原油価格とガソリン価格はどのように関係しているのか?価格はどうやって決まる?

将来ガソリンを使う車はなくなるかもしれませんが、現代で車を維持することを考えた際に「ガソリン」を無視するわけには行きません。通勤に使用するなど、車を頻繁に使用する人は特にガソリン代が気になるのではないでしょうか。1Lあたりの値段が1円変わるだけでも結構なインパクトがありますよね。さて、皆さんもご存知のようにガソリン価格は日々変動しています。ガソリンスタンドごとに対象の違いはあれど大体同じような価格帯で推移しているのですが、そもそも日々購入するガソリン代はどうやって決定されているのでしょうか。今回の記事ではガソリン価格に特に影響があると考えられる「原油価格」に焦点を当ててお話しようと思います。

ガソリンを入れるなら日曜日!価格変動の仕組みとお得な給油法

そもそも原油価格とは何か

原油価格とは読んで字のごとく、原油の価格です。では、原油とは何を指すのでしょうか。原油とは主にガソリンや軽油などの天然資源を指す言葉で、ガソリンだけでなくプラスチックなどの化学品製造使用等、様々な用途で使用されています。この原油の価格は私たちが日常的に消費する財と同じように、需要と供給で決定します。特に、産油国は世界的に鍵らており供給サイドである産油国の影響を大きく受けるという特徴があります。また、国際的にはバレルという単位で取引されており、1バレル約159Lです。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら