ホイールアライメント調整のススメ|ベテラン整備士が教えます!

ホイールアライメントとは

ホイールアライメントは、足回りのバランスの総称で、それらは以下のような用語で区別されています。 ・キャンバー ・キャスター ・トーイン トーアウト ・ターニングラジアス 何やらカタカナで解りにくいですが、これらすべてを適切に配置した状態が「新車」の状態と言えます。 まさに歪みの無い適切な状態と言う事です。 ではなぜ、歪みがうまれるのでしょうか? 車のボディーはモノコックフレームといって一体構造となっております。 この構成を支えているのが、合成金属なのですが、どうしても金属なだけあって「歪み」が生じてきます。 まとめると新車の状態といえども、走行すればする程バランスにずれが発生すると言えます。

アライメントが狂う、そのデメリットとは

自動車の足回りに対する「ずれ」は、タイヤの偏摩耗として現れます。 例えば、タイヤの向きが外開きになっていれば、タイヤの内側から、摩耗していきます。 要は「タイヤの接地面積」や「タイヤの引きずり」が発生してしまい、走行に悪影響を及ぼすことになります。 特に※ハンドルセンターがずれてしまい、真っすぐ走る事が出来ない要因となるのも、このバランスの乱れが元となります。

調整は整備工場で行ってもらう事が出来る

日本には、車検制度が導入されているので、2年に1度調整出来る機会ありますが、最低でも1年に1度行う事で、バランスを保つことが可能です。 アライメント調整を行う事で、タイヤの寿命や燃費の向上は勿論ですが、無理な負荷を車自体に強いる事がボディーの歪みをある程度抑制する事が可能です

いかがでしょうか? 年に一度程度の点検で、愛車の寿命や燃費まで良くなるとなると見ないふりはできないのではないでしょうか?

Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら