自動車取得税廃止前と後、どっちがお得?

新税「環境性能割」、自動車取得税と何が違う?

2017年3月で自動車購入時の「自動車取得税」が廃止されて減税される!という面を国は強調していますが、正確には「環境性能割」という新税に入れ替わるだけです。 それでも国の試算では200億円ほど減税になるとされていますが、実際に皆さんが車を購入するにあたり、それを実感することはできるでしょうか?

◆自動車取得税と変わらない点

・登録車(普通車)と軽自動車を、新車・中古車関わらず購入時に課税されます。 ・課税されるのは購入時。 ・取得価格が50万円以下であれば、免税 ・税率の基準になる「取得価額」((課税標準基準額+オプション価額)×中古車の場合は残価率)

◆環境性能割で変わるところ

・従来の「エコカー減税」に当たる部分が簡素化される ・EV(電気自動車)やFCV(燃料電池車)、PHV(プラグインハイブリッド車)、平成32年度燃費基準値+10%達成車は非課税 ・平成32年度燃費基準値達成車は1%(営業用車両は0.5%) ・平成27年度燃費基準値+10%達成車は2%(同1%) ・それ以外は3%(軽自動車と営業用車両は2%)

自動車の新税制「環境性能割」の内容-全体では減税でも軽自動車は増税か | 自動車保険ガイド

ハイブリッド車なら重くても許される?変わりが無い車は何か?

キモになっているのはこの簡素化された部分で、それにより2017年以降お得になる車、少し高額の税金を取られる車が出てきます。 排出ガスや燃費が基準となっているのは変わりないので、もとより排ガスを出さないEVなどが非課税なのは変わりませんし、厳しい燃費基準をクリアしているクルマも同様です。 EVなど排出ガスゼロ車以外ですと「平成32年度燃費基準+20%達成車」は変わらず非課税ですが、代表的な車種は国産車ならトヨタのプリウス、アクアなどハイブリッド車全般。 それにアルファード/ヴェルファイア、エスティマ、ノア/ヴィクシー/エスクァイアなどハイブリッド設定車も達成していますが、「重ければ燃費基準が緩い」というのは批判もあり、いずれ見直されるかもしれませんね。 輸入車でも2013年10月にモデルチェンジされた現行メルセデス・ベンツ S400ハイブリッドが該当します。 また、元より「平成27年度燃費基準+5%」を達成していなかった車も、3%(軽は2%)で変わりません。 少なくとも自動車取得税に関する限り、多少古い車でも旧車でも取得税は同じというわけです。

非課税では無かったハイブリッド車がお得になる反面、軽は増税

新たに非課税になる車、あるいは税率提言される車は、いずれも「平成32年度燃費基準」をクリアしたクルマです。 +10%達成車であれば従来の0.6%(軽は0.4%)から非課税になります。 +10%で代表的なのが国産では日産 V37スカイラインハイブリッドやE12ノート、HY51フーガハイブリッドの一部で、輸入車ではBMW7シリーズハイブリッドあたりが非課税。 +0%達成車も普通車ならは1.2%から1%になり、代表例がBMW5シリーズハイブリッドです。

税率の増える車は?最新の軽が意外な増税

逆に税率が厳しくなる車ですが、ここで割を食うのが軽自動車です。 なんと平成32年度燃費基準+0%達成でも、0.8%から1%に上がってしまいます。 車重も軽く排気量も小さいのに、重量級ミニバンが非課税で軽は増税というのはいかがなものでしょうか? 平成27年度燃費基準+10%達成車ですと普通車は1.8%から2%(軽は1.2%から2%へ)。 同+5%達成車は2.4%から3%(同1.6%から2%)と、税率の上昇率は普通車でも軽でも変わらず、軽の方が割安です。

燃費基準を調べてお得に中古車を買おう

どのみち平成27年度燃費基準でしか自動車取得税の控除が無かった車種は、今回軒並み増税になりますので、中古車で購入するなら2017年3月までの購入がオススメです。 微妙なのは平成32年度燃費基準+0%達成の軽自動車で、新車でも2017年4月以降増税になってしまいます。 もっとも、そうした車種はほとんどが一部改良などで+10%達成などに引き上げられますから、大きな影響は無いでしょう。 平成27年度燃費基準以前の車も影響は無いので、比較的新しい中古車を購入する時はどちらの燃費基準化を国土交通省のHPなどでチェックして、少しでもオトクに買いましょう!

自動車:減税対象自動車一覧(平成26年3月31日以前に新車新規登録等した自動車) – 国土交通省Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら