ご存知でしたか?「損害保険協会発表」自動車盗難事故が多い地域ワーストランキング3選

自動車盗難多い県

皆様、盗難が起きやすい地域についてご存知でしょうか。

日本損害保険協会の盗難事故について調査結果では、大阪府・千葉県・茨城県の車の盗難件数が多いと発表されました。

今回は、盗難が発生件数が多い県について、理由や特徴を損害保険募集人の筆者が徹底紹介します。

自動車盗難多い県特徴とは

自動車が盗難される県の特徴としては、元々の地域性もありますが、車に鍵をつけたままや財布や鞄などを車の中にに置きっぱなしなど、車上荒らし目的の犯行動機につながる場合もあります。

また、カーセキュリテイー対策など行われていないケースも多く、日頃からの防犯意識を強くすることでリスクは回避することが重要です。それでは、自動車盗難が起きやすい県、ワーストランキング3選について特徴・理由などについて紹介します。

自動車盗難多い県ワーストランキング3選

自動車盗難多い県

自動車損害盗難事故実態調査結果、2020年11月調査結果に基づいて、盗難事故件数の多い県の理由や特徴を紹介します。下記に調査方法について、公式ホームページの内容を掲載します。

【調査の概要】

調 査 期 間 :2020年11月1日~11月30日

※毎年11月の1ヵ月間が調査期間(2019年度のみ2月の1ヵ月間を調査対象とした)

調査対象会社数 :18社(損保協会非会員会社を含む)

調査対象事案 :

一般社団法人 日本損害保険協会

全国で発生した自動車本体盗難事故および車上ねらい(部品盗難含む)事故で、

調査期間内に車両保険金の支払いを行った事案

車両本体の盗難の調査総数は158件、車上ねらいの調査総数は121件

あいおいニッセイ同和損保、アクサダイレクト、イーデザイン損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、

セコム損保、セゾン自動車火災、ソニー損保、損保ジャパン、大同火災、東京海上日動、日新火災、

三井住友海上、三井ダイレクト損保、楽天損保、チャブ保険、チューリッヒ

引用:自動車盗難対策|日本損害保険協会 (sonpo.or.jp)

1位:大阪府

大阪

犯罪が起こりやすい地域として、あいりん地区と大阪中央区があります。

あいりん地区は、日本一のスラムと呼ばれ、日雇い労働者が集まり、ドヤ街として巨大化、行政が労働市場を提供していますが、貧困層をサポートするセーフティネットが民間の支援事業者に任せていることもあり、多様化・複雑化して統制が難しい状況になっています。

セーフティネットが充実しているように見える為、貧困層が集まる結果になり、貧困の地域集中化が加速した為、犯罪発生が多い地域です。

大阪中央区は、大阪24区の中で、路上強盗1位・傷害1位・住居侵入1位・器物破損1位、そして暴行・万引き・公然わいせつ罪が2位という治安の悪さが目立つ地域です。道頓堀や心斎橋筋商店街など食い倒れの街があり、居酒屋・娯楽施設・キャバクラ・風俗が溢れる大人の街です。

また、大阪ミナミと呼ばれる場所もココにあります。大阪の中心地として賑わっている反面、犯罪の起きやすい場所です。

犯罪傾向としては、車の盗難は東京の倍以上、犯罪傾向は自動車関連の盗難発生率が高い状況です。

2位:千葉県

千葉

千葉県はディズニーランドなどの観光地があり、埋め立て地の浦安・新木場、新興住宅地として千葉ニュータウン中央などの北総線エリア、比較的に犯罪発生も少なく、住みやすい街が多いです。

しかし、都心から近い為か、暴走族のたまり場的な印象があってガラが悪いと言われています。

千葉県の刑法犯認知件数は平成14年にピークでしたが、平成30年まで16年連続で減少しており、徐々に治安の良い安全な地域に変わりつつあります。

犯罪傾向としては、東京の影響を受けやすく、車上狙いや車のパーツ窃盗・車両盗難が多い状況です。

3位:茨城県

茨城

茨城県は、東京を中心とした首都圏からは離れているようで近い為、人口の流入も多く、近年、特に治安が悪くなっています。

人がいない場所が多く、警察が管理できないほど犯罪者が多い状況です。

そして、住民がしっかり鍵をかけないで、外出する習慣が残っている為、車上狙い・空き巣について、泥棒が犯行しやすい環境が整っています。

犯罪傾向としては、鍵をかけない車も多く盗難被害に繋がり、窃盗集団など盗難多発していることで、治安が悪くなっています。

犯罪に巻き込められない為に、人が多くいる場所を選び、人が少ない地域などでは、夜道など十分注意することをおすすめします。

まとめ

自分の愛車を守る為には、鍵つけたままやエンジンをかけたまま場所を離れることを行わないことです。

そして、実際盗まれれた場合に防犯対策を徹底し、カーセキュリティーを万全に整えておく必要があります。一度盗まれたら2度と愛車は戻らないと考え、絶対に盗難されることを阻止しましょう。

また、自治体など地域で話し合いを行い、盗難の発生時間帯が、夜の発生率が多いので、警備巡回や警察への相談なども積極的に行うことをおすすめします。

盗難手口や防止対策などの詳細を知りたい人は下記の記事を読んで頂ければ幸いです。

トヨタ車の盗難が爆増?様々なクルマの盗難手口やその防止対策。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

自動車盗難多い県