【スパークプラグの違い】加速と低燃費を手に入れる選び方

愛車の「スパークプラグ」見たことありますか?エンジンルームを開けて専用工具を使わないと外すことができないので、なかなか見ることはないと思います。ですが、スパークプラグは消耗品です。さらに、このスパークプラグの劣化はエンジンの不調に直接関わってっきます。ということは、スパークプラグを賢く選んで、より愛車に合うものを選べばエンジンの性能が向上するということです。ぜひ、スパークプラグの種類と選び方を知ってさらなるエンジン性能を手に入れましょう。

スパークプラグの役割と代表的な不具合

 

スパークプラグは点火プラグとも呼ばれる通り、ガソリンにスパーク(火花)で点火するパーツです。つまり、スパークプラグがないとエンジンが動かないということです。ちなみに、ディーゼルエンジンはスパークを必要としないため、スパークプラグが付いていませんが、エンジンの始動を補助するグロープラグというものが存在します。また、当然ですが電気自動車にもありません。

絶対に欠かせないけど消耗品

スパークプラグはガソリン車に必要不可欠なものですが、定期的な交換が必要なパーツです。走行環境や車種などによっても変わってきますが、交換時期はだいたいこのように言われています。

普通車 一般プラグ20,000km 白金・イリジウム20,000km 長寿命タイプ100,000km

軽自動車 一般プラグ10,000km 白金・イリジウム10,000km 長寿命タイプ50,000km

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら