家でできる車の点検!日常点検、車の周り編【ベテラン整備士が教えます!】

毎日新型ウィルスの報道ばかりが流れてとても不安な日々を過ごしていると思います。

全国的に自粛制限が出されお家にいなければいけない間にお車の日常点検に挑戦してみるのはいかがでしょうか。本来は日常点検は使用者の義務となっておりますが、なかなかじっくりと自分の車を点検する機会はないかも知れません。時間のある今、色々見てみると発見があるでしょう。収束されて旅行やドライブに出掛けられる日を楽しみにお車のメンテナンスをしてみましょう。

国土交通省から提案されている日常点検チェックシートに基づいて今回は車の周りを点検してみます。

ライトの点検

まずはライトです。ライトにはフロント部分にヘッドライトとスモールランプが付いています。スモールランプは車幅灯とも呼ばれています。ライトはハイビーム、ロービームが点灯するか確認します。もしもどれかが切れてしまっていたらとても危険です。切れている場合は交換しましょう。ライト類は量販店でも販売しておりDIYで交換する人も多いかと思います。ライトの交換は意外に簡単ですが、ボンネットを開けてライトの裏側を見てみるとコードやカバーなど色々あって不安になるかもしれません。手順を踏めばとても簡単ですが、自信の無い場合は整備工場などで交換してもらいましょう。ウインカーも右と左が点滅するか確認します。後部に回りブレーキランプ、テールランプ、バックランプ、ウインカー、ハザードなど全て点灯するか確認します。お一人では難しいので御家族や友人に見てもらうのがいいと思います。

後方のライト確認

ブレーキランプはブレーキを踏んだ時に点灯するもの、テールランプはヘッドライトを付けた時に同時に点灯するものです。忘れがちなのがナンバー灯です。テールランプの点灯と同時にナンバーを照らす位置にある小さなライトです。切れていると気づかない事が多いのでしっかりチェックしておきましょう。どのランプが切れていても危険ですし、違反となります。点灯しない場合は速やかに交換しましょう。

タイヤの点検

次にタイヤをチェックします。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら