【ポルシェ カイエン】主な故障と費用まとめ

ポルシェ・カイエンは、ポルシェ初のSUV5ドア車として登場しました。初期モデルのカイエンは比較的お手頃な価格帯になってきています。しかし、故障もそれなりに発生するので、中古車で購入する際はある程度の修理費用も見越しておく必要があります。今回は、カイエンの故障についてまとめてみました。

ポルシェ カイエンとは

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%B3

カイエンは土台となる車体はトゥアレグと同じですが、エンジンや足回りをはじめ、車体の剛性や外装などは異なります。クラスの違いから内装でも格の違いが現れており、十分な走破性を確保しています。即ち、ポルシェらしい運転性能と走行性能、そして外観を有しているわけです。2002年の9月に発売されたカイエンSは、928以来のV型8気筒を搭載しています。これはカイエンのために開発されており、100キロまで7.2秒です。同じ月にはカイエン・ターボが発売されており、Sに積まれているV8エンジンがターボチャージャー化されています。2014年には4年ぶりにマイナーチェンジされており、エンジンや内外装に手が加わっています。100キロ走行あたりの燃費は、先代モデルよりも向上しており、3.6リーターのV6エンジンを搭載しているわけです。同年の7月にはカイエンSにハイブリッドタイプが登場し、3リッターV6スーパーチャージドエンジンを搭載しました。最高出力は先代の47psから95psにパワーアップしており、総合出力では416psを実現しています。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら