時代に揉まれ国営企業から民営企業に変化したルノーはどんな自動車メーカー?

自動車を購入するとき、好きな自動車メーカーやスペックを気にしてみたり好みのデザインのものを購入したりすると思います。しかしほとんどの場合は車を購入する際にどのメーカーの車を選べばいいかわからないそんな人が多いかもしれません。初めて車を購入する方や車についてあまり知識のない方は特にわかりにくいように感じている人が多いと思われます。各自動車メーカーの生産している製品はさまざまな特徴があります。歴史も深くメーカーの歩んできた道を知ることでどのような車を世に送り出してきたのかがわかります。その各社持ち合わせている特徴を吟味し、消費者のライフスタイルに合った車を選び購入することで初めていい買い物ができるのではないかと考えています。今回は数多くの自動車の中からルノーについて紹介していきたいと思います。

ルノーとは?

ルノーはフランスのパリ郊外に本社を置いている大手自動車メーカーです。この大手自動車メーカーの傘下には、日本の大手自動車メーカーの日産や三菱自動車などが含まれており世界最大の自動車メーカーと呼ばれています。

ルノーの設立

1889年にフランス人の技術者ルイ・ルノーとその兄弟によってルノー・フレールとして設立されました。ド・ディオン・ブートン3輪車を4輪車に改造する過程で現在の駆動輪方式の後輪駆動であるFRの原型となる、ダイレクト・ドライブ・システムが発明されました。ルノーはこの駆動方式の特許を1899年に獲得しフランス中の自動車メーカーが模倣し始めました。特許が切れる1914年までの間に数百万フランを超えるほどの膨大な富を得ました。

国営化されたルノー

第一次世界大戦では戦車や装甲車などを製造したりと事業範囲を拡大していきました。その後勃発した第二次世界大戦では創業者のルイ・ルノーが工場と従業員を守るためにヴィシー政権に協力することとなりました。その結果フランス解放後に対独協力者として逮捕されてしまい失意の末、獄中で病死してしまいます。また、アメリカとイギリスの攻撃により、生産設備や販売網がほとんど崩壊してしまいます。世界大戦終結後新たにフランスの指導者となったシャルル・ド・ゴール将軍の行政命令により国営化されることとなりました。

ルノーは国営化から民営化に

1986年にはアメリカ進出の失敗による財政再建などの要因からルノーは民営化に向け動き出しました。1990年に大手自動車メーカーのボルボと資本提携することとなり、第二次世界大戦後から45年続いていた公団体制から株式会社に代わり国営の歴史に幕を閉じました。その後ボルボとの契約は解消となったもののフランス政府は株式を売却し続け1996年に完全民営化となりました。

ルノーが生み出した名車

ルノーが誕生してから長い年月が経ちましたがその中で数々の名車と呼ばれる車が誕生していきました。ルノーの生み出した数々の名車の中から一部抜き出して紹介していきたいと思います。

ルノー・8


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら