僧衣着用による違反切符で話題|自動車運転の服装はどこまでOK?

2018年9月、福井県内で僧侶が僧衣着用で運転していたところ、警察官に運転に不適切な服装であることを理由に違反切符を切られ波紋を呼んでいます。
「僧衣は運転に支障をきたさない」と、全国の僧侶が縄跳びなどの一芸を動画配信し、『#僧衣でできるもん』が話題になっていますね。

靴については何となく規則があると聞いたことがあるとおもいますが、そもそも服装にも規則があったのでしょうか?また服装の規定はどこまでOKなのでしょうか?

道路交通法の規定は?

では、まずは運転に関する法律を定めた道路交通法の規定について見てみましょう。
道路交通法には以下の通り書かれています。

道路交通法
運転者の遵守事項
第七十一条 六

前各号に掲げるもののほか、道路又は交通の状況により、公安委員会が道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要と認めて定めた事項

簡単に言うと、一から五までに規定されている事項以外に、各都道府県の公安委員会が状況に合わせて規定したローカルルールも対象です、と言うことです。
一から五は「泥跳ね走行禁止」「歩行の妨げ禁止」「積載物安全確保」「車間距離確保」「運転中機器操作の禁止」などが明記されていますが、これらの規定に当てはまらない場合も公安委員会が定めた事項が対象になります。

今回の僧衣取り締まりについては、そもそも服装の規定が道路交通法に明記されていませんが、福井県公安委員会が定めた事項に該当し取り締まりの対象になったということです。

福島県公安委員会が定めた服装に関する規定について

それでは福島県公安委員会が定めた服装に関する規定について見てみましょう。

福井県道路交通法施行細則

第十六条 法第七十一条第六号の規定により車両等の運転者が守らなければならない事項は、次に掲げるものとする。
三 下駄、スリツパその他運転操作に支障を及ぼすおそれのある履物または衣服を着用して車両(足踏自転車を除く。)を運転しないこと。

操作に支障を及ぼすおそれのある衣服』と明記されているものの、そもそもどの様な服装がだめなのか定義されていません。現状は警察官の主観となっていることから、僧衣は支障を及ぼさないと『#僧衣でできるもん』騒動に発展したのです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら