小さい子供の居るお父さんにオススメ5選

大家族や長距離旅行ならトヨタ アルファード!

もし、お子様の人数が多かったり、時には両親まで含めて本気で3列シートをフルに使う…あるいは実家が遠いなど、シーズンによっては長距離の旅を求められるなら、オススメしたいのは断然トヨタ アルファード。 国内大型1BOXタイプミニバンでは圧倒的なシェアを兄弟車ヴェルファイアと競う売れ筋で、特に現行モデルでは低床設計により室内高さを維持しつつ車高や重心を下げ、走行性能や乗り心地が向上しているのでドライバーや同乗者のストレスも低減! ハイブリッドモデルはリアにもモーターを仕込んだ電気式4WDですから、雪国にお住まい、あるいは出かける場合での安全性も確保されています。 リアサスペンションをダブルウィッシュボーンに換装した現行モデルが乗り心地の面では最高ですが、先代以前のモデルでも中古でかなり価格がこなれてきているので、コストパフォーマンスで選んでもそう不満が出ることは無いでしょう。 若々しい雰囲気が欲しい場合には兄弟車のヴェルファイアを選んでも良いですし、売れ筋モデルで選択肢が多いのも魅力ですね!

歴代モデル中古車相場:7~768万円

中型ミニバンの傑作、日産 セレナ

トヨタのノア系3兄弟(ノア / ヴォクシー / エスクァイア)の合計には劣るものの、単独では中型ミニバン最高の売れ筋モデルと言えるのが日産 セレナです。 近年のモデルではハイブリッドの追加や、オプションで自動車専用道路(高速道路含む)限定ながら、車線維持や前方者との車間距離維持など、ドライバーの運転をかなりサポートしてくれる「オートパイロット」も搭載されています。 以前より経済性やドライバーの疲労低減の面でだいぶ進化していますから、普段の仕事で疲れつつお子さんを連れて家族サービスも欠かせないお父さんには、非常にオススメしたい1台ではないでしょうか。 もちろん、そうした魅力的モデルの増加による買い替えが進むことで、比較的高年式・低走行距離の程度良好な中古車が出回りやすいのもセレナのメリット。 ノートe-powerで有名になったシリーズ式ハイブリッドモデル第2弾はセレナとも言われており、そこで新車のセレナe-power?に買い換えるか、その買い替え需要で発生した程度良好中古車狙いも見逃せません!

歴代モデル中古車相場:1~378万円

「わくわくゲート」を持つ最新のステップワゴンはまさにお子様向け!

中型ミニバンでもう1台注目したいのがホンダ ステップワゴンで、現行モデルはハイブリッド車の設定が無いばかりに人気は今ひとつなものの、変わり種テールゲート「わくわくゲート」はそれを補って余りある魅力が! 左右2分割の「わくわくゲート」は小さく開けるサブドアから荷物や人の乗り降りができますから、場所によっては小さなお子様を安全に乗り降りさせるには最高! もちろん大きな荷物を出し入れしたい時には普通の上開きゲートとしても機能しますので、1BOXミニバンとしての使い方をキチンと持ちつつ、家族連れの使い勝手をいい方向に伸ばしてくれています。 ハイブリッドの代わりに搭載された1.5リッターVTECターボも、パワー志向というより2.4リッタークラスのエンジンパワーを小さなエンジンで発揮する優れもの。 日頃の燃費でハイブリッドを選ぶか?車両価格が安いメリットを選ぶか?お父さんのプレゼン次第ではステップワゴンにも分があると思いますよ! もちろんそれ以前のモデルもスペース効率に優れた5ナンバーサイズ1BOXミニバンとしてオススメできます。

歴代モデル中古車相場:1~358.8万円

アウトドアに出かけるなら!2列?3列?SUVの日産 エクストレイル

最近になって各メーカーから「3列シートのSUV」が登場するようになり、場合によっては既存のミニバンも少し食ってしまうかもという勢いが予想されますが、2017年5月現在の現行モデルオススメならば日産 エクストレイル。 元は若者向け2列シートの軽快なSUVだったんですが、現行で3列シート仕様も登場していたんですね。 テントから何からフル装備で持ち込みつつ3列シートもフルに使いたいならランドクルーザー系など大柄なSUVが必要になりますが、2列シート+3列目は1名乗車などと柔軟に対応できる程度のアウトドアなら、エクストレイルは強い味方になるでしょう。 本格オフローダー以外のSUVではもっともオフロード志向に近く、シートや荷室の防水処理も施されたエクストレイルは、お子様連れのアウトドアにも最適ですよ! 先代モデルならばクリーンディーゼル仕様もありますから、燃料代が安いのもメリットです。

歴代モデル中古車相場:9.8~392万円

お子さんにロータリーエンジンの思い出はいかが?マツダ RX-8

小さなお子様連れのお父さんだからといって、ミニバンやSUVばかりが正解とは限りません。 もしかしたらこれから2度と味わえないかもしれないロータリーエンジン、その思い出をお子さんに残してみたいマツダ党やスポーツカー好きならRX-8はいかがでしょう? 見かけは一見2ドアピュアスポーツクーペながら、実は4ドア4名乗りスポーツクーペ。 リアシートスペースはミニマムですが、小さなお子さんや小柄な女性なら乗れますし、後部ドアは前ドアが開かないと開閉できない観音開きですから、万が一お子さんがドアを開けてしまおうとしても、前部ドアが閉まっていれば大丈夫! もちろんNA(自然吸気)とはいえ220~250馬力級の13Bロータリーですから、走りの性能も十分、ロータリーのモーターのような軽快な吹け上がりも味わえます。 お子さんが成長した時、「子供の頃にロータリーエンジンに乗ったことある!」と言えるような思い出づくり、RX-8でいかがですか?

歴代モデル中古車相場:10.4~398万円

Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら