定期点検は車検と何が違う?実は法律で決められた義務だった | ベテラン整備士が教えます!

車の定期点検は法律上の義務

最近、各所で定期点検をきちんとやりましょうと言う警告をしている場面をよく見かけます。弊社でも、車検を受けて頂いたお客様に12ヶ月定期点検のお知らせをするなど活動をしています。

定期点検(法定点検とも呼ばれる)とは、国が定める期間ごとに自動車点検基準に則り自動車を点検することです。定期点検は法律で定められています。車を運転する人の義務ということです。ですが、定期点検を怠ったからと言って罰則があるかというと、特にありません。ただ、定期点検は「定期的に点検整備を行い、未然に事故を防ぎましょう」というとても大切なものです。

定期点検と車検は違うもの

点検と聞くと車検を思い出しますが車検は継続検査という、保安基準に沿って適合しているかに関する一定期間での検査です。安全性や外観または公害防止の基準に沿っているかなどを検査します。検査に合格すると新しい車検証と検査標章というステッカーをもらうことができ、次回車検時まで公道が走行可能になります。

ですが、車検を合格したからといって次回の車検まで安全が保障されているということではありません。車検は現時点で保安基準に適合しているか否かの検査であって、整備や故障、劣化部品の修理を目的としたものではないのです。車検は「点検ではなく検査」であり、定期点検とは大きく異なります。もちろん、定期点検を含めた車検整備を行う工場なども多々あるのでお店でしっかりと確認しましょう。

定期点検と車検ではチェック項目も違う

車検と定期点検では点検項目の数も変わってきます。点検する内容、点検する箇所が違います。

車検は安全対策、公害対策に関するものなどが保安基準に含まれていますが、定期点検は安全性や快適性など故障なく走れるかという項目があります。これらは車検整備だけでは補えない項目です。ですから、車検整備と同時に定期点検もやるよう勧められるわけです。

定期点検は実は自分で行うこともできます。ですが、分解整備など有資格者でしか分解、点検ができない個所もあるます。何かわからないことがあれば整備工場などにすぐ相談しましょう。

車検/定期点検ステッカーを貼る

点検整備を受けた後にフロントガラスに丸い形のステッカーを貼ります。これは次回の点検時期を提示するもので、ステッカーに年月が表示されています。一度確認してみましょう。点検時期については「点検のお知らせ」のような葉書や通知がくる場合もあると思います。点検時期には忘れずに定期点検に行くようにしてくださいね。ちなみに定期点検ステッカーは剥がしても罰則にはなりませんが、期限を過ぎて貼ったままにしていると違反となってしまいます。期限はステッカーの裏面に記載されています。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら