なぜパトカーは白黒?なぜランプは赤?パトカーにまつわる雑学

パトカー

警察のパトカーのデザインといえば、白黒のツートンに赤いランプですよね。

子供たちからの人気も高いパトカーですが、なぜ白と黒の色を中心としたデザインになったのでしょうか。また、ランプの色はどのように決まったのでしょうか。

今回は、パトカーが白黒のデザインになった由来やパトランプなど、パトカーにまつわる雑学を紹介していきます。

パトカーとは?

パトカーとは「パトロールカー」の略で、警察官が取り締まりのための巡回など、警察活動のために利用する自動車です。

パトカーといえば白黒のデザイン

パトカー

パトカーが白黒のツートンになった理由

日本のパトカーの起源は第二次世界大戦直後の1948~1950年頃までさかのぼります。GHQ主導のもと、日本に自治体警察が置かれるようになりました。そして、その自治体警察が使用した白一色のジープなどの車が初代のパトカーでした。

当初は街を走る車が少なかったため問題がなかったようですが、自動車の普及が進むにつれて他の一般車と区別することが難しくなったそうです。

結果として1955年ごろ、一般車とパトカーを区別をできるように白一色から白と黒のデザインになりました。ちなみに、アメリカのパトカーを参考にして白黒のツートンカラーになったようです。

当時はほとんどの道路が舗装されていなかったため、車両が汚れやすかったようです。そのため、パトカーの下半分を汚れが目立ちにくくするために黒色にしたといわれています。

日本のパトカーはアメリカの影響を強く受けているんですね。

パトカーのランプの色

パトカーのランプの色についても考えてみましょう。パトカーのランプに使われる色といえば、「赤」を思い浮かべますよね。

一方で、青いランプのパトカーを見たことがある人もいるかもしれません。

では、パトランプの色によって違いはあるのでしょうか。

パトカーのランプは基本的には赤色

赤いパトランプ

日本のパトカーのランプの色は基本的には赤色です。

日本では「道路交通法施行令」により、緊急自動車の要件として赤色の警光灯をつけることが義務付けられています。つまり、緊急車両として使われるパトカーは、法律で決まっているため赤い警光灯をつけているのです。

緊急車両の警光灯に使われる色が「赤」になった理由については、「赤」は世界的に危険や警告を示す色として使用されていたからだと考えられます。

「赤」は人の血の色であり、危険を連想する色です。そのため、注意を引きつけやすい色でもあります。世界中の信号では「止まれ」などの警告の指示として「赤」が使われています。

このように、注意を引きつけやすく危険・警告を連想させる色であるため、「赤」が使われるようになったと考えられます。

青色のランプのパトカーは警察ではない

しかし、例外もあります。防犯活動が認められた団体は青色のランプを使えるようになっています。つまり、青色のランプは自主的にパトロールや巡回をメインに活動している車両につけられています。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら
パトカー