2年に一度は必ずくる車検…安く抑えるにはどうすればいい?|ベテラン整備士が教えます!

自動車を所有するうえで一番掛かる費用とは?と聞かれれば勿論車検でしょう。 価格は車体によりまちまちですが一般的に10万円~20万円前後で推移致します。 なぜこれだけの値段に開きがあるのでしょうか? 最も安く済ませる方法はないのでしょうか?

ディーラー車検の値段が高いのはナゼ?

自動車業界で従事する整備士には整備協会で定められた作業時間に対する報酬が定められています。 これを基に工賃が決定するのですが、元々ディーラーはこの値段の単価を高めに設定してあるのでそれが故に料金が高くなる部分があります。 また、車検と言えばセット料金になっており、つまりこみこみの金額が制定される場合が多いです。 従ってこのセット料金=車検を通しただけで何も交換部品が発生しなかった場合、価格が一番安い状態と言えるのです。 しかし、普段からメンテナンスを行っていない車両は高い確率で交換整備が必要になる箇所が1、2か所は必ず発生します。つまり、工賃が高い上に追加整備でパーツ交換などすると、高い工賃+パーツ費用の重なりで高くなるわけです。 この基本工賃が安い工場を見つける事が出来れば追加整備が発生した場合でも価格を抑える事ができ且つ元々の車検代金自体も安いのでトータルでディーラーに比べれば料金が安くなるという仕組みです。

どうしても費用を抑えたいなら、ユーザー車検が一番安い

ユーザー車検はご存知でしょうか? これは文字通り、自分自身で車検を通すという方法です。 メリットも大きい反面デメリットも大きいと言う所が特徴として挙げられます。 メリットは前述でお伝えした通り料金が安くなります。 ただ、メリットという面ではこれのみです。 デメリットとしては運輸支局での持ち込み検査となり、時間の拘束、そもそも自動車の知識が無ければ通すことが難しく一般の方には難易度が高いという所が挙げられます。時間の拘束に関していいますと、慣れない方だと、通すためにやらなくてはならないこともありますし、丸1日費やす必要があると考えていただいた方がいいかもしれません。また、2年に1度プロに見てもらうという行為を避けるため、安全面の部分に少しの不安を抱えることになるのではないかと思います。

では、どのようにするのが結局はいいのか?

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら