【後付けも可能!】おしゃれな車内の定番!アナログ時計のススメ

最近はナビが普及して、アナログの時計がなくても車内で時間が確認できるようになりました。しかし、腕時計もそうですがスマホなどで時間を確認できてもアクセサリーとして時計を着ける人は多いです。時計を着けると車内の空間もグッと高級感が増しますし、おしゃれになるので非常におすすめです。そこで今回は、そんな車内にアナログの時計がある車と後付けできるアナログ時計について紹介していきたいと思います。

高級車にありがちなアナログ時計

昔はどの車にもついていた?

現在、アナログ時計が付いている車というと高級車というイメージが多いかもしれませんが、実はそれは最近の話で昔は多くの車に標準装備されていました。冒頭でも少し話しましたが、カーナビなどが普及する前は車内で時間を確認するものがなかったのです。カーナビが初めて登場したのが1980年。ホンダがアコードやビガーに搭載しはじめたのが最初です。それ以前は多くの人たちが求めているものであり、メーカー側も当たり前のように標準装備していました。

現在もアナログ時計が装備されている車

ベントレー

言わずもがなと知れた世界でトップクラスに有名な高級自動車メーカー ベントレー 。ベントレーの車内には現在もほぼ全てのモデルでアナログ時計が装備されています。ベントレーに装備される時計はスイスの高級時計ブランド ブライトリングが製造している時計が使われており、両者のパートナーシップは17年にも渡って続いています。そして現在も17年を記念した時計を発売するなど関係は良好のようです。さらに特徴的な時計がベントレー のベンテイガというモデルのオプションで選択できる時計。その時計はブライトリング製のトゥールビヨン時計で価格はおよそ2900万円。ベンテイガ自体の価格が2800万円ほどですので、車より高い時計を車内に装備することになります。

レクサス

日本産高級車の代表格 レクサスにもほとんどのモデルにGPSによって時刻を修正してくれる時計が標準装備されています。エアコンの吹き出し口の中央に配置しており、インパネ全体の高級感をグッと上げてくれています。時計はオプションでさらに高級感のある時計にもでき、プラス10万円ほどでダイヤが散りばめられたプレミアムクロック時計にすることが可能です。モデルによって時計のデザインも少しづつ変わっているので好みの時計を探して見るのも面白いかもしれませんね。

トヨタ センチュリー

CTA画像
お店より高く売れる個人売買のAncar

出品無料でカンタン査定!まずは試しに出品してみよう

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら