赤信号でも走行可?速度無制限?海外で運転する際に特に注意しなければならない法律

日本は鉄道が大いに普及しているため車を運転できなくても、都市部で観光や生活をするのにそれほど苦を感じません。しかし、海外では違います。海外で日本ほど鉄道が普及している国はとても稀です。特にアメリカなどは運転ができなければどこにもいけないし、生活もできません。そのような国に観光や留学へ行くとなった時に、まず必要になるのは運転ができることでしょう。日本では左側通行、速度は指定がない限り60km/hが原則です。これらの原則は道交法という法律によって定められています。日本に住んでいると当たり前に思えるこのことも海外では全く異なります。海外で運転する際にその国の法律を知っていないと違反や罰金などの話ではなく重大な事故にもつながります。そこで、今回は海外で運転する際、特に注意するべき法律についてお話していきたいと思います。

海外で運転するには…

先ほど海外で運転する際に法律に注意しなければならないとお話しましたが、まず海外で運転するには何をしないといけないのでしょうか。ここでは海外で運転するためにするべきことについてお話していきたいと思います。

国際免許の取得

海外で運転するにはまず国際免許の取得が欠かせません(ハワイなど、地域によっては日本の免許で運転できます)。国際免許と聞くと試験や教習がありとても大変そうに聞こえますが、実際は試験や教習は全くなく必要な書類や手数料を免許センターなどに持っていき発行してもらうだけです。免許センターでは即日に発行してもらえます。こうしてみて見ると思ったより簡単に取れそうとみなさん思うでしょう。しかし、逆にこの簡単さが怖い面でもあります。海外では日本と道路を走る際のルールが全く違います。今まで一回もその国で運転をしたことがないのに、いきなり初めてのルールで運転をするというのは慎重に運転しなければ、うっかり日本の道路規則と同じように運転して大きな事故につながりかねません。そのようなことを避けるためにも次にお話することは重要になってくるでしょう。

海外の道交法を学ぶ

道路上のルールというのは法律であるため、その国その国によってそれぞれ違ってきます。先ほどお話したように国際免許を取得する際、試験などはないため自分が運転しようと思っている国の道路上のルールは自分で学ばなければなりません。この作業を怠ると海外で事故を起こすという最悪な事態が起こってしまうのです。日本は世界の中でも数少ない左側通行の国です。世界の大半が右側通行であるため運転しようと思っている国の法律をしっかりと学んでいないと逆走してしまうなんてこともあるかもしれません。

運転する際に特に注意しなければならない国

続いて運転をする際に特に注意をしなければならない国とその法律について紹介していきたいと思います。しかし、ここで紹介するのはあくまで一例ですのでその国で運転する際は必ず自分で詳細まで調べるようにしてください。

アメリカ

アメリカについて注意すべきことは、アメリカは州によって少しずつ法律が変わってくるため道路の法律も州ごとに調べる必要があります。その中でもアメリカ全土に共通する注意すべき規則を紹介していきたいと思います。

右側通行左ハンドル

まず何と言ってもこれでしょう、これを間違えると逆走してしまうというとんでもないことになります。また、ウィンカーとワイパーの位置も逆になっているためウィンカーと間違えてワイパーを出してしまわないように注意しましょう。日本で売っている輸入車ではウィンカーとワイパーが逆のままになっている車も多いため日本でもそのような車に乗っている人はウィンカーの問題は心配ないかもしれません。

赤信号でも右折可

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら