【何かわかりますか?】スズライト、コークボトル、47万円/麻美アルト、横丁小町、マー坊(今さら聞けない車の愛称略語)

クルマオタクの略語知識、車名愛称編。今回はかつてさまざまな愛称があった、過去の軽自動車について、CM戦略などで愛称の多かったスズキをまず紹介します。


スバル360より早い初めての実用軽自動車、「スズライト」

軽自動車と言えば規格制定以来、さまざまな零細メーカーが登場しては消えて行き、1958年のスバル360が初の実用量産軽自動車と思われがちですが、実はそれ以前にスズキが1955年に発売してた「スズライト」が初でした。

3種類販売されたボディのうち、セダンの「SS」とピックアップ「SP」は早々に姿を消してライトバンの「SP」のみとなり、1959年には後継のライトバン、スズライト「TL」がデビューします。

一方のセダンも1962年にスズライト「フロンテ」がデビュー、商用車もスズライト「キャリィ」から「フロンテバン」へと引き継がれていきました。

その中でも初期のフロンテまでの軽乗用車は商標でもある「スズライト」が車名より愛称的な意味合いで呼ばれており、60年代を通してコロコロした小さな車体は「スズライト」と呼ばれました。

それが本来の「フロンテ」として定着するようになるには、フロンテ自体に個性的なモデルが登場する1970年代に入ってからとなります。

流麗なスタイルでスズライトのイメージを脱却したフロンテ「コークボトル」

イギリスのミニを凡庸にしたようなデザインの「スズライト」のイメージは初代スズライト(スズキ)フロンテまで続きましたが、そのイメージを払拭したのが2代目フロンテです。

丸みを帯びながらスバル360のようにコロコロとはせず、むしろ伸びやかで流麗な「コカコーラ」の瓶のようなスタイルと評判になった事から「コークボトル」と呼ばれました。

旧車マニアにとってもボディラインの美しさから垂涎のモデルですが、ホンダN360に対抗したパワーウォーズの中で31馬力にチューンアップされたフロンテSSは、低速トルクがスカスカの高回転型2サイクルエンジンで、扱いが難しい事でも知られています。

驚異的な低価格がそのまま愛称となった「47万円アルト」

第1次パワーウォーズの狂騒からオイルショック時代の大幅パワーダウンによりすっかり人気を無くしていた軽自動車に猛烈な旋風を巻き起こしたのが、1979年デビューの初代スズキ アルトです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら