結局ライドシェアは日本で普及できるの?最大の問題点「白タク」とは

みなさんは「白タク」という言葉をご存知でしょうか?国から認可を受けていないために白いナンバープレートをつけたタクシーのことで、現在の日本では違法であり禁止されています。長い間取り締まられてきた白タクですが、減るどころか近年益々増加しています。

果たして、白タクは禁止すべきことなのでしょうか?モビリティ革命(MaaS)が進む現代は、白タクを見直すタイミングなのではないでしょうか?白タクとそれにまつわる法律・制度がMaaSの要素である「ライドシェア」の普及を妨げているとすら考えます。海外で普及している「Uber」や「Crew」が日本で普及しない原因はここにあると言っても過言ではありません。

白タクの何が問題で、今後どうしていくべきかについて考えてみます。

白タクが違法の理由

白タクとは

白タクとは、白色のナンバーをつけた個人タクシーのことです。正規のタクシーと同じように送迎サービスを提供し、お金を受け取っています。正規のタクシーは国からの認可を受けて緑色のナンバーをつけているため、それと比較して「白タク」と呼ばれるようになりました。タクシーなど運送事業を行う場合には国からの認可が必要ですが、白タクはその認可を受けていないため違法行為です。ホテルなどの送迎サービスで宿泊客から運賃をもらうことができない理由はここにあります。

白タクを禁止する法律・罰則

道路運送法第四条には「一般旅客自動車運送事業を経営しようとする者は、国土交通大臣の許可を受けなければならない。」とあり、第九十六条にはこの規定に反した者は「三年以下の懲役若しくは三百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。」とあります。

また第七十八条において「自家用自動車は、災害のため緊急を要するとき、市町村や特定非営利活動法人その他国土交通省令で定める者が公共の福祉を確保するためやむを得ない場合を除き、有償で運送してはならない」と定められています。そして第九十七条でこれに違反した者は「一年以下の懲役若しくは百五十万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。」とあります。

なお、罰則の対象となるのは運転手のみです。乗客は白タクだと認識していようがいまいが罰則はありません。

また必要な運転免許の種類ですが、通常の一種免許だけではタクシー運転手にはなれません。事業として客を乗せてお金をもらうには二種免許が必要です。

白タクの抜け道と事例

最近ではアプリによって運転手を選んで白タクを呼ぶという仕組みが主流となりました。料金もアプリ上で支払われてしまうので、白タクを支払いのタイミングで検挙して取り締まることが難しくなっています。仮に白タクだと思われる車を見つけたとしても「友達を送迎しただけだ」と言われればそれまでです。警察が検挙に至ることはありません。白タクの取り締まりは困難を極めています。

近年は外国人観光客向けの白タクが増えています。国際空港で待ち合わせ、来日した外国人を乗せるのです。外国人たちは事前に配車アプリで白タクを予約し、インターネット上で既に支払いを終えています。

白タクの問題点のひとつが「ぼったくり」です。非合法であるため、自分たちで決めた金額でサービスを行ってきました。ですが現在は各ドライバーの評価が配車アプリ上で見られるため、合法のタクシーよりは高い料金ではありますが、それでも充分なサービスが受けられるようです。

ライドシェアは違法ではないのか

では一方で、現存するライドシェアサービスは違法ではないのでしょうか。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら