アイドリングストップ時代のバッテリーに、最適化モデルはあるのか?!

自動車用バッテリーが今、新たな試練にさらされている。高度な電子制御化や家電化による電力消費量の増大、繰り返されるアイドリングストップからの再始動で酷使されるバッテリー。
旧時代の通常車、アイドリングストップ標準のエコカー、それにハイブリッドモデルやエネチャージなど最先端のモデルも含めて、市販バッテリーで最適モデルを探る!


ある整備士の不安

最近、バッテリートラブルで整備工場やショップに持ち込まれる車が増えているそうです。

共通しているのは、その大半が「アイドリングストップ車」であること。

渋滞の激しい日本の都市部では、頻繁にストップ&ゴーを繰り返します。

ラッシュアワーや行楽地の渋滞などであればなおさらです。

だからこそ燃費改善のためにはアイドリングストップは有効ですし、メーカーも盛んにそれを宣伝しては、多くの車にアイドリングストップが設定されるようになりました。

しかし、頻繁にアイドリングストップをするという事は、頻繁にエンジンの再始動をするという事でもあります。

エンジンの始動には瞬間的に大きな電圧が必要で、バッテリーには十分な充電が必要ですが、エンジンが止まっている車は発電ができません。

この矛盾が災いしたのか、最近はバッテリー上がりが増えているという話が出ています。

解決策の例が、スズキの「エネチャージ」と「S-エネチャージ」

もちろん自動車メーカーもただ手をこまねいているわけではありません。

解決策として具体的な一例が、CMでもよく目にするスズキの「エネチャージ」です。

エンジンが止まる事で充電のための発電が十分にできないというならば、オルタネータ(発電機)を高出力・高効率なものに交換し、減速時にのみ作動させる事でオルタネータの負荷増大による燃費の悪化を防ぎつつ、減速時には一気に充電できるようにしています。

さらにバッテリーを一般的なホームセンターでも売っているような鉛バッテリーだけでなく、プラグインハイブリッド車にも使われている高性能リチウムイオンバッテリーと合わせて搭載。

電力を使う機器はこの2つのいずれかから電力を供給される事により、バッテリー一つあたりの負荷を減らし、エンジンのスターターモーターを始動できないほどにバッテリーが弱る事を防いでいます。

さらに発展型の「S-エネチャージ」ではリチウムイオンバッテリーを使って発進時にオルタネーターをモーターとしても使う事でモーターアシストを行い、さらに負荷低減に役立てているのです。

アイドリングストップ車用バッテリーもあります

さらに、通常の鉛バッテリーそのものもアイドリングストップ車用が発売されています。

前述のバッテリートラブルの中にはもちろん純正バッテリーのトラブルもありますが、それが上がったからとホームセンターで適当なサイズのみ合うバッテリーに交換してしまった例も見受けられます。

かつてアイドリングストップが無かった時代の車ならそれでも良かったのですが、短時間で充電と放電を繰り返すアイドリングストップ車のバッテリーは負担が激しく、通常の鉛バッテリーでは極端に寿命が短くなり、必要な電圧を得られなくなってしまうのです。

そのため、アイドリングストップ車用のバッテリーは耐久性を重視するだけでなく、通常のバッテリーよりも大容量オルタネーターなどから急速充電を受けるため、「充電受入性能」が高いものが登場しています。

そのバッテリーは通常のものより高価ではありますが普通に販売されており、箱に「アイドリングストップ用ロングライフ」などと明記されていますから、自分で交換する場合には注意して購入しましょう。

また、やむをえず通常タイプのバッテリーを購入する際には、あくまで間に合わせと考えて、すぐにアイドリングストップ車用に交換するのが無難です。

各社のアイドリングストップ車用バッテリー

現在のところ、バッテリーメーカー各社からは以下のようなアイドリングストップ車用バッテリーが販売されています。
(順不同・あくまで一例で、これが全てではありません)

・パナソニック:caos Pro(カオス プロ)
・古川電池:ECHNO IS(エクノ アイエス)
・ジーエス・ユアサ:ECO.R LONG LIFE(エコアール ロングライフ)
・日立化成:Tuflong Premium(タフロング プレミアム)
・ボッシュ:BLACK-AGM(ブラック エージーエム)
・ボッシュ:ハイテックプレミアム

いずれも急速充電に対応した充電受入性能と耐久性が売りになっています。

中には「ECHNO IS」のように、」バッテリーの中に、低容量ながらも急速充電に適した「キャパシタ」と呼ばれる電気を一時的に貯めておく装置を仕込み、急速充電された電気をスターターモーターを回すような高電圧が求められる時に使用するものまで登場しています。

昔と違って自動車は複雑な制御を伴いますし、多数の電子制御された電装品を装備するようになりました。バッテリーも昔のままでは十分な威力を発揮できませんので、最新の技術を使ったバッテリーで快適なカーライフを送れる様にしましょう。

進化の途上にあるエコカーではバッテリーも常に新型モデルの開発が進んでいるので、日ごろの情報収集もとても大事ですよ!

バッテリー交換時に、最適なモデルがわからない場合は、一度お近くの整備工場に相談するのも良いと思います。Repeaではあなたの「お住いの地域」、「車のメーカーなどの情報」を入力して頂くだけで、お近くのあなたの要件にあった最適な整備工場をご紹介いたします。Repeaは下記リンクよりご利用いただけます。

https://repea.ancar.jp


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら