリン代が高いということもなかったため燃費や環境性能は全くと言っていいほど重要視されてなく、何よりも重要と考えられいたのは最高速度と加速性能に優れていることでした。そんな時代背景もあってかターボの出力を向上することのできるこのボンネットダクトは瞬く間に多くのメーカーの車にも普及していき、最終的にはボンネットダクトがついている車は高性能でついていない車はあまり性能が良くないという目的と手段は逆転したような認識まで生まれる程になってしまいます。

なぜ現代の車にはあまりついていない?

そんな一時すごい勢いで普及していったボンネットダクトですが、今現在公道を走っている車の中にはあまり見かけません。いったいなぜボンネットダクトは次第にその姿を消していってしまったのでしょう。

エンジンの変化の影響

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら