M2に乗る前に、あえて原点の完成形であるE46型M3を味わってみませんか?という提案

いつしか大きく、重くなっていたM3

BMWの3シリーズというクルマはバブル景気の頃であれば「六本木カローラ」とまで言われてそれほど車格が高かったわけではない、BMWの中でもエントリーモデル的な扱いでした。

そのクーペ版をBMW M(旧BMW Mスポーツ)でチューンしたハイパフォーマンスモデルのM3も今の目で見ればコンパクトなボディにハイパワーエンジンを搭載し、直線での圧倒的な加速力と、優れたコーナリング性能を武器としたコンパクトスポーツのようなポジションだったのです。

それが2004年に1シリーズが発表された事に伴ってエントリーモデルとしての座を譲った3シリーズは大型化し、それに伴いM3も4代目E90系では大型セダン、クーペ、カブリオレで構成されるラグジュアリースポーツへとキャラクターを変更。

さらに5代目のF80では3シリーズのクーペが4シリーズに分離した事に伴い、M3クーペもM4となり、M3は大型ラグジュアリースポーツセダンとなって今に至っています。

かつてのM3に憧れていた世代にとってみれば、M3は元よりM4もパワーに物を言わせた過激感は認めるものの、「本来のM3とはちょっと違う」と思い始めていました。

「かつてのM3」の再来、M2登場

ハッチバックとクーペでスタートしたエントリーモデルの1シリーズは好評でしたが、2013年にはクーペとカブリオレが2シリーズとして分離します。

エントリースポーツクーペの2シリーズのサイズは「かつての3シリーズ」と似通っていた事から、否が応でもハイパフォーマンス版、M2の追加設定が期待されます。

そして2015年にはそれが現実のものとなり、試乗した者は一様に「そう、この感覚はあの頃のM3と一緒だ!」と歓喜したのです。

初代1シリーズクーペのMモデル、1シリーズMクーペは結局日本への正式導入が見送られたので、日本市場においては長らくBMWのコンパクトハイパフォーマンスモデル不在の状態が続いていましたが、2016年のM2日本導入も決まり、待望の「かつてのM3」に匹敵するモデルが日本に帰ってくる事になったのです。

 

最後の「かつてのM3」E46とはどんなクルマだったか

それでは「かつてのM3」とはどんなクルマだったのでしょうか。

大幅にサイズアップする前の最後のM3、すなわち旧世代M3の最終発展系と言うべきE46型は1999年にドイツ本国のフランクフルトモーターショーで発表後、2001年に日本で発売開始しました。

特筆すべき点は2点あり、前作の2代目E36で故障が頻発した6速セミオートマトランスミッション「SMG」をリファインした「SMGII」を搭載してきた事。

E36M3のSMGでギクシャク感を感じていたオーナーがE46M3のSMGIIに試乗した途端に「まるで別物」と大絶賛したというエピソードが当時のインターネット上の記録に残っている事からも、デュアルクラッチ式の7速DCTに切り替わる前のセミATとしては決定版と言って良いでしょう。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら