全ての違反金が3倍!?自動運転が普及する弊害とは

現段階では自動運転の実用化はしていませんが、近い将来自動運転が実用化され全ての車が自動化する未来が来るかもしれません。しかし、その時に現在の前方不注意やスピード違反などの違反はめっきり減っていくことが予想されます。そんな事故のない安全な世界に変化していくことは喜ばしいことです。しかし警察の収入源の一つ、罰金が無くなるとすると次の手は何であろうかと考えられます。自動運転が普及した際に新たに生まれるであろう罰則を考えていきたいと思います。

自動運転のレベルで変わる責任問題

自動運転の普及で罰則や違反は減りますがある一定のレベルを超えなければドライバーに対して罰則が与えられてしまいます。そのため、罰則を受けないためにはあらかじめ自動運転について知っておく必要があります。

運転手に責任が問われるレベル

運転手に責任が問われる自動運転のレベルはレベル4までであると考えています。現時点ではレベル4の自動運転は一般的ではなく、高速道路などの限られた場所でしか使用できません。まだ実用段階に踏み出せていないイメージの自動運転ですが、国土交通省の見解だと2020年までにはこのレベル4の自動運転が一般向けに販売される見込みであり、その実用化は目の前まで迫っています。しかし、自動運転がレベル4になっても運転手に責任が問われるのはなぜか、それは緊急時の対応問題にあると考えられます。自動運転のレベル4までは緊急時に運転手が回避行動を取るように設計されています。また自動運転を使用するのには限られた場所でしか利用することができないので完全に事故がなくなるわけではありません。

運転手に責任が問われないレベル

運転手に責任が問われないレベルはレベル5からです。レベル5からは完全に自動運転化され、運転手は必要なくなります。またレベル5の自動車からハンドルが消えることも予想されるほど完全なものです。このレベル5の自動運転技術は2025年に実用化されるという見解がありますが問題が多くあるのでいつ実用化されていくのかは予想できません。しかし、完全に自動運転化すれば人間の運転手が必要なくなり、無人タクシーなどが普及し免許を持つ人も減ることが考えられます。また、車を所有するという価値観すら薄れてくるのではないでしょうか。そんな時、道路交通法を守るべき人は運転手から誰に移るのでしょうか。

現在最も多い罰金ランキング

自動運転がギリギリ実用化されていない今の時代。運転手が起こしがちな罰則を知っておくことで、今後の交通事情の見え方が変わっていくと考えます。今回は現在最も多い交通違反を多い順に紹介していきたいと思います。

1位:スピード違反

運転免許を持っている人の3割が一度は捕まったことがあると言われているスピード違反。走行中にスピードメーターに釘付けなのも逆に危険で周りの速度に合わせて走っている人も多くいます。もちろん法定速度を守るのが一番正しい行いです。しかし、法定速度で走っていると後続車による煽り運転の原因となったり、悪いことは決してしていないのにトラブルに巻き込まれる原因となります。人間の習性的にみんながやっているからと言って流されてしまいがちですが、みんなで変われば世の中も変わると思います。スピード違反は自動運転が普及し運転手がスピードの管理をしない時代が来れば確実になくなる違反です。

2位:一時停止不停止

止まると死んでしまうカジキマグロみたいな人は一定数います。筆者もこの前一時不停止のおじいちゃんに殺されかけたので他人事ではありません。一時停止の場所では必ず止まるようにしましょう。その場所に一時停止の標識があるのは何かしらの意味があって設置されています。その意味をしっかり考えることでこの違反は減らせるのではないでしょうか。また、とても疲れていてうっかり止まるのを忘れてしまうといったことがある人はしっかり休んで運転するのを見送ることをおすすめします。この一時不停止は自動運転が普及すれば画像認識やGPSを駆使したシステムで確実になくなると言っても過言ではありません。

3位:信号無視


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら