アウトドア男子におすすめなカッコイイ輸入車・外車SUV4選

ニューミニの派生車は意外と本格派?ミニ・クロスオーバー

かつての旧ミニでアウトドアイメージ…というよりビーチバギー的だったミニ・モークという車がありましたが、BMW時代のニューミニではSUVブームにも乗ったモデルが設定されました。 それが海外名ミニ・カントリーマン、日本では商標の関係でミニ・クロスオーバーとして販売されているSUV版ミニで、初代は専用プラットフォームに最低地上高を上げ、ラリー競技でも活躍するなど「オフロードのミニ」のイメージを定着させました。 元々の旧ミニもモンテカルロ・ラリーで当時の王者ポルシェ911に勝つなど軽量さとFF(フロントエンジン・前輪駆動)を生かした悪路走行性能が光っていましたが、ニューミニでは本格SUVを作ったわけですね。 2代目ではBMW X1と同じプラットフォームを使うようになり、全体的にミニの雰囲気を残しつつSUVとしてたくましいイメージを持ったスタイルとなり、よりアウトドアシーンが似合う車になりました。 【歴代モデル中古車:97.8~648.8万円】

元祖ジープの血を引く、ジープ・ラングラー

「ジープ」と言えば日本では三菱 ジープが有名どころですが、元はアメリカのウイリス社が作っていたもの。 それを製造権と商標が流れ流れて現在はFCA(フィアット・クライスラー)が所有しており、かつての元祖ジープ直系でモデルチェンジを繰り返した現代版ジープ、ラングラーを販売しています。 ジープブランドでは他にもチェロキーやコンパス、パトリオットなどSUVが多数ありますが、舗装路メインのクロスオーバーSUVも多く、本格オフローダーとしてアウトドアで映えるのはやはりジープ直系のラングラー。 キャンプなどアウトドアシーンだけではなく、サーファーなどサマースポーツ、スノーボーダーなどウィンタースポーツでも大活躍です。 【歴代モデル中古車:38~798万円】

高級SUVとして贅沢の極みは軍用車両出身、メルセデス・ベンツ Gクラス


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら