【スパークプラグで差をつけろ】加速と低燃費を手に入れる選び方

愛車の「スパークプラグ」見たことありますか?エンジンルームを開けて専用工具を使わないと外すことができないので、なかなか見ることはないと思います。ですが、スパークプラグは消耗品です。さらに、このスパークプラグの劣化はエンジンの不調に直接関わってっきます。ということは、スパークプラグを賢く選んで、より愛車に合うものを選べばエンジンの性能が向上するということです。ぜひ、スパークプラグの種類と選び方を知ってさらなるエンジン性能を手に入れましょう。

スパークプラグの役割と代表的な不具合

 

スパークプラグは点火プラグとも呼ばれる通り、ガソリンにスパーク(火花)で点火するパーツです。つまり、スパークプラグがないとエンジンが動かないということです。ちなみに、ディーゼルエンジンはスパークを必要としないため、スパークプラグが付いていませんが、エンジンの始動を補助するグロープラグというものが存在します。また、当然ですが電気自動車にもありません。

絶対に欠かせないけど消耗品

スパークプラグはガソリン車に必要不可欠なものですが、定期的な交換が必要なパーツです。走行環境や車種などによっても変わってきますが、交換時期はだいたいこのように言われています。

普通車 一般プラグ20,000km 白金・イリジウム20,000km 長寿命タイプ100,000km

軽自動車 一般プラグ10,000km 白金・イリジウム10,000km 長寿命タイプ50,000km

この数字は結構ギリギリまで使い切ることが前提の数字です。渋滞でアイドリングが多い場合は走行距離以上にエンジンを回転させているので劣化も早くなります。エンジンの不調を感じたら交換を検討することをおすすめします。

カブリと焼け、こうなったら交換時期

具体的な不具合は「カブリ」と「焼け」「消耗」です。「カブリ」とはプラグにガソリンの燃えカスであるカーボンが被ってしまうことです。カーボンが付着してスパークが飛びにくくなるので、症状としては失火が起き、始動困難やアイドリング不調、燃費の悪化などエンジンの性能全般が低下します。「焼け」はその名の通りプラグが焼けすぎです。温度が上がりすぎて燃焼異常が起きてプラグが融解し、エンジンの損傷を招きます。「消耗」はプラグが徐々に細く消耗していくことです。感覚としては電球みたいなものですね。プラグが細くなると点火が不安定になるため、「カブり」と同じような症状が出ます。

このような症状は実際に目で見てみないとわからないのが難点です。とにかく、エンジンの不調はこのスパークプラグの不調であることが多いため、まずはスパークプラグを確認してみましょう。あとは、高い回転数でエンジンを回し続けてカブリを焼き飛ばしてしまうという方法もあります。ただし、法定速度は守ってくださいね。高速道路で低いギアで走行してみるとカーボンが焼けて調子がよくなるということがあります。

スパークプラグの種類と選び方

エンジン性能に大きく関わるスパークプラグですが、どのような種類があるのでしょうか。プラグにはそれぞれ特徴があり、プラグだけでも走りが変わってきます。逆に、愛車に合わないものを選んでしまうと不調や故障の原因にもなります。特に、型や寸法などは必ず調べてから選ぶようにしましょう。種類に関しては迷ったらイリジウムでいいと思います。

意外とあるスパークプラグの種類

レジスタープラグ

一般的なスパークプラグで、点火ノイズを抑えるためにセラミック抵抗体が内臓されています。比較的安価ですが、耐久性や燃費などは上位のプラグに劣ります。

グリーンプラグ

電極の先端にV字の溝があるプラグです。V字の先端の細い部分からスパークするため炎が消えづらく、着火性が高くなっています。そのため、一般的なプラグに比べてエンジンの始動性や燃焼効率が向上しますが、白金やイリジウムには劣ります。

多極プラグ

複数の電極があるプラグです。電極が多いので、その分消耗が分散されて耐久性が上がります。また、カーボンが堆積しづらくしたり焼き切れるようになっている形状のものもあります。

イリジウムプラグ

一般的なプラグに比べて電極が細く、確実にパワーのあるスパークを生み出します。一般プラグに比べて耐久性があるのも特徴です。エンジンの始動性がよくなり、パワーの向上が期待できます。加速や燃費を気にする人ならこのイリジウムプラグを選ぶとよいでしょう。最近は新車に使われていることも多いようです。まずはイリジウムに変えろという風潮もありますよね。

白金プラグ

イリジウムプラグと同じように耐久性と燃焼効率が高いプラグです。イリジウムプラグと比べると燃焼効率はやや劣ります。

ネジリーチと突き出し寸法を確認

スパークプラグはネジのように差し込むのですが、そのネジの長さは車種によって異なります。また、スパークプラグの形状によって電極が突き出ていたり金具が突き出ていたりします。それぞれ車に合うものを選ばないとエンジン内のパーツに干渉してしまい、故障に繋がります。選び方としては電球と同じです。適合表とプラグの品番を照らし合わせて選びましょう。

こんな時におすすめのスパークプラグ

色々なスパークプラグを紹介してきましたが、どの種類にすればいいのでしょうか。実は、このスパークプラグを賢く選んで加速や低燃費を手に入れ、あなたが長年困っていたエンジン特性を改善する方法があるのです。

とりあえず純正プラグ

とはいえ、メーカーの純正プラグというものはその車に合うように付けられているものです。純正プラグによって故障してしまうということはまずないので、「やっぱり何を選んだらいいかわからない!」「新しいプラグで故障してしまうのが不安」という方は無難に純正プラグを選びましょう。

季節に応じて熱価を変える

スパークプラグには「熱価」というのがあります。熱価というのはプラグの放熱量です。熱価が高い、つまり放熱量が大きいとプラグはよく冷えるので「冷え型」と呼ばれ、反対に熱価が低いとプラグが熱くなって「焼け型」と呼ばれます。「冷え型」はプラグの温度が低いので不完全燃焼を起こしやすく、カーボンが堆積しやすくなります。しかし、夏場の高温時には熱ダレやオーバーヒートを起こしにくいなどのメリットがあります。エンジン温度が高くなる「高回転型のエンジン」にも使用されています。「焼け型」は電極の温度が上がって異常燃焼を起こしやすく、プラグの「焼けすぎ」を引き起こしてしまいます。しかし、冬場のエンジン始動性に優れるため冬はどうしてもエンジンがかからないという車や雪国の車は冬場だけ熱価を変えることもあります。愛車にぴったりの熱価を選べば燃焼効率の向上に繋がるので、結果的に加速と低燃費が手に入るということです。

ちょっと贅沢するならイリジウムプラグ

先ほども紹介しましたが、一般的なプラグよりも高価なイリジウムプラグは性能も高いものになっています。さらに、長寿命タイプのイリジウムプラグも高いなりに長持ちします。電球で言えばLEDのようなものです。エンジン性能に直接関わるものなので、できるだけいいものを使ってあげてください。長い目で見れば、燃費がよくなってガソリン代が浮きます。交換時期も考慮すればそのうち元が取れる計算になるので、買って損はないと思いますよ。

車のことでお悩みの場合はAncar実店舗にご相談ください


Ancarではお客様のカーライフをサポートするために神奈川県川崎市で実店舗を運営しています。車のことでお困りの際はお気軽にご相談ください。 お問い合わせは電話、またはFacebookメッセンジャーよりご連絡ください。

アクセス

〒210-0821 神奈川県川崎市川崎区殿町1-10-12
Tel:03-6369-8584