ガソリンが高くなる原因の二重課税はなぜ無くならないの?

かつては100円/Lもしなかったガソリンですが現在では150円近くまで値上がりしています。もちろん様々な原因がありますが、ガソリンの価格のほとんどは税金が占めています。他の製品にかけられている税金の大きな違いは二重課税である点です。そんなガソリンの二重課税が無ければガソリンの価格は大きく下がることが予想されますがこの二重課税はいつまで続くのでしょうか。

二重でかけられる税金は一般の税金と比べてどのように違うの?

ガソリンだけでは無くタバコやお酒など一般の物品と違い2回税金を払っている通称二重課税という現象がおきるものがあります。なぜ一部の物品に対して2つの税金を払う必要があるのでしょうか。

ガソリンにかかっている税金解説

ガソリンには2種類の税金がかかっており、石油税とガソリン税を足した数に消費税がかけられます。石油税は石油会社がガソリンを取引した際に発生する税金で、ガソリン税は石油会社がガソリンスタンドと取引する際に上乗せしています。どちらの税金も取引で発生したコストとして価格に上乗せされ、その価格に消費税がかけられます。そのため二重課税とは言えません。

ガソリンよりも軽油が安いのは物価よりも税金が関係している?

軽油の場合はガソリン税の代わりに軽油取引税というものがあり、石油会社がガソリンスタンドに軽油を卸す際に発生する税金でガソリンスタンドが納めます。そのため消費税をかけてしまうとガソリンスタンドが二重で税金を納めてしまうことになるので軽油には消費税がかかっておらず、価格がガソリンよりも抑えられています。

消費税にガソリン税。実は二重課税と認識されていない

世の中考え方によって善悪が変化したり、視点をどこに置くかによって物事のあり方が変わることがあります。この二重課税もその一つだと思います。結果的に消費者が払っている税金が減る可能性はあるのでしょうか。

これから先、二重課税廃止はあり得るの?

実質二重課税となっている原因のガソリン税を無くそうとする動きが2007年の国会でありした。しかし、実質ガソリン税が軽減される事がなく現在でもガソリン1リットルに対して多額の税金がかけられています。ガソリン税の税収は他の税収と比べても大きなものであり、重い税金でもあります。現在この税金を避けるためには電気自動車を活用する他ありません。しかし、ガソリン税という大きな税収が無くなった次の手として新たに税金が増える可能性があるので安心はできません。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』