チャイルドシートを前向きにするのはいつから?着けるのに一番安全な席は?

小さな子供を車に乗せる時に必ず着けるチャイルドシート。大人と体の大きさも頑丈さも違う子供の体を衝撃から守るためにも非常に重要な役割を果たしています。そんなチャイルドシートですが子供が小さい時は後ろ向きで固定し、成長するに連れて前向きにしなければいけません。それは一体なぜなのでしょうか。また、向きを変えるにあたってその時期はいつが適切なのでしょうか。今回はそんなチャイルドシートの向きを変える時期、そしてチャイルドシートを装着する席で一番安全な席は一体どこなのかについてもお話していきます。

着用が法律で義務付けられているチャイルドシート

3 自動車の運転者は、幼児用補助装置(幼児を乗車させる際座席ベルトに代わる機能を果たさせるため座席に固定して用いる補助装置であつて、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定に適合し、かつ、幼児の発育の程度に応じた形状を有するものをいう。以下この項において同じ。)を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。ただし、疾病のため幼児用補助装置を使用させることが療養上適当でない幼児を乗車させるとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない。

-道路交通法 第71条 第3項

実は上記のようにチャイルドシートの着用は法律で定められており、チャイルドシートを着けずに幼児を車に乗せると法律違反となります。ここで言う幼児とは6歳未満の子供のことで幼児補助装置とはチャイルドシートのことを指します。これに違反してしまうと、反則金や罰金はありませんが交通違反点数1点が加点されてしまいます。しかし、違反点数よりも子供の安全を第一に考えてシートベルトは着けなければいけませんね。

チャイルドシートは細かく分けて3種類

チャイルドシートは実は細かく分けて3種類あり、チャイルドシートというのはその総称となります。チャイルドシートを購入する時はこの3つの違いに気をつけましょう。

ベビーシート

一番最初に着けるのがベビーシート。これは生まれたての頃から一歳時の頃までのシートで基本的に後ろ向きに着ける仕様になっています。使える期間は短いですがベビーカーとそのまま合体させることができるものがあったりと便利な側面もあります。また、全体を包み込むような構造になっているので車に乗っている際の大きな衝撃を和らげることもできて非常に大切です。

幼児用チャイルドシート

次に着けるのが幼児用チャイルドシート。これはベビーシートが終わってから4〜5歳頃まで使うことができます。一般的にチャイルドシートと聞いて思い浮かぶのはこのタイプかもしれません。こちらは前向きと後ろ向きの兼用が多く切り替えができるようになっています。

ジュニアシート

6歳頃から11歳頃まで着けることができるのがジュニアシートです。この頃になると法律で義務付けられているわけではないので着けなくなる家庭が多くなりますが、そのまま大人が使うシートベルトと座席の位置ですとシートベルトが肩ではなく首に来てしまう可能性が高く非常危険です。このジュニアシートでもシートベルトは車に備え付けのものを使用しますが、少し座面の高さをあげて肩に来るようにしてくれるという役割があります。

後ろ向きから前向きに変える時期はいつから?

体重が10kgを超えたら


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら