【ポルシェ ボクスター】スペシャルなスポーツカーの維持費について

ポルシェのボクスターというと憧れのスポーツカーという印象ですが、憧れだけで終わらせてしまうのはもったいないです。ミニバンや軽自動車、低燃費車などは生活に必要な乗り物ですが、ポルシェのボクスターは絶対に必要なものではないです。なので、まずはそこを解決していきましょう。

ポルシェ ボクスターとは

ポルシェボクスター画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-boxster-models/

ポルシェという名前は車に詳しくない人でも一度くらいは聞いたことがあるはずです。ヨーロッパのスポーツカーの中ではトップクラスの人気と信頼度を誇り、ステータスも抜群です。ボクスターはポルシェの中ではどちらかというと入門編のような車種で、カジュアルに乗りこなすことが出来ます。日本では大排気量のスポーツカーがあまり生産されていないので、ポルシェのような大排気量のスポーツカーの存在は貴重です。ボクスターは軽い車体に3000ccクラスのパワフルなエンジンを積んでいます。アクセルを踏むと体がシートに押さえつけられるような感覚になり、あっという間に加速していきます。国産のスポーツカーよりもパワーがあり、アメリカのスポーツカーよりも繊細な走りを得意としています。車で大事な曲がる、止まるという性能も非常に高いです。コーナリングは重心が低く、安定感があり、路面に吸い付くような素晴らしい走りをしてくれます。ブレーキの性能も抜群で、スピードを出し状態で強くブレーキを踏み込んでも車体がぶれることはなく、安全に停止することが出来ます。

ボクスターの維持費を考える

自動車税、重量税について

自動車は購入してしまえば終わりではなく、そこから色々な費用が発生します。走行できる状態の車を手元に置いておくだけでも自動車税というものが掛かります。自動車税は排気量によって金額が設定されていて、ボクスターの場合は39,500~51,000円程度です。この自動車税は毎年5月に支払わなければいけないので、自動車を所有している人は支払い義務が発生します。重量税は車検の時に支払う税金で、車の重量に応じて金額は変動します。自動車税は車のオーナー自身が支払うのですが、重量税の方はほとんどの場合ディーラーや販売店などに車検費用としてまとめて請求されることが多いです。

都内在住だと駐車場代が維持費の中でのウエイトが大きくなる

自動車を維持していくには税金以外にも支払う必要があるものがたくさんあります。まずは車を駐車しておくための駐車場です。自宅に庭があり、ガレージがある人は無料で車を駐車しておくことができますが、マンション住まいや賃貸物件住まいの方は月極め駐車場を契約しなければいけません。駐車場はエリアによってまったく相場が違いますが、都内などは高めに設定されているので、結構な出費になります。都内に住んでいる人が車を所有しない理由の一つに、駐車場の問題が挙げられます。しかも、都内の場合はどこへいくにも有料駐車場に車を停めなくてはいけません。そのたびに数百円から数千円が必要になります。

ポルシェのボクスターにかかる税金以外の維持費

税金以外の維持費について

電気自動車などの新しいエネルギーを使う自動車以外は、基本的には走るためにガソリンが必要になります。ガソリンの価格は常に変動していますし、毎月走行距離なども違うので月々にいくらくらいのガソリン代が掛かるのかは分かりませんが、自分の車の燃費と走行距離が分かれば大体のガソリン代は計算することが出来ます。1リッターあたり100円で、燃費が10km/L、走行距離が毎月1000kmであれば、ガソリン代は毎月10000円という計算になります。ポルシェボクスターの燃費は1リッターあたり大体8~12kmと言われています。ハイブリッドカーと比較すると燃費は悪いです。

ポルシェのボクスターの燃費について

ポルシェのボクスターに入れるガソリンはハイオクです。燃費は1リッターあたり大体8~12kmです。ハイブリッドカーの燃費が30kmを超える今の時代では燃費が良いとは言えないです。しかし、スポーツカーというカテゴリに当てはめて考えるとそこまで悪い数字ではありません。毎日の通勤で使用するにはガソリン代がもったいないですが、休日のドライブや旅行で使用するのであれば十分な燃費です。お金に余裕がある人は、メインに燃費が良くて実用的な車を一台所有して、セカンドカーとしてポルシェのボクスターを所有すると充実したカーライフを送ることが出来ます。

 

気になる故障とアフターケア

ポルシェボクスター画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-boxster-models/

ボクスターに多い故障やトラブル

ポルシェのボクスターは外国車です。国産車であればすぐに部品が手に入るのに、外国車の場合は本国から取り寄せないと在庫がないということがありえるということを理解しておかなくてはいけません。また、一般的なカーショップや修理工場などではポルシェのような高級外車を受け入れてくれないところもあります。なので、中古車の購入を考えている人は、その後の修理、点検を任せることが出来るところを見つけておきましょう。ボクスターに多い故障は電装系、幌の劣化などです。幌の劣化は見た目ですぐに分かるので、気になるのであれば交換すればよいです。そこまで故障が多い車ではないので過度な心配は必要ないでしょう。

大事なタイヤも消耗品です

外車でスポーツカーというと故障が多いイメージがありますが、ポルシェのボクスターはそこまで故障しないです。しかし、ポルシェのようなスポーツカーにはよくあることですが、タイヤの減り方はリアタイヤの方が早いと言われています。ボクスターの性能を十分に活かすにはタイヤには絶対にこだわった方が良いです。インターネットなどを見ていると格安の輸入タイヤなどが販売されていますが、ボクスターにはあまり履かせない方が良いでしょう。タイヤの質が低下すると、ボクスター本来のコーナリング性能や加速力などが低下する可能性があるからです。なるべくメーカーが指定するタイヤを使用して、本来の軽快な走りを楽しみましょう。

まとめ

ポルシェのボクスターはスペシャルなスポーツカーというカテゴリの中では維持費が安い方です。輸入車が初めての方、スポーツカーが初めての方にもお勧めできるスポーツカーと言えます。しかし、ハイブリッドカーやコンパクトカー、電気自動車などが普及している昨今の日本の基準で考えると燃費は良くないです。最終的には車に求めるもので所有する車を決めれば良いです。燃費を最優先に考えるのであれば低燃費車、走行性能を求めるのであればポルシェのボクスターのような車を購入すれば満足度は高いです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら