10年先を歩んでいるシトロエンはどんな自動車メーカー?

自動車を購入するとき、好きな自動車メーカーやスペックを気にしてみたり好みのデザインのものを購入したりすると思います。しかしほとんどの場合は車を購入する際にどのメーカーの車を選べばいいかわからないそんな人が多いかもしれません。初めて車を購入する方や車についてあまり知識のない方は特にわかりにくいように感じている人が多いと思われます。各自動車メーカーの生産している製品はさまざまな特徴があります。歴史も深くメーカーの歩んできた道を知ることでどのような車を世に送り出してきたのかがわかります。その各社持ち合わせている特徴を吟味し、消費者のライフスタイルに合った車を選び購入することで初めていい買い物ができるのではないかと考えています。今回は数多くの自動車の中からシトロエンについて紹介していきたいと思います。

シトロエンとは?

フランスの大手自動車メーカーのシトロエンは前輪駆動方式を早い段階で採用していたり、ハイドロニューマチックという窒素ガスを使用した独自のサスペンションで有名です。そんなシトロエンはどのようにして現在のような大手自動車メーカーになったのでしょうか

フランスの自動車メーカー、シトロエンの誕生

シトロエンの設立者であるアンドレ・シトロエンは第一次世界大戦でダブルヘリカルギア(歯車の種類)の製造と大砲用の弾丸製造で富を得ました。その後、アンドレ・シトロエンは当時普及していなかった自動車を大衆向けに販売し、フランスのフォードとなるためにシトロエンを設立しました。フランスの自動車メーカーの中では歴史の浅い後発組の一つとして数えられています。最初使用された製造工場は軍需工場として使用されていた施設を転用したものでした。現在ではこの工場跡地にアンドレ・シトロエン公園と言う公園が建てられています。シトロエンのへの字を重ねたエンブレムはダブルヘリカルギアと呼ばれています。ダブルヘリカルギアと呼ばれる由来はアンドレ・シトロエンがシトロエンを創業するきっかけとなったシェブロン・ギア(ダブルヘリカルギアを構成する)をモチーフにしているからです。

経営難となったシトロエンの運命とは?

第二次世界大戦後も先進的な自動車作りが世界的に評価される自動車メーカーにまで成長しました。1960年にはマセラティやフィアットなどと業務提携を組むほど注目度の高かったシトロエンは大手自動車メーカーの階段を順調に上がって行きました。しかし、1970年代に経営困難な状況に陥ったシトロエンはプジョーの傘下となり、自動車の基礎であるプラットフォームやエンジンをプジョーの開発、販売する車と共有するようになりました。現在でもプジョーとの関係は続いており、これからも続くことが予想されます。しかし、プジョーとは違った方向性を持った自動車作りでシトロエンは独自の個性を持ったブランドとして今でも人気の自動車メーカーです。

シトロエンが生み出した名車

シトロエンが誕生してから長い年月が経ちましたがその中で数々の名車と呼ばれる車が誕生していきました。シトロエンの生み出した数々の名車の中から一部抜き出して紹介していきたいと思います。

シトロエン・2CV

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%BB2CV

さまざまな先進性を持っていたシトロエンは当時の車作りでは考えられないようなギミックを搭載した自動車を数多く生産しており、シトロエン・2CVはその内の一つです。シトロエン・2CVが開発された時当時の車と大きく違ったギミックは駆動輪が前輪駆動であるという点です。パワーこそありませんでしたが走行性能や居住性能の高さから多くのユーザーに愛される車となりました。42年間と言う長い間製造が続けられ、387万台のシトロエン・2CVが製造されるほどベストセラーな自動車です。

シトロエン・DS

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%BBDS

シトロエン・DSもまたシトロエンを代表する自動車です。シトロエン・DSのデザイン性は人気が高く流線を意識した外観はまるで宇宙船のようだと評価されていました。公用車として使用されることも多く、フランス政府で使用されていた実績があります。また、フランス大統領が襲撃され暗殺されそうになるものの、シトロエン・DSの特殊なメカニズムのおかげで銃撃の損傷はなく危機を脱しています。

シトロエン・SM

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%BBSM

シトロエン・SMは当時業務提携をしていたマセラティ製のV型6気筒DOHCエンジンを搭載した前輪駆動のクーペです。この車はマセラティとの業務提携の関係で他の車ほど長く製造されませんでした。しかし、前輪駆動車として200km/hを超えるための実験的な車としての面影がある車でした。

シトロエンの魅力って一体どんなところ?

シトロエンは世界を代表する自動車ですがなぜここまで世界的に人気のある自動車になったのでしょうか。その人気の裏には何か魅力があるからこそ支持されているのかもしれません。

シトロエン発祥のフランスを思わせるデザイン

国産車やドイツ車が人気な日本ではまずあまり見ることのないフランスの自動車メーカーの作り出す独特の世界観を堪能することができます。今まで当たり前だと思っていたデザインとは違った作りをしているシトロエンの自動車は常識をいい意味で壊してくれます。シトロエンの作り出す自動車のデザインはシトロエンらしいデザインですが、カラーラインナップを見てもフランス車らしいカラーが揃っていて新鮮に見えます。機能だけではなくデザイン性にもこだわりたい人に向いている自動車メーカーです。

油圧サスペンションによる一味違った乗り味

自動車のサスペンションは基本的にバネを使用したものがほとんどですがシトロエンは違います。もちろん全ての車種ではありませんが油圧式のサスペンションを採用しており、従来のようなバネのサスペンションとは違った乗り味を体感することができます。油圧式のサスペンションの乗り心地は評判が良く、振動を感じさせない走りや高速運転時の安定性を期待できる性能を持っています。長距離移動する人からの支持が高く、一度シトロエンの自動車に乗ってしまうと他の車は考えられないということも考えられます。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら