高速道路でガス欠は違反?最長183kmもの間ガソリンスタンドが無い!

長期休暇になると帰省などで高速道路を利用する機会が増え道が混み合ったり、長距離運転する方も多いのではと思います。高速道路でのガス欠は道路交通法違反となってしまう危険性があり、事前に対策を練る必要があります。ガソリンスタンドが閉店してしまっているため、給油できない区間が長くなっている場所があり注意が必要です。無駄に違反をしてしまう前に対策方法を探っていきたいと思います。

高速道路におけるガス欠などの違反

高速道路でガス欠をしてしまうと法律違反になってしまいます。しかし、その法律についてよく知らない人もいるかもしれません。そんな高速道路における様々な法律を紹介していきたいと思います。

高速道路上におけるガス欠はどんな違反になるのか

高速道路におけるガス欠は道路交通法第75条で自動車の運転者の厳守事項違反となります。また、この道路交通法では高速道路や自動車専用の道路に侵入する際はエンジンオイルや冷却水などの確認やタイヤの空気圧や残溝の確認などが含まれており日頃からのメンテナンスが要求されています。この法律では高速道路内でガス欠を起こして停車している車は2点減点され、普通車の場合9000円の罰金が科せられます。またガス欠だけではなく、タイヤを酷使しすぎてバーストが起きてしまった場合などメンテナンス不足と見なされる場合は同じ罰則が課せられることがあります。

高速道路上における逆走は危険行為

近年話題の高齢者の逆走行為は高速道路においてどのような処罰になるのでしょうか。高速道路の逆走は道路交通法119条の通行区分違反となっており、3月以下の懲役または5万円以下の罰金となっています。もし逆走をしてしまい死亡事故を起こしてしまった場合は7年以下の懲役または100万円以下の罰金となっています。高速道路において最も危険な行為の逆走ですが詳細を見てみると以外に刑が軽いようです。もちろんケースによって罪状は変わってきます。近年自動運転の車の事故について世間で取り上げられることが多いです。しかし、最も問題視すべきことは車に乗るお年寄りの暴走では無いでしょうか。もちろん若い人でも逆走する可能性があるので道路標識に従ってしっかり運転する必要があります。

ガス欠回避不可能?長距離区間でガソリンスタンドのない地域

ハイブリット車などの普及によりガソリンの消費が昔と比べて落ち込んでいるため、ガソリンスタンドが閉店してしまうことが増えました。この影響は高速道路へも及んでおり、長い区間でガソリンスタンドが無い状況が続いています。もし、それを知らずに旅行に出かけてしまったら大変です。ガソリンスタンドの少ない区間を事前に知っておくことでガス欠を防げるのではと思います。

西紀SA~南条SA

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら