ガソリンが高くなる原因の二重課税はなぜ無くならないの?

かつては100円/Lもしなかったガソリンですが現在では150円近くまで値上がりしています。もちろん様々な原因がありますが、ガソリンの価格のほとんどは税金が占めています。他の製品にかけられている税金の大きな違いは二重課税である点です。そんなガソリンの二重課税が無ければガソリンの価格は大きく下がることが予想されますがこの二重課税はいつまで続くのでしょうか。

二重でかけられる税金は一般の税金と比べてどのように違うの?

ガソリンだけでは無くタバコやお酒など一般の物品と違い2回税金を払っている通称二重課税という現象がおきるものがあります。なぜ一部の物品に対して2つの税金を払う必要があるのでしょうか。

ガソリンにかかっている税金解説

ガソリンには2種類の税金がかかっており、石油税とガソリン税を足した数に消費税がかけられます。石油税は石油会社がガソリンを取引した際に発生する税金で、ガソリン税は石油会社がガソリンスタンドと取引する際に上乗せしています。どちらの税金も取引で発生したコストとして価格に上乗せされ、その価格に消費税がかけられます。そのため二重課税とは言えません。

ガソリンよりも軽油が安いのは物価よりも税金が関係している?


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら