日産自動車はどんなメーカーなの?ニッサン驚異のメカニズム

人生に数回しかできない買い物の一つである車。しかし車を購入する際にどのメーカーの車を選べばいいかわからない。初めて車を購入する方や車についてあまり知識のない方は特にわかりにくいように感じている人が多いのではないでしょうか。各自動車メーカーの生産している製品はさまざまな特徴があります。歴史も深くメーカーの歩んできた道を知ることでどのような車を世に送り出してきたのかがわかります。その各社持ち合わせている特徴を吟味し、消費者のライフスタイルに合った車を選び購入することで初めていい買い物ができるのではないかと考えています。今回は数多くの自動車メーカーの中から日産について紹介していきたいと思います。

日産自動車はどんな企業?

日産自動車の設立は1933年です。それ以外の情報はほとんど残っていないのか、製造された車の情報のみが世の中に出回っています。第二次世界大戦前は日産コンツェルンという財閥の一員でした。現在使用されている日産はこの日産コンツェルンが由来とされています。日産自動車は日本ゼネラル・モーターズなどの大型乗用車を製造するためにアメリカのグラハム・ペイジから設計図などを購入したりと先進技術の吸収に積極的な企業でした。

日産自動車の歩み

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E7%94%A3%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A

設立後1958年には当時世界で最も過酷とされていたオーストラリア大陸一周ラリーに参加しました。このラリーでは自社で開発していたダットサン・210型で出場しクラス優勝を飾りました。また1960年には業界初のデミング賞という総合品質管理の進歩に功績のある民間団体および個人に与えられる賞を受賞しました。

日産の901活動

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E7%94%A3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3GT-R

1980年代に入り日産自動車は90年代までに技術力世界一を目指すという目標を立てました。全車種を対象にエンジンやシャーシ、サスペンションなどを設計し直しました。また走行実験におけるハンドリング評価基準を大幅に底上げするなどブランドの底上げに注力していました。このおかげで日本車の大幅な技術向上に貢献したことが評価されていました。

日産自動車経営危機に陥る

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E7%94%A3%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A

バブル崩壊の影響を受けて高価格で高収益を見込めるシーマやグロリアなどの高級車の販売台数が減少しました。それに加えて日産自動車は商品企画や販売戦略が苦手で上手くヒット車種を作り出せないことなどが重なり1998年には約2兆円の負債を抱えてしまい経営の危機に陥ってしまいました。

経営危機に陥って倒産寸前まで追い込まれた日産自動車は1999年にフランスの自動車メーカーのルノーと資本提携を結び傘下に入ることで立て直しを図りました。徹底的なコスト削減や新車の投入により販売台数が増え、国内シェア第2位の座を奪還しました。そして2003年に計画よりも早く負債を完済しました。

日産が生み出した名車

日産が誕生してから長い年月が経ちました。その中で数々の名車と呼ばれる車が誕生していき、数多くのユーザーを虜にしてきました。そんな数多くの名車の中から一部抜き出して紹介していきたいと思います。

GT-R

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E7%94%A3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3GT-R

GT-Rはツーリングカーレースで活躍したプリンス・スカイライン2000GT- Bの後継機として1968年に開催された第15回東京モーターショーでスカイラインGTレーシング使用を出品したのが始まりでした。この車は日産R380のエンジンGR8型をベースに開発された直列6気筒DOHCエンジンを搭載していました。この仕様のまま1969年に初代GT-Rとして販売されました。この初代GT-Rはレース用途として開発された車をベースとしているため当時生産されていた国産車の中でも高性能な車でした。自動車レースでは様々な規定がありますがこの初代GT-Rは規定内のスペックで最大限の力を発揮できるように開発されていたので出場した数多くのモータースポーツで勝利していました。

フェアレディZ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E7%94%A3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3Z


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら