アイドリングストップ搭載車はバッテリー交換時期に注意!

アイドリングストップ車はバッテリーには厳しい環境

停止するたびエンジンが停止、発進時には始動を繰り返すアイドリングストップ車。エンジン始動時には大電力が必要になるので、負荷がとてもかかります。
電力消費で負荷をかけたにも関わらず、渋滞時などエンジンがかかっている時間が少ないと、バッテリーが上がってしまうのではないかと心配になりますよね。

アイドリングストップ車が無い時代には、手動でアイドリングストップをしていた人もいました。その中にはうっかり再始動ができないほどバッテリーを放電させてしまう人も…
トラブルが怖いので、アイドリングストップ機能が付いていてもOFFにしている人も多いでしょう。

実際には、メーカーもそうしたトラブルは織り込み済みなので、バッテリーの充電量はしっかり管理されており、エンジンの再始動が困難なほど消耗したバッテリーや、あるいは暖房時など極端に電力消費が大きい時には、アイドリングストップしないようになっています。

また、最近では昔のように「セルモーター」と呼ばれるエンジンスターターを使わず、発電機をバッテリーで回してエンジンを始動するなど、抵抗や騒音を低減する仕組みを採用した車種も増えているのです。

それだけ、アイドリングストップ車の電力消費とバッテリー消耗には、メーカーもユーザーも、誰もが気を使っているということですね。

「充電制御車」による過酷なバッテリー管理

また、最近の車はアイドリングストップ機能の有無に関わらず「充電制御車」と呼ばれる、昔とは発電/充電システムが異なる車がほとんどになっています。

昔ながらの発電/充電システムですと、「オルタネーター」と呼ばれる発電機を常時稼働して充電を行い、バッテリーが満充電になっても常にフル稼働してバッテリーを満充電に保ち、あるいはバッテリーの電気を使わず発電した電気をそのまま使うような仕組みでした。

しかし、この方式ですと常に発電しているためエンジンの力が常に一定以上必要になり、燃費に良くありません。

そのため、最近の「充電制御車」では、バッテリーに一定以上充電されればエンジンによる発電を停止してバッテリーの電気を使い、ある程度電気を使ったらまた発電して充電するという繰り返しになっています。

これにより、発電時間を短くしてエンジンにかかる力を減らすことで、燃費を向上させようというのが狙いです。

ただし、この方式は充電と放電(電力消費)を短時間に繰り返すため、バッテリーへの負担が大きいため、昔ながらのバッテリーでは寿命が極端に短くなります。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら