【後付けも可能!】おしゃれな車内の定番!アナログ時計のススメ

最近はナビが普及して、アナログの時計がなくても車内で時間が確認できるようになりました。しかし、腕時計もそうですがスマホなどで時間を確認できてもアクセサリーとして時計を着ける人は多いです。時計を着けると車内の空間もグッと高級感が増しますし、おしゃれになるので非常におすすめです。そこで今回は、そんな車内にアナログの時計がある車と後付けできるアナログ時計について紹介していきたいと思います。

高級車にありがちなアナログ時計

昔はどの車にもついていた?

現在、アナログ時計が付いている車というと高級車というイメージが多いかもしれませんが、実はそれは最近の話で昔は多くの車に標準装備されていました。冒頭でも少し話しましたが、カーナビなどが普及する前は車内で時間を確認するものがなかったのです。カーナビが初めて登場したのが1980年。ホンダがアコードやビガーに搭載しはじめたのが最初です。それ以前は多くの人たちが求めているものであり、メーカー側も当たり前のように標準装備していました。

現在もアナログ時計が装備されている車

ベントレー

言わずもがなと知れた世界でトップクラスに有名な高級自動車メーカー ベントレー 。ベントレーの車内には現在もほぼ全てのモデルでアナログ時計が装備されています。ベントレーに装備される時計はスイスの高級時計ブランド ブライトリングが製造している時計が使われており、両者のパートナーシップは17年にも渡って続いています。そして現在も17年を記念した時計を発売するなど関係は良好のようです。さらに特徴的な時計がベントレー のベンテイガというモデルのオプションで選択できる時計。その時計はブライトリング製のトゥールビヨン時計で価格はおよそ2900万円。ベンテイガ自体の価格が2800万円ほどですので、車より高い時計を車内に装備することになります。

レクサス

日本産高級車の代表格 レクサスにもほとんどのモデルにGPSによって時刻を修正してくれる時計が標準装備されています。エアコンの吹き出し口の中央に配置しており、インパネ全体の高級感をグッと上げてくれています。時計はオプションでさらに高級感のある時計にもでき、プラス10万円ほどでダイヤが散りばめられたプレミアムクロック時計にすることが可能です。モデルによって時計のデザインも少しづつ変わっているので好みの時計を探して見るのも面白いかもしれませんね。

トヨタ センチュリー

日本で一番高級な車と言っても過言ではないセンチュリーにもアナログ時計は装備されています。ここまで紹介してきた車はインパネやダッシュボードにアナログ時計を置いている車が多かったですが、センチュリーはインパネ部分ではなく、後部座席にアナログ時計が装備されています。これはセンチュリーを購入する人は運転手を雇っている場合が多く、後部座席での快適性を優先しているからです。

スズキ エスクード

最後に紹介するのはスズキのエスクード。ここまでベントレーやレクサス、センチュリーなど軒並み高級車のみを紹介してきましたが、こちらはそこまで高価ではなく一般的な価格でアナログ時計を装備しています。時計はエアコンの吹き出し口の間に配置しており、高級感をありありと出すようなデザインではなく精悍なデザインをしており、インパネ全体をすっきりとした印象に見せています。アナログ時計を装備している車がほしいけど高級車は…という方には非常におすすめです。

おすすめの後付けできるアナログ時計3選

ここまで車に元から装備されている時計について紹介してきましたが、今持っている車につけたいという人向けに後付けできる時計もあるのでここからは後付けできるアナログ時計について紹介していきます。

NUOVO 置き時計 

こちらはNUOVOの置き時計。文字盤の数字が非常に大きく描かれており、運転している最中もパッと見れば時間がわかるので非常に実用性に優れています。車意外にもキッチンやデスク周りにおいたりなど様々な使い方ができるので一つ買っておいて損はないでしょう。

追加メーター風 アナログ 3連メーター

こちらは時計、温度計、湿度計の三連がそろったメーターとなっています。色合いも赤青黒と鮮やかになっており、インパネに置くだけで車内の雰囲気がポップになるでしょう。ただ、湿度計と温度計に関しては正確に表しているものではなく、あくまで”風”ですので注意が必要です。しかし、価格も1、000円しないほどと非常に安いので、デザインが気に入って欲しいと言う人には非常におすすめです。

KINBEAR 車のダッシュボードトリム時計インテリアアクセサリー

こちらの時計はクリップがついているので、ダッシュボードの他にもエアコンの吹き込み口にも付けることができます。また、時計の文字盤の真ん中にあるロゴをアウディやホンダ、トヨタなど様々な自動車メーカーにすることができるので、自分の車にぴったりな時計をお探しの方にはもちろん、ギフト用に探している方にも非常におすすめな後付け時計となっています。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら