中型高級乗用車【トヨタチェイサー】特徴や中古車価格まで紹介

トヨタチェーサーはマークⅡの姉妹車でスポーツセダン車です。もともとは俊足サルーンという位置付けでしたが、ターボエンジンの搭載やキャラクターの明確化などにより、ジワジワとユーザーを増やしていくのです。今回はそんなチェイサーの歴史を探っていきます


トヨタチェイサー

中型高級スポーツセダン「トヨタ・チェイサー」はどんな車?

チェイサーは、トヨタ自動車が1977年から2001年まで生産していた中型高級セダンの乗用車で、同社のマークIIやクレスタの姉妹車にあたります。

車のイメージとして、マークIIとクレスタがラグジュアリーなイメージであるのに対し、チェイサーはスポーティーなイメージを持つ車種でした。

ボディやエンジンは、基本的にマークIIやクレスタと同様のものを採用しています。

ボディサイズは全長45304750mm×全幅16701755mm×全高13751415mm、新車当初価格は200350万円でした。ボディサイズや価格はモデルによって異なります。

チェイサーはトヨタオート店(現ネッツ店)で販売されていました。

チェイサーは3兄弟の中で最もスポーティーなキャラクター

トヨタ・チェイサーの特徴として挙げられるのは、マークII、クレスタ、チェイサーの中で最もスポーティーなイメージを持つ車種であることです。

特に最終型の6代目(X100)チェイサーでは、オーバーハングが前後短縮され、丸型4灯ヘッドランプの鋭い顔つきのデザインを採用するなど、スポーティーなイメージを全面的に強調した車でした。

さりげない高級感とスポーティーさを組み合わせた、品格のあるスポーツセダンです。

直列6気筒2500ccターボエンジンを搭載

トヨタ・チェイサーには、「ツアラーV」という直列6気筒2500ccターボエンジンを搭載したハイパワーモデルがラインナップされていました。

この「ツアラーv」というグレードは、5代目(X90)モデルから採用されたエンジンで、最高出力:280ps(206kW)/6200rpm、最大トルク38.5kgm(378Nm)/2400rpmものパワーを発揮するエンジンです。

圧倒的な速さを求めるユーザーに人気なグレードで、年配者だけでなく若者にも人気のあったグレードでした。このエンジンはマークIIとクレスタにもラインナップされていました。

チェイサーの歴代モデル

トヨタ・チェイサーは1977年~2001年までの24年間、製造販売されたトヨタの代表的な中型セダンです。その歴史は長く、歴代モデルの多くが名車とされています。

初代(X30/401977-1980年)1977年にデビューします。2ドア仕様も存在しました。

2代目(X601980-1984年)2ドア仕様のグレードが廃止され、全車4ドアのセダンとなります。

3代目(X701984-1988年)フェンダーミラーからドアミラーが主流になります。

4代目(X801988-1992年)5ナンバーのグレードが存在する最後のモデルです。

5代目(X901992-1996年)全車3ナンバーとなります。スポーツモデルがGT」から「ツアラー」に変更されます。

6代目(X1001996-2001年)最終型のチェイサーです。この6代目で24年の歴史に幕を閉じます。

歴代モデルの中古車価格

トヨタ・チェイサーの歴代別中古車価格を紹介します。全体の中古価格相場は、10329万円です。

初代(X30/401977-1980年)約150万円

2代目(X601980-1984年)不明

3代目(X701984-1988年)約22140万円

4代目(X801988-1992年)約26128万円

5代目(X901992-1996年)約26110万円


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら