ランボルギーニとは?ランボルギーニ・ウラカンとアヴェンタドール、7項目分の年間維持費

誰もが羨むスーパーカーの代表と言えばランボルギーニでしょう。このラグジュアリーの象徴であるランボルギーニですが、実際に所有した際の維持費などあまり知られてはいません。今回はその知られざるランボルギーニの維持費について詳しく見ていきます。

ランボルギーニとは?

ランボルギーニは、イタリアの名門自動車メーカーであり世界的に有名な高級スポーツカーを製造しています。創業者であるフェルッチオ・ランボルギーニが創業当初はトラクターを製造していましたが、その後スポーツカーの製造を開始します。今では世界的に確固たる地位を確立したラグジュアリースポーツメーカーです。

ランボルギーニ・ウラカン

それでは具体的にランボルギーニの車種を見ていきましょう。まずはランボルギーニ・ウラカンです。ランボルギーニ・ウラカンは、従来のデザインを踏まえながらもより洗練されたものであり、その後もオープンカーモデルのスパイダーや最新モデルのEVOなど展開しています。ランボルギーニ・ウラカンは、年代を超えて今も進化し続けるランボルギーニの代表モデルです。

アヴェンタドール

ランボルギーニのもう一つの代表モデルが、アヴェンタドールです。現在ではこのアヴェンタドールをベースにしたアヴェンタドールSが製造・販売されています。車名はスペインの闘牛名にちなんだものです。特徴は何といってもその美しい流線形と、人目を惹くガルウイングドア(鳥の羽の様に上下に開閉するドア)で、世界のスーパーカーを代表する車種です。

ランボルギーニの年間維持費7項目

ランボルギーニが高級スポーツカーであり、その購入価格は誰もが高額なものだと想像できるでしょう。しかし、購入後の維持費についてはあまり知られていません。通常の自家用車程度の維持費でしょうか。あるいはスーパーカーとして遜色ないような高額な維持費がかかるのでしょうか。今回は、ランボルギーニを所有した際の維持費用として、保険料やガソリン代、メンテナンスなどの主な7項目に区分して見ていきます。

ランボルギーニ・ウラカンの維持費

ここではランボルギーニの車種ごとにその詳細な維持費を見ていきます。まずはランボルギーニ・ウラカンの維持費です。どの車にも、使用した年月や距離によって部品の交換や車体の検査が必要になる項目があります。スーパーカーは、一般の車種に比較しても馬力が強大であるため、交換パーツの多さや交換頻度の短さなどによって安全に配慮されているのが特徴です。

維持費1:自動車税

まずはランボルギーニ・ウラカンの自動車税です。ランボルギーニ・ウラカンの排気量は5,000cc超です。これは自動車税の算定で総排気量が4,500cc超6,000cc以下に該当します。よって2019年10月1日以降に購入したものだと自動車税は87,000円となります。これは自家用車では2番目に高額なものとなります。

維持費2:ガソリン代

それではランボルギーニ・ウラカンの維持費において、大きな割合を占めるガソリン代を見ていきます。ランボルギーニ・ウラカンの燃費はおよそ7km/L前後だといわれています。一般のハイブリッド車が30km/Lを軽くオーバーしている時代ですので、この燃費はかなり悪い数値でしょう。さらに、基本的にスーパーカーであればハイオクガソリンを使用します。こうした側面も考慮する必要があります。

維持費3:保険代

次にランボルギーニ・ウラカンの維持費において、重要となる保険の金額を見ていきましょう。自賠責保険は2020年4月から金額が引き下げられ、2年間で2万1550円となります。一方、任意保険についてはランボルギーニ・ウラカンは高級車のため、保険料は通常よりも高額です。保険料は保証の範囲や等級、条件によって大きく異なりますが、その費用は最低でもおよそ20万円前後は年間で必要だと考えておきましょう。さらに保険契約時に、保険会社からは、オーナーの職業や保管場所などについて詳細に聞かれる場合があります。スーパーカーならではの対処が必要とされるでしょう。

維持費4:メンテナンス費用

ランボルギーニ・ウラカンも一般の自動車と同様に定期的なメンテナンスを必要とします。しかしそのメンテナンス費用も一般車に比べると高額になります。オイル交換だけでもおよそ3万円前後、パーツ交換などがあれば12ヶ月点検であっても約20万円~50万円の費用がかかるのが一般的です。それに加えて2年に一度、車検で最低40万円ほどかかります。

維持費5:パーツ交換費用

高馬力のスーパーカーであるランボルギーニ・ウラカンを維持するうえで、安全面から見てもパーツ交換は重要だといえます。すり減ったままのタイヤで走行すると、高馬力のランボルギーニを制御できなくなる可能性も出てきます。そのため、絶対的に必要なパーツ交換ですが、タイヤなどのパーツ交換だけでも数十万円はかかる場合があります。

維持費6:車庫費用

ランボルギーニ・ウラカンの維持費用として見逃せないのが、その保管場所であるガレージ費用です。小型の軽自動車と比較しても、ランボルギーニ・ウラカンの横幅はかなり大きなものになります。また、高級車ですので当然屋根付きの設備あるガレージに保管しておきたいところです。こうなるとガレージの確保として広めの場所が必要となり、オーナーとしてはその維持費が必要となります。

維持費7:洗車費用

最後にランボルギーニ・ウラカンの維持費用として念頭に置きたいのがその洗車費用です。ランボルギーニ・ウラカンをはじめとするスーパーカーを一般的なコイン洗車機場やガソリンスタンドではほとんど見かけません。これには理由があり、ランボルギーニなどのスーパーカーは扱いが難しく、慣れていないとその洗車も困難な場合があります。こうしたことを考慮するとオーナーとしては専門の業者などに洗車を任せるのが安心ということになり、必然的に洗車費用も高額になるのです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら